恋愛に溺れる女性の共通点…自分を大切にしつつ恋をする方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-04-18 06:00
投稿日:2021-04-18 06:00
 恋愛といっても、いろいろな形がありますよね。中には、恋愛をするたびに、食事も喉を通らなくなり、自分のすべてを後回しにして彼に尽くしてしまう女性もいます。そんな、すぐに恋愛に溺れてしまう女性には、どのような共通点があるのでしょうか? 今回は、恋愛に溺れすぎずに、自分を大切にしながら関係を保てる方法をご紹介します。

恋愛に溺れる女性の4つの共通点

恋に溺れるって響きはいいけど(写真:iStock)
恋に溺れるって響きはいいけど (写真:iStock)

 まずは、我を忘れて、いつも恋愛に溺れてしまう女性の共通点からチェックしてみましょう。

1. 周囲の意見を聞かない

 恋愛に溺れやすい女性は、周囲の忠告やアドバイスに耳を傾けないという共通点があります。確かに、我を忘れて恋愛ができるのは幸せなことかもしれません。でも、中には、その気持ちを利用しようとする男性もいるのです。

 盲目になっている時こそ、周囲の人の冷静な意見に耳を傾けてみるのも大切なことかもしれません。

2. 自分の気持ちに嘘をつく

 大抵の場合、恋愛に溺れている女性は、「このままじゃいけない」「わかってはいるけど……」と、ダメな部分に気づいています。でも、その気持ちを肯定してしまうと、別れや話し合い、喧嘩など、2人の関係に何らかの変化をもたらす行動を起こさなくてはなりません。

 それが怖いから、恋愛に溺れる女性は自分の気持ちを無視したり、嘘をついたりして、なかったことにしようとしてしまうようです。

3. 断れない

 恋愛に溺れる女性は、彼に嫌われたくないがゆえに、彼からの誘いを断れないという共通点があります。もしそれが、「お金貸してくれない?」「今日泊まっていきなよ」など、たとえ自分が嫌だと思うことであっても、受け入れてしまいます。

 しかし、自分の意見が言えなければ、彼からの指摘や要望もエスカレートするでしょう。そして、どんどん自分らしさがなくなってしまうはずです。

4. 尽くしすぎる

 恋愛に溺れる女性は、相手に対して尽くしすぎる傾向があります。でも、彼に頼まれてもいないのに勝手に世話を焼きすぎていると、うんざりされたり、うまく利用されたり、甘えられすぎて負担が増えてしまったり……など、悪循環に陥ってしまうでしょう。

溺れる恋愛は卒業! 自分を大切にしながら恋をする4つの方法

このままでいいの?(写真:iStock)
このままでいいの? (写真:iStock)

 では、恋愛に溺れやすい人は、どうしたら自分を大切にしながら恋ができるのでしょうか? 心がけたいことをまとめてみました。

1. なんでも話せる友達を作る

 まずは、なんでも話せる友達を作りましょう。彼との恋愛をやめなくても、友達を作ることはできます。恋愛に溺れやすい女性は自分を変えようとして別れを切り出しても、寂しさに耐えられずに自分からヨリを戻してしまう人も多いのです。

 そんな時に、1人で耐えられない時間や心を埋めてくれるのは、友達だったりします。辛い時だけではなく、普段から仲良くしておくことで彼と離れる時間を作ることもでき、視野も広がりますよ。

2. 新しいコミュニティに入る

 恋愛に溺れていると、自分のすべてを彼に捧げてしまうため、「彼のことをずっと考えてしまう」状態になってしまう人もいるでしょう。そんな時は、何かの新しいコミュニティに入ってみましょう。

 習い事やボランティア、スポーツや趣味など、なんでもOKです。彼のことを忘れられる時間を作ることで自分も安定していき、さらには恋愛にも良い変化が起こるかもしれません。

3. 彼ではなく自分とたくさん会話する

 恋愛に溺れている女性の軸は、自分ではなく彼にあります。何をするにも彼の顔色を伺ってしまうので、自分の意思を貫き通したり、嫌なことをはっきり断ったりすることができない状態になっているのです。

 そんな時は、もっと自分との会話を増やしてみましょう。「私は本当はどう思っている?」「このまま変わらなくて良いの?」「本当は嫌だと思っていない?」など、自分に問いかける練習をしてみましょう。そうすることでだんだんと、自分に軸を置くことができるようになるはずです。

4. スマホを置いて出かけてみる

 恋愛に溺れやすい原因のひとつに、「スマホ」があります。彼と離れていても、すべて頭がそのことに染まってしまうのは、手元にいつでも彼と連絡をとれるツールがあるから。

 たまには、スマホを家に置いて出かけてみるのもおすすめ。夢中になれる本を読んだり、映画をみたりなど、1人時間を楽しんでみましょう。こうした時間に少しずつ慣れることも、自分を大切にしながら恋をするための訓練になります。

恋愛に溺れる女性は「自分軸」を取り戻して

あなたにはあなたの人生がある(写真:iStock)
あなたにはあなたの人生がある (写真:iStock)

 恋愛に溺れている間は彼に夢中なので、幸せでいっぱいかもしれません。でも、そうして何年も過ぎ、いつか別れがやってきた時、それを乗り越える強さを養っておくことは大切ですよね。

 彼との出逢いを無駄にしないためにも、「自分に何が残るのか、彼といることで自分は成長できているのか?」を考え、ぜひ彼中心ではなく自分を大切にした「自分軸」を取り戻して、あなた自身の人生を大切にしてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ