自己肯定感低め女子必見! 本命以外と疑似恋愛を楽しむテク

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2021-04-16 06:00
投稿日:2021-04-16 06:00
 男性からちやほやされたり甘やかされたりすると、どこか心が満たされる時がありますよね。本命の恋愛がなかなかうまくいかない時、思わずワンナイトがしたくなってしまう時……。心の均衡を保つために、とにかく男性にモテるように仕向け、「肯定感」のロキソニン処方をする女性もいます。

「自己肯定感を満たすために、本命以外の男性と疑似恋愛」することができたら……本命との恋愛で、肯定感を満たすための重たい発言もなくなるかも。とにかくモテたい、男性に甘やかされたいだけな女性必見の「寸止めテク」とは……?

発言はとにかく「都合のいい女」を意識

社交辞令な会話と適度な「スキ」を(写真:iStock)
社交辞令な会話と適度な「スキ」を (写真:iStock)

 ちやほや甘やかされることを目的にしている女子は、自分を安売りしません。しかし、自分にとって不利益にならないことならどんどんやってあげるのが、男性に甘やかしてもらうコツのようです。

 また、男性は「寸止め」に弱いもの。手に入りそうなものが手に入らないことにやきもきするので、どこかお手軽に見えるような「スキ」を演出する必要があります。

 モテる女はまず、発言で相手をたぶらかすのです。LINEやデート中の会話では、相手に意見を合わせて発言し、最後は男性を立ててあげる……ホステス的な社交辞令の会話テクがあれば、男性をその気にさせることなんて簡単なのです。

TPOに合わせた「モテ服」をチョイス

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 実際のデート中も、服装で女性らしさとスキを匂わせます。外デートなら、スニーカーコーデにショートパンツやミニスカートで肌露出を意識したり、ディナーデートなら、ボディラインの見えるニットワンピースや胸元が広く開いたカットソーなどをチョイス。

「男性から見て、脱がせやすそうな服」を選ぶと、男性は勝手にデートの先を妄想してしまいます。谷間などをガッツリ見せすぎると下品に見えてしまうので、あくまで「清楚感」を保つのも、男性を手のひらで転がすテクの一つ。「狙ってるのか、狙ってないのか……」と男性に悩ませるのも、“恋の吊り橋効果”を加速させます。

早めに帰宅してアフターフォロー

LINEで次回を匂わせて(写真:iStock)
LINEで次回を匂わせて (写真:iStock)

 会話と服装でしっかり「お持ち帰り可能」感を匂わせたあとは、早めに帰宅するのが「ちやほや女子」の絶妙テクニックです。会話や服装で相手の気持ちを盛り上げるだけ盛り上げたのに、夜はさらりと帰宅……。女慣れしている男性でも「何かミスった!?」と考えてしまうはず。

 手に届きそうだった女子に、あと一歩のところで逃げられてしまった……傷ついてしまった男性に、最後にLINEでアフターフォロー。次があることを匂わせれば、男性にとって「手に入りそうで、なかなか手に入らない」女性のできあがり。追われる恋愛を楽しむことができるでしょう。

リスクを背負わず、肯定感を上げる

自己肯定感をあげるためと割り切るのも手(写真:iStock)
自己肯定感をあげるためと割り切るのも手 (写真:iStock)

 寂しがりやで恋愛依存体質な女性は、本命に対して重たい行動を取ってしまったり、さみしさをこじらせた挙げ句、ワンナイトラブをしてしまうこともあるでしょう。しかし、これらの行動はリスクもつきもの。本命に嫌われたり、喪失感を感じてしまっては、自己肯定感は下がる一方です。

 そんな時、マッチングアプリで出会った男性など、自分とは環境が近くない男性と疑似恋愛を楽しむことで、本命の彼氏や距離の近い男性と事故を起こす機会を減らすことができるのです。

 もちろん本命彼氏や恋愛以外の方法で自己肯定感を満たせるのが一番ベストですが、そううまくいかないことが多いのも世の常。それなら、事故らずに自分の肯定感を満たす方法を考えておくのも、一つのリスクヘッジになりうるでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性に“彼女にしたくない”と思われる女性の特徴5つ&NG行動
 好きな人ができたら、その人の彼女になりたいと思うのは当然ですよね。でも、あなたが片思いをしている場合には、付き合うかど...
恋バナ調査隊 2021-05-16 06:23 ラブ
結婚相手を見極める!郵便ポストが溜まっている男にはご用心
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚に反対する親も少なくなりました。ずいぶんと時代は変化しましたが、できれば...
山崎世美子 2021-05-15 06:00 ラブ
彼はどう? 亭主関白彼氏のタイプ別特徴&上手な付き合い方
 亭主関白タイプの男性は、「男らしくてかっこいい」という意見がある反面、「自己中心的過ぎて腹が立つ!」と感じる人もいます...
恋バナ調査隊 2021-05-15 06:00 ラブ
私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ