彼に嫌われるかも…恋愛中に送ってはいけないタブーなLINE5つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-05-19 06:00
投稿日:2021-05-19 06:00
 恋愛中、彼との連絡やコミュニケーションに欠かせないLINEですが、彼からのメッセージに舞い上がってしまって、気付かぬうちに嫌われるような内容を送っていませんか? 今回は、恋愛中に送ってはいけないLINEのタブーを5つご紹介します。

恋愛中の彼に送ってはいけないタブーなLINE5つ

1. いつも悲観的な捉え方をする

 LINEに入れる文章は、知らず知らずのうちにあなたの思考の癖が反映されているものです。特に気をつけたいのが、悲観的な捉え方の文章。どんな話題に対しても、悲観的で自虐的な捉え方をしていると、相手も重く暗い気持ちになって、あなたとのLINEの回数が減ってしまうかもしれません。

 LINE上だけでなく、普段から明るく良い面を見ることを練習しておくと良いですね。彼に、「彼女といると楽しいし、前向きになれる!」と感じてもらえる自分でいられるように、意識してみましょう。

2. 長文を送る

 明らかに脈ありサインが感じられたり、急接近している相手であっても、一方的に長文を送るのはやめましょう。返事をするのに労力を使わせてしまい、次第にLINEをしたくなくなってしまうかもしれません。

 また、LINEのメッセージは、一回の送信につき1つの話題に留めておくことがベストです。テンポ良く会話のキャッチボールができたほうが、相手も「あなたと話していると楽しい」という気分になり、LINEの回数も増えるでしょう。

3. 相手を監視する

 相手の生活を監視して、すべて把握しようとするような文章は、嫌われてしまう可能性があります。もしも、彼が今、何をしているかを不安に感じたとしても、自然に話してくれるまでしつこく聞くのはやめたほうが良いでしょう。

 相手の行動をチェックしようとするような会話を続けていると「束縛が強くてしんどいな」と、距離を置かれてしまいます。もし、どうしても心配に感じたら、回りくどく調査するのではなく、素直に「羨ましいな」など、可愛く嫉妬する程度にしておきましょう。

4. 深夜に送る

 大好きな彼に甘えたくなったり、深夜でも連絡できるような特別な関係に酔いしれたくなることもありますが、親しい間柄だからこそ、しっかりと常識を大切に接していくことが大切です。

 夜中に自分の都合で連絡すると、「相手を思いやる気持ちが弱い人」という印象を与えてしまいます。また、男性の中には、女性に母性的な優しさを求める人も多いもの。彼の体を気遣う優しさを見せたほうが、女性としての魅力を感じてくれるはずです。

5. 返信を催促する

 彼からLINEの返信がない時、しつこく催促していませんか? 彼からの連絡がない時にすぐに不安になるのは、自分の生活よりも彼のことで頭がいっぱいになって、依存しているからかもしれません。

 長続きする恋愛の共通点は、お互いが自分の時間も大切にできる関係であること。常に相手とつながっていないと不安になるような2人だけの世界に閉じこもっていると、無理が生じて別れの原因になってしまうこともあります。彼からの返信は1日以上待てるくらい、自立できるように心がけてみてくださいね。

恋愛中は彼を思いやる優しい内容のLINEを送ろう♡

 恋愛中というのは、少なからず相手の容姿や毎日の環境にキラキラのフィルターがかかっている状態だと思います。でも、どんなに幸せな毎日に舞い上がってしまっても、恋愛を長続きさせたいなら、思いやりや常識などの基本的な部分を大切にすることが不可欠。

 いつかフィルターが外れた時、ただ恋愛に溺れているだけのあなたではなく、素敵な人間性のあなたが見えれば、彼も長く愛してくれるはず。ぜひ、恋愛中は相手の立場に立った優しく思いやりのあるLINEを送るようにしてみてくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ