片想い中の彼に送った残念な失敗LINE…恋が終わった内容5つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-04-18 06:00
投稿日:2021-04-18 06:00
 片想い中の彼とのLINEって、感情が舞い上がってしまって大失敗をしてしまいがち! 冷静な状態ではないから、つい不自然な内容を送ってしまうんですよね……。今回は、そんな片想い中の彼に送ってしまい、恋が終わってしまったという、残念な失敗LINEをご紹介します。

片想い中の彼に送ってしまった失敗LINE5つ

1. 長文すぎるLINEで相手の重荷に…

 同じ職場の彼に片想いをしている彼女。頭の中のイメージでは、彼の痛みを一番にわかってあげていて、「あなたは悪くない!」と味方であることをアピールするつもりだったのでしょう。体調まで気遣ってくれて嬉しい!と思ってもらえるはずが……、重い長文LINEに完全に引かれてしまったようです。

 返答を見ても、明らかに壁を作られてしまった感じがしますね。結局、この恋が叶うことはなく、彼に距離まで置かれてしまったそうです。イメージ先行タイプの女性は、こんな内容を送らないよう注意してくださいね。

2. 日記LINEで引かれる

 一見何気ないLINEの会話に見えますが、こういった日記風のLINEを連日送り続けたところ、スタンプがたまに返ってくる程度の返信になり、最終的には完全に返信がなくなってしまったそう。

 彼女、普段は恋に消極的でしたが、LINEが続かないため、勇気を出して自分から話題を振っているつもりでいたようです。脈ありかどうかを見極めながら、押し引きを上手にできると良かったのですが、片想い中は冷静な判断が難しいんですよね……。

3. 見栄を張って嘘がバレた

 こちらの女性、実は実家暮らしでお味噌汁の作り方も知らないそうです。LINEで片想い中の彼に見栄を張ってしまい、参加するBBQで料理してと頼まれてしまいました。

 でも、普段料理をしているかどうかは手つきですぐにわかるもの。レシピを暗記していったものの、結局すべて焦がして食べられない状態となってしまい、料理は捨てることに……。その後、彼との連絡回数は徐々に減り、音信不通になってしまいました。ありのままの自分を見せるのが、一番ですね!

4. わざとLINEを誤送信して裏目に出た

 これは、穴があったら入りたいような恥ずかしい失敗ですね。彼に想いを伝えるために、わざとLINEを誤送信したことがバレバレだったようです。きっと、モテる彼なのでしょう。自分を落とすために、計算高く近づいてくる女子が苦手だったのかもしれません。結局、誤送信によって振られてしまうという悲しい結末を招いてしまいました。

5. 焦らしすぎて返信がなくなった

 こちらの女性は、よくある「返信を焦らしてこちらのことを意識させる」という恋愛テクニックを使ったつもりだったそうです。でも、数日空けてからLINEを返信したところ、そのまま現在まで未読スルーとのこと……。

 文章の流れを見てみても、普通の会話で突然返信をやめれば、確かに不自然ですよね。さらに、返信が遅くなったお詫びをしないのも、相手に不快な思いをさせる可能性があります。恋に慣れていない人は、あまり駆け引きなどをせず、素直にいくほうが良いのかもしれませんね。

片想い中の失敗LINEは引きずらない! 潔く前に進もう!

 送ってしまった失敗LINEは、読まれてしまえばもうどうすることもできません。最初から冷静ではないのに、失敗LINEで焦っている状態でフォローしようとしても、さらにドツボにハマる可能性だってあります。

 時間は戻らないので、とにかく失敗を引きずらないことが大切! そして、飾らない自分で、素直に彼や新しい男性と向き合ってみてください。きっとあなたの魅力が伝わるはずです♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...