誕生日にお母さんから届いた…ほっこり笑える不思議LINE5選

コクハク編集部
更新日:2021-04-17 06:00
投稿日:2021-04-17 06:00
 世の中のお母さんたちって、面白くて不思議な楽しい言動で、私たちをほっこりさせてくれますよね。今回は、そんな愛すべきお母さんたちから誕生日に届いた、天然炸裂な面白いLINEをご紹介します。愛がたっぷりなのに、どこかが抜けている可愛らしい内容ばかりですよ。

誕生日にお母さんから届いた面白くて不思議なLINE5選

1. なぜかメッセージが縦

 こちらのお母さんからのLINEは、なぜか縦書きで送られてきたそうです。しかも、文字の分け方がなんとも不思議! きっと、お母さんは「おめでとう」の部分を目立たせたかったのかもしれませんね。もしくは、ただの天然で縦書きになってしまったのか……。真相は、お母さんしかわかりません。

2. 間違いスタンプで締めちゃう

 こちらのお母さんは、お誕生日に「生まれてきてくれてありがとう」という感動的なLINEを送ってくれました。とても優しくて素敵なお母さんですね……と、ここまでは良かったのですが、最後の最後で気を抜いてしまった様子。

 このスタンプ……。全肯定してくれるのは嬉しいのですが、スタンプを間違ってしまった事実は肯定せず、スルーしてしまったようです。

3. 日にちを間違えてる

 世の中には、おっちょこちょいなお母さんも多くいます。こちらのお母さんは、娘の大好きなチョコレートケーキを準備して、お誕生日をお祝いしようとしています。でも実は、娘のお誕生日は明日なのだそう。日にちを間違えているのに、本気で張り切ってお祝いの準備をしようとしているところが、なんとも愛おしいLINEでした。 

4. 感動的なメッセージの中にミス

 こちらのお母さんも、素敵なお誕生日LINEを送ってくれました。娘が生まれた日の様子や、お母さんの感情が書かれていて、とても嬉しく感動的に読んだそうです。ところが残念! 一番最後の最後で、出生時の体重が「32500kg」という凄まじい重さ……。

 感動で終わるはずが、爆笑で終わってしまったおっちょこちょいなお母さんからの間違いLINEでした。

5. すべて見抜かれてる

 お母さんたちって、驚くほど広い情報網を張り巡らしていることがあります。ご近所のことなら、家族関係はもちろん、最近どんな病気をしたか、会社の役職までなぜか知っているんですよね。

 さて、こちらのお母さんは、誕生日LINEの最後に、なぜか紹介したこともない彼の情報を盛り込んできたそう。しかも、彼が「ロン毛」という特徴までしっかり掴んでいたという……。

 知らない間にご近所の人に見られていて、その情報がお母さんまで届いたのでしょうか? お母さんにはすべて見抜かれていると感じるLINEでした。

お母さんからの誕生日メールは愛情と不思議がいっぱい!

「お母さん」という生き物は、私たちの想像を遥か上をいって周囲を驚かせることがあります。時に、不思議でチャーミングで思わず笑ってしまう言動に、いつも癒されてしまうんですよね。

 お母さんからの誕生日LINEにも不思議な内容がいっぱいでしたが、どれもなぜかほっこり愛情を感じるものばかり。返信LINEでは、「産んでくれてありがとう」と伝えてあげてくださいね♡

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


推し活に疲れたと思う5つの瞬間…デジタルデトックスで情報の遮断を
 推し活を始めた頃は、誰もが「楽しみを見つけた」とワクワクしていたはず。推し活で、充実感を得ていたことでしょう。しかし、...
5月29日~6月4日 あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
節約とケチは紙一重? ここぞという時に後悔しないお金の使い方8選
 缶飲料に続いて、電気代まで値上げのニュース。止まらない値上がりラッシュに、「家計のどこを削ろう?」と試行錯誤している人...
フリーランスママなら楽チンの誤解…付き添い通院で両立できず契約終了
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
デート中“たまたま”を二度見! 上品かつ色気ムンムンで素敵
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
茜色に染まる景色に心安らぐ 2023.5.29(月)
 たった数十分くらいの間に刻々と変化していく空の色。  茜色に染まる景色に心安らぐ。  日が落ちるまで眺めて...
便利でラクだと採用&継続したら大後悔!フルリモートの“落とし穴”8つ
 コロナ禍がひと段落して出社する人も増えましたが、フルリモートという働き方も選択できる時代になりました。好きな場所で仕事...
花火大会で浴衣姿の同級生にドキドキした 2023.5.28(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
歯の矯正器具を2時間かけて装着、違和感しかねぇ 2023.5.27(土)
 40代半ばになって歯科矯正を始めた女のほぼ“リアタイ”ドキュメンタリー。恋バナでも食ルポでもライフハックでもない間口の...
へたるし処分が大変…人をダメにしない!? ビーズクッション5つの欠点
 部屋が狭いと椅子やソファーを置くのは難しいもの。その点、ビーズクッションであれば、スペースが少なくても気軽に取り入れる...
「脱いだパンツ」を巡る心理戦
 自分が脱いだパンツに価値があると知ったのは、まだ10代の頃。ブルセラショップが世間の話題になり、お小遣い欲しさに心がゆ...
自信があるのに嫌われる人、魅力的な人…違いはどこにある?
 これまで私はさんざん自信があるのは絶対に良いことであると書いてきました。でも、「あの人、自信満々だよねw」なんて、嫌わ...
職場にいる? 社会人デビューしちゃった男性の上手な扱い方
 職場にいる、なんとなくイタい男性。もしかしたらその男性、社会人デビューをしたのかもしれません。 かっこつけてる(つもり...
海と緑と南国の花が見える 安らぎの窓辺で 2023.5.26(金)
 いろんな場所をめぐってきたけど、移動する日ってバタバタするから、翌日の窓の外の景色で、「ああ、こんなところまで来たんだ...
“たまたま”が道に落ちてるー!猫島では歩きスマホにご注意を
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
40代が似合う「指輪の重ね付け」5つのコツ…隠された意味、知ってる?
 きらりと光る指輪は、40代を過ぎた大人女性の手元を魅力的に飾ってくれますよね。特におすすめしたいのが存在感がアップする...