自己肯定感低め女子必見! 本命以外と疑似恋愛を楽しむテク

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2021-04-16 06:00
投稿日:2021-04-16 06:00
 男性からちやほやされたり甘やかされたりすると、どこか心が満たされる時がありますよね。本命の恋愛がなかなかうまくいかない時、思わずワンナイトがしたくなってしまう時……。心の均衡を保つために、とにかく男性にモテるように仕向け、「肯定感」のロキソニン処方をする女性もいます。

「自己肯定感を満たすために、本命以外の男性と疑似恋愛」することができたら……本命との恋愛で、肯定感を満たすための重たい発言もなくなるかも。とにかくモテたい、男性に甘やかされたいだけな女性必見の「寸止めテク」とは……?

発言はとにかく「都合のいい女」を意識

社交辞令な会話と適度な「スキ」を(写真:iStock)
社交辞令な会話と適度な「スキ」を (写真:iStock)

 ちやほや甘やかされることを目的にしている女子は、自分を安売りしません。しかし、自分にとって不利益にならないことならどんどんやってあげるのが、男性に甘やかしてもらうコツのようです。

 また、男性は「寸止め」に弱いもの。手に入りそうなものが手に入らないことにやきもきするので、どこかお手軽に見えるような「スキ」を演出する必要があります。

 モテる女はまず、発言で相手をたぶらかすのです。LINEやデート中の会話では、相手に意見を合わせて発言し、最後は男性を立ててあげる……ホステス的な社交辞令の会話テクがあれば、男性をその気にさせることなんて簡単なのです。

TPOに合わせた「モテ服」をチョイス

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 実際のデート中も、服装で女性らしさとスキを匂わせます。外デートなら、スニーカーコーデにショートパンツやミニスカートで肌露出を意識したり、ディナーデートなら、ボディラインの見えるニットワンピースや胸元が広く開いたカットソーなどをチョイス。

「男性から見て、脱がせやすそうな服」を選ぶと、男性は勝手にデートの先を妄想してしまいます。谷間などをガッツリ見せすぎると下品に見えてしまうので、あくまで「清楚感」を保つのも、男性を手のひらで転がすテクの一つ。「狙ってるのか、狙ってないのか……」と男性に悩ませるのも、“恋の吊り橋効果”を加速させます。

早めに帰宅してアフターフォロー

LINEで次回を匂わせて(写真:iStock)
LINEで次回を匂わせて (写真:iStock)

 会話と服装でしっかり「お持ち帰り可能」感を匂わせたあとは、早めに帰宅するのが「ちやほや女子」の絶妙テクニックです。会話や服装で相手の気持ちを盛り上げるだけ盛り上げたのに、夜はさらりと帰宅……。女慣れしている男性でも「何かミスった!?」と考えてしまうはず。

 手に届きそうだった女子に、あと一歩のところで逃げられてしまった……傷ついてしまった男性に、最後にLINEでアフターフォロー。次があることを匂わせれば、男性にとって「手に入りそうで、なかなか手に入らない」女性のできあがり。追われる恋愛を楽しむことができるでしょう。

リスクを背負わず、肯定感を上げる

自己肯定感をあげるためと割り切るのも手(写真:iStock)
自己肯定感をあげるためと割り切るのも手 (写真:iStock)

 寂しがりやで恋愛依存体質な女性は、本命に対して重たい行動を取ってしまったり、さみしさをこじらせた挙げ句、ワンナイトラブをしてしまうこともあるでしょう。しかし、これらの行動はリスクもつきもの。本命に嫌われたり、喪失感を感じてしまっては、自己肯定感は下がる一方です。

 そんな時、マッチングアプリで出会った男性など、自分とは環境が近くない男性と疑似恋愛を楽しむことで、本命の彼氏や距離の近い男性と事故を起こす機会を減らすことができるのです。

 もちろん本命彼氏や恋愛以外の方法で自己肯定感を満たせるのが一番ベストですが、そううまくいかないことが多いのも世の常。それなら、事故らずに自分の肯定感を満たす方法を考えておくのも、一つのリスクヘッジになりうるでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【男に走る女】母親が子どもを捨てて“恋愛”に溺れる深層心理
 お子さんがいるにもかかわらず家を飛び出し、他の男性と生きていくことを選ぶ女性が時々います。芸能人や有名人にもそうした女...
内藤みか 2022-05-26 06:00 ラブ
人生一度きり「イケメンの彼女」目指しちゃう? 特徴は?
 見た目がすべてとは言いませんが、やはり彼氏がイケメンだと人に自慢したくなるものですよね。そんな世のイケメン男性たちは、...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
他人事じゃない!「夜の生活がなくなった夫婦」レス解決法
 結婚前は2人でいちゃいちゃする時間もあったのに、結婚してから夜の生活がまったくなくなってしまう夫婦はとても多いようです...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ