コロナ禍のLINE恋愛術5選♡彼との距離をぐっと縮めよう

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-05-02 06:00
投稿日:2021-05-02 06:00
 長引くコロナ禍によって、人と会う機会が大幅に減ってしまった昨今。その影響は、これから彼氏を作ろうと思っていた女性たちにも、暗い影を落としているようです。そんな中、注目されているのがコロナ禍の「LINE恋愛術」! コロナ禍の今だからこそ送れるメッセージで、彼との距離を縮めるきっかけを作ってみましょう!

彼との距離がぐっと縮まる♡ コロナ禍でのLINE恋愛術5選

1. 最近どうしてる?

 コロナが流行している今、気になる男性ともなかなか会えない日々が続いているという人も多いですよね。でも、こんな時だからこそ、今まで送りづらかった「最近どうしてる?」という近況を尋ねるLINEが、送りやすくなっています。

 コロナを理由にお互いの近況を報告しながら、なんでも良いのでひとつ共通の趣味などを見つけられるとベストですね。次回からは、共通の話題に関するLINEを送るなど、今後の付き合いを深めるきっかけを作ることができますよ♡

2. コロナが落ち着いたらここに行かない?

 友達同士でよく交わされるようになった「コロナが落ち着いたら◯◯しよう」という約束の会話。これをぜひ、気になる男性ともしてみてください。まずは、近況報告という名目でLINEを送り、さりげなく「一緒に行きたかった場所があるんだけど、コロナが終わったら行かない?」とライトに誘ってみましょう。

 ポイントは、あなたが行きたい場所と言いながらも、きちんと相手が興味のありそうな場所を選ぶこと。「実は前から興味があったんだけど、◯◯くん、ああいう場所好きかな?」なんて伝えれば、自然にデートに誘うことができますよ。

3. ちょっと相談したくて

 コロナで、多くの人が将来に対する不安や金銭的な問題に直面していますよね。そんなもやもやした気持ちや悩みごとを、思い切って気になる彼に相談してみましょう。LINEでの相談よりも「よかったら電話してもいい?」と伝えれば、より深刻さも伝わり、OKの返事をもらいやすくなります。

 ポイントは、重すぎる悩みは相談しないこと。電話ではある程度明るい声で会話し、電話の最後には「聞いてもらってスッキリした!」という前向きな言葉で終わるようにしましょう。そうすれば、後日どうなったかの報告LINEや、「コロナが落ち着いたらお礼をしたい!」といった内容で、再度LINEを送るきっかけにもなりますね。

4. よかったらリモート飲みしない?

 ある程度、関係性ができている相手なら、思い切ってリモート飲みに誘ってみましょう! 人と会える時期なら誘いづらいですが、コロナ禍の今だからこそ、誘いやすいはずです。

 また、照明を暗めにして魅力的に映るようにする、さりげなく可愛い部屋着を見せる、自炊したおつまみで料理上手をアピールするなど、メリットもたくさんあります。楽しく会話できれば、「また来月も! 」などと次につなげることができますね。

5. 全然会ってないから声が聞きたくなって

 恋愛上級者の人や、今すぐにでもこちらの想いに気づいてほしい人は、思い切って「声が聞きたくて」と伝えてみましょう。コロナであまり人と話していないから声が聞きたいとも受け取れますが、男性に対して伝えていることで、少なからずこちらの好意は察してもらえるはずですよ♡

 ポイントは、最初のメッセージで「声が聞きたい」とは入れないこと。いくつか会話を交わしてから、自然な流れで明るく軽いノリで「声が聞きたいな」と伝えましょう。

コロナ禍での恋愛はLINEをフル活用して♡

 コロナの流行で、日本中、世界中の人が将来に不安を感じています。でも、どんな困難があっても前向きでいることが大切! こんな時だからこそ人恋しくなったり、支え合える彼氏が欲しくなったりするのは当たり前ですよね。

 ぜひ、LINE恋愛術を活用して、コロナ禍でもあなたの恋を成就してくださいね!

ラブ 新着一覧


男性に“彼女にしたくない”と思われる女性の特徴5つ&NG行動
 好きな人ができたら、その人の彼女になりたいと思うのは当然ですよね。でも、あなたが片思いをしている場合には、付き合うかど...
恋バナ調査隊 2021-05-16 06:23 ラブ
結婚相手を見極める!郵便ポストが溜まっている男にはご用心
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚に反対する親も少なくなりました。ずいぶんと時代は変化しましたが、できれば...
山崎世美子 2021-05-15 06:00 ラブ
彼はどう? 亭主関白彼氏のタイプ別特徴&上手な付き合い方
 亭主関白タイプの男性は、「男らしくてかっこいい」という意見がある反面、「自己中心的過ぎて腹が立つ!」と感じる人もいます...
恋バナ調査隊 2021-05-15 06:00 ラブ
私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ