自己肯定感低め女子必見! 本命以外と疑似恋愛を楽しむテク

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2021-04-16 06:00
投稿日:2021-04-16 06:00
 男性からちやほやされたり甘やかされたりすると、どこか心が満たされる時がありますよね。本命の恋愛がなかなかうまくいかない時、思わずワンナイトがしたくなってしまう時……。心の均衡を保つために、とにかく男性にモテるように仕向け、「肯定感」のロキソニン処方をする女性もいます。

「自己肯定感を満たすために、本命以外の男性と疑似恋愛」することができたら……本命との恋愛で、肯定感を満たすための重たい発言もなくなるかも。とにかくモテたい、男性に甘やかされたいだけな女性必見の「寸止めテク」とは……?

発言はとにかく「都合のいい女」を意識

社交辞令な会話と適度な「スキ」を(写真:iStock)
社交辞令な会話と適度な「スキ」を (写真:iStock)

 ちやほや甘やかされることを目的にしている女子は、自分を安売りしません。しかし、自分にとって不利益にならないことならどんどんやってあげるのが、男性に甘やかしてもらうコツのようです。

 また、男性は「寸止め」に弱いもの。手に入りそうなものが手に入らないことにやきもきするので、どこかお手軽に見えるような「スキ」を演出する必要があります。

 モテる女はまず、発言で相手をたぶらかすのです。LINEやデート中の会話では、相手に意見を合わせて発言し、最後は男性を立ててあげる……ホステス的な社交辞令の会話テクがあれば、男性をその気にさせることなんて簡単なのです。

TPOに合わせた「モテ服」をチョイス

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 実際のデート中も、服装で女性らしさとスキを匂わせます。外デートなら、スニーカーコーデにショートパンツやミニスカートで肌露出を意識したり、ディナーデートなら、ボディラインの見えるニットワンピースや胸元が広く開いたカットソーなどをチョイス。

「男性から見て、脱がせやすそうな服」を選ぶと、男性は勝手にデートの先を妄想してしまいます。谷間などをガッツリ見せすぎると下品に見えてしまうので、あくまで「清楚感」を保つのも、男性を手のひらで転がすテクの一つ。「狙ってるのか、狙ってないのか……」と男性に悩ませるのも、“恋の吊り橋効果”を加速させます。

早めに帰宅してアフターフォロー

LINEで次回を匂わせて(写真:iStock)
LINEで次回を匂わせて (写真:iStock)

 会話と服装でしっかり「お持ち帰り可能」感を匂わせたあとは、早めに帰宅するのが「ちやほや女子」の絶妙テクニックです。会話や服装で相手の気持ちを盛り上げるだけ盛り上げたのに、夜はさらりと帰宅……。女慣れしている男性でも「何かミスった!?」と考えてしまうはず。

 手に届きそうだった女子に、あと一歩のところで逃げられてしまった……傷ついてしまった男性に、最後にLINEでアフターフォロー。次があることを匂わせれば、男性にとって「手に入りそうで、なかなか手に入らない」女性のできあがり。追われる恋愛を楽しむことができるでしょう。

リスクを背負わず、肯定感を上げる

自己肯定感をあげるためと割り切るのも手(写真:iStock)
自己肯定感をあげるためと割り切るのも手 (写真:iStock)

 寂しがりやで恋愛依存体質な女性は、本命に対して重たい行動を取ってしまったり、さみしさをこじらせた挙げ句、ワンナイトラブをしてしまうこともあるでしょう。しかし、これらの行動はリスクもつきもの。本命に嫌われたり、喪失感を感じてしまっては、自己肯定感は下がる一方です。

 そんな時、マッチングアプリで出会った男性など、自分とは環境が近くない男性と疑似恋愛を楽しむことで、本命の彼氏や距離の近い男性と事故を起こす機会を減らすことができるのです。

 もちろん本命彼氏や恋愛以外の方法で自己肯定感を満たせるのが一番ベストですが、そううまくいかないことが多いのも世の常。それなら、事故らずに自分の肯定感を満たす方法を考えておくのも、一つのリスクヘッジになりうるでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


結婚10年目にして…運命の「彼女」との出会いでレズビアンに
 今やLGBTを公言できる時代となった。海外では有名人も同性愛者のパートナーや配偶者がいることを公表し、日本でも徐々に「...
蒼井凜花 2021-09-24 06:15 ラブ
惚れっぽい性格を直したい女性は必見!特徴&5つの対処方法
 彼氏と別れても、すぐに好きな人や新しい彼氏ができる女性は、惚れっぽい性格であることが多いです。一見、恋愛上手で羨ましが...
恋バナ調査隊 2021-09-24 06:00 ラブ
彼氏が何もしてくれない…男性心理5つ&うまく付き合う方法
 どんなに好きな相手でも、交際をすれば何かと不満が出てくるもの。中には、「彼氏が何もしてくれない」と、悩んでいる人もいる...
恋バナ調査隊 2021-09-24 06:00 ラブ
コロナ禍でデートできない…恋愛上手な女性がとった作戦とは
 長引くコロナ禍で、デートするべきか迷うカップルが少なくありません。特に男性のほうが「会うのはしばらくやめておこう」など...
内藤みか 2021-09-23 06:00 ラブ
隠れ肉食系男子を見抜く!5つの特徴&惹かれる女性のタイプ
 普段、優しく柔らかな物腰の男性が、いざという時に男らしく頼れる姿にドキッとする女性は多いでしょう。そのギャップに、好意...
恋バナ調査隊 2021-09-23 06:00 ラブ
ラブラブを取り戻したい…倦怠期を乗り越えるLINE内容5つ
 長く付き合っていると、だんだん新鮮さがなくなってきてマンネリ化し、家族のようになってしまいますよね。でも、本当はラブラ...
恋バナ調査隊 2021-09-23 06:00 ラブ
恋人に自分の意見を言えない…リスクと嫌われない言い回し!
 恋人関係になり、相手との関係をより長く継続したいと考えると、なかなか自分の意見を言えない時ってありますよね。「連絡頻度...
若林杏樹 2021-09-22 06:00 ラブ
バツイチ男性と付き合う前に確認するべき5つのこと&心構え
 ある程度の年齢になれば、周りに離婚経験者が増えてくるため、たまたま好きになった男性が「バツイチだった」ということもある...
恋バナ調査隊 2021-09-22 06:04 ラブ
恋の季節っていつ? 春夏秋冬で恋に落ちる男性心理を解説♡
「恋の季節」という言葉はよく聞きますが、いったいいつなのかって曖昧ですよね。そこで今回は、春夏秋冬それぞれで男性が恋に落...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:02 ラブ
チャラい男性が“本気の恋”に落ちる瞬間&付き合うメリット
 チャラい男性というと、「浮気しそう」「女性にだらしなさそう」といった悪いイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:00 ラブ
お金持ち男性の彼女に選ばれるには?5つの共通点&テクニック
 男性の経済力をチェックする女性は多いでしょう。将来、結婚するとなれば、お金持ちの男性のほうが断然安心ですよね。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
別れても好きと思われたい…忘れられない“いい女”になる方法
 いろいろな事情で別れることになってしまっても、一度は好きになった人。「別れても好きだと思われたい!」という思いを抱く女...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
恋愛に興味ない…彼氏を欲しがらない女性の心理4つ&克服法
 一昔前までは、「女性の幸せ=素敵な恋愛&結婚」だったかもしれません。しかし、現在ではさまざまな理由から、恋愛や結婚が女...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
女性のすっぴんに対する4つの男性心理♡ 見た時の本音も紹介
 女性からすると、できれば男性に見られたくない「すっぴん」。でも、なぜか「すっぴんのほうが可愛いよ!」と言う男性って多い...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
可愛くて怒れない…ぶっ飛んでる妻からの天然すぎるLINE5選
 天然の女性って可愛いですよね♡ そんな女性を妻に持った男性は、毎日、そのぶっとんだ言動にイラっとしながらも、結局可愛く...
割り勘をする男性に隠された5つの心理&交際する判断ポイント
 交際前、もしくは交際したばかりの彼とのデートの際、会計で割り勘を要求されたら、あなたはどう思いますか? 中には、その時...
恋バナ調査隊 2021-09-18 06:00 ラブ