恋愛に溺れる女性の共通点…自分を大切にしつつ恋をする方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-04-18 06:00
投稿日:2021-04-18 06:00
 恋愛といっても、いろいろな形がありますよね。中には、恋愛をするたびに、食事も喉を通らなくなり、自分のすべてを後回しにして彼に尽くしてしまう女性もいます。そんな、すぐに恋愛に溺れてしまう女性には、どのような共通点があるのでしょうか? 今回は、恋愛に溺れすぎずに、自分を大切にしながら関係を保てる方法をご紹介します。

恋愛に溺れる女性の4つの共通点

恋に溺れるって響きはいいけど(写真:iStock)
恋に溺れるって響きはいいけど (写真:iStock)

 まずは、我を忘れて、いつも恋愛に溺れてしまう女性の共通点からチェックしてみましょう。

1. 周囲の意見を聞かない

 恋愛に溺れやすい女性は、周囲の忠告やアドバイスに耳を傾けないという共通点があります。確かに、我を忘れて恋愛ができるのは幸せなことかもしれません。でも、中には、その気持ちを利用しようとする男性もいるのです。

 盲目になっている時こそ、周囲の人の冷静な意見に耳を傾けてみるのも大切なことかもしれません。

2. 自分の気持ちに嘘をつく

 大抵の場合、恋愛に溺れている女性は、「このままじゃいけない」「わかってはいるけど……」と、ダメな部分に気づいています。でも、その気持ちを肯定してしまうと、別れや話し合い、喧嘩など、2人の関係に何らかの変化をもたらす行動を起こさなくてはなりません。

 それが怖いから、恋愛に溺れる女性は自分の気持ちを無視したり、嘘をついたりして、なかったことにしようとしてしまうようです。

3. 断れない

 恋愛に溺れる女性は、彼に嫌われたくないがゆえに、彼からの誘いを断れないという共通点があります。もしそれが、「お金貸してくれない?」「今日泊まっていきなよ」など、たとえ自分が嫌だと思うことであっても、受け入れてしまいます。

 しかし、自分の意見が言えなければ、彼からの指摘や要望もエスカレートするでしょう。そして、どんどん自分らしさがなくなってしまうはずです。

4. 尽くしすぎる

 恋愛に溺れる女性は、相手に対して尽くしすぎる傾向があります。でも、彼に頼まれてもいないのに勝手に世話を焼きすぎていると、うんざりされたり、うまく利用されたり、甘えられすぎて負担が増えてしまったり……など、悪循環に陥ってしまうでしょう。

溺れる恋愛は卒業! 自分を大切にしながら恋をする4つの方法

このままでいいの?(写真:iStock)
このままでいいの? (写真:iStock)

 では、恋愛に溺れやすい人は、どうしたら自分を大切にしながら恋ができるのでしょうか? 心がけたいことをまとめてみました。

1. なんでも話せる友達を作る

 まずは、なんでも話せる友達を作りましょう。彼との恋愛をやめなくても、友達を作ることはできます。恋愛に溺れやすい女性は自分を変えようとして別れを切り出しても、寂しさに耐えられずに自分からヨリを戻してしまう人も多いのです。

 そんな時に、1人で耐えられない時間や心を埋めてくれるのは、友達だったりします。辛い時だけではなく、普段から仲良くしておくことで彼と離れる時間を作ることもでき、視野も広がりますよ。

2. 新しいコミュニティに入る

 恋愛に溺れていると、自分のすべてを彼に捧げてしまうため、「彼のことをずっと考えてしまう」状態になってしまう人もいるでしょう。そんな時は、何かの新しいコミュニティに入ってみましょう。

 習い事やボランティア、スポーツや趣味など、なんでもOKです。彼のことを忘れられる時間を作ることで自分も安定していき、さらには恋愛にも良い変化が起こるかもしれません。

3. 彼ではなく自分とたくさん会話する

 恋愛に溺れている女性の軸は、自分ではなく彼にあります。何をするにも彼の顔色を伺ってしまうので、自分の意思を貫き通したり、嫌なことをはっきり断ったりすることができない状態になっているのです。

 そんな時は、もっと自分との会話を増やしてみましょう。「私は本当はどう思っている?」「このまま変わらなくて良いの?」「本当は嫌だと思っていない?」など、自分に問いかける練習をしてみましょう。そうすることでだんだんと、自分に軸を置くことができるようになるはずです。

4. スマホを置いて出かけてみる

 恋愛に溺れやすい原因のひとつに、「スマホ」があります。彼と離れていても、すべて頭がそのことに染まってしまうのは、手元にいつでも彼と連絡をとれるツールがあるから。

 たまには、スマホを家に置いて出かけてみるのもおすすめ。夢中になれる本を読んだり、映画をみたりなど、1人時間を楽しんでみましょう。こうした時間に少しずつ慣れることも、自分を大切にしながら恋をするための訓練になります。

恋愛に溺れる女性は「自分軸」を取り戻して

あなたにはあなたの人生がある(写真:iStock)
あなたにはあなたの人生がある (写真:iStock)

 恋愛に溺れている間は彼に夢中なので、幸せでいっぱいかもしれません。でも、そうして何年も過ぎ、いつか別れがやってきた時、それを乗り越える強さを養っておくことは大切ですよね。

 彼との出逢いを無駄にしないためにも、「自分に何が残るのか、彼といることで自分は成長できているのか?」を考え、ぜひ彼中心ではなく自分を大切にした「自分軸」を取り戻して、あなた自身の人生を大切にしてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ