「ゴゴスマ」が小室圭さん母子の金銭問題を45分も放送することに意味があるのか(成城大学教授・森暢平)

更新日:2021-10-13 17:03
投稿日:2021-10-13 17:00
小室圭さん(C)日刊ゲンダイ
小室圭さん(C)日刊ゲンダイ

 小室圭さん(30)の母親の金銭トラブルについて、母親の元婚約者のコメントが発表された。これを受けて、テレビ各局のワイドショーはまたこの問題を取り上げた。なかでもしつこさを感じたのは、45分もの枠を使って私人間の金銭問題をなお放送するTBS系(CBC制作)の「ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜」(10月11日放送)である。いったい、この段階で金銭トラブルを取り上げるのに何の意味があるのだろうか。

 メディアがこれまでこの問題を取り上げてきたのは、小室家がいかに眞子さま(29)の相手家族として相応しくないかを批判するためである。元婚約者への対応がいかに冷酷であるかを延々と批判してきた。「ゴゴスマ」も、そうした番組の1つであった。

 ところが、小室さんへの「誹謗中傷」が社会的な問題になって、テレビ局は小室さんや母親へのあからさまな批判をしなくなった。小室家批判と切り離して、純粋に金銭トラブルだけを放送したというわけだ。しかし、私人間の金銭トラブルだけなら、どのような公益性・公共性があるのだろうか。

「ゴゴスマ」は、TBSの番組「ひるおび!」での、元宮内庁職員・山下晋司氏の次のコメントを紹介した。

「(元婚約者は)あくまでも小室家を批判するために利用されてきたのであって、元婚約者(のこと)を週刊誌が本当に思ってやっているわけではない」「週刊誌にとっては、いい対象。自分たちの持っていきたいことを言ってくれる。相当、利用されてきたんだろうなというふうには感じた」

 山下氏のコメント内の「週刊誌」という言葉は、「ワイドショー」「ゴゴスマ」と置き換えてもまったく意味が通じる。「ゴゴスマ」をはじめとする、テレビ各局のワイドショーは元婚約者を「いいカモ」として利用し、トラブルを煽るだけ煽って小室家の不誠実さをなじってきたのである。

 この日の放送にしても、元婚約者の言い分をそのまま垂れ流している。

■「お金も会うことも求めない」のに、なぜか「解決したとは思わない」

 番組では、今年4月8日の、いわゆる「小室文書」発表の段階で、お互いの認識を縮めながら解決していくとしていたのに、4日後に急に解決金を渡すことになったと説明された。勘違いである。

 お互いの認識を縮めて解決というのは、2019年の交渉開始時点での方針であった。この間違いは、以前も指摘した。再びこのように説明したことは、小室さんへの意図的な悪意としか言いようがない。
 
 元婚約者のコメントには、「眞子さまの文書が公表された際に、私はお金の請求も母親とお会いすることも求めないと代理人を通じてお伝えをしました。私の関わる金銭問題がお2人にとって大きな障害となっていると感じたからです。その後、圭さんの文書の公表や解決金の提案など、予想しなかった事態が進展し、再び交渉をすることになっています」とある。

 ゴゴスマ司会の石井亮次アナウンサーは、「このあたりがこの文書の大きなキモ」とそのまま紹介している。しかし、当時、元婚約者は「お金の請求も、会うことも求めない」としながら、「しかし、解決したとは思わない」と矛盾したことを述べていた。ここまで解決に至らないのは、元婚約者が何を求めているのかはっきりしないことが大きな理由である。番組はこのことにはまったく触れていない。

 交渉が進まないのは、小室家の責任であるかのようなこれまでと同じ放送内容に感じた。

 石井アナは、元婚約者が「母親に直接会い、感謝の言葉を述べてもらいたい」と要求していることについて、次のように述べた。

「そんなに高い望みではないような気がします」「ありがとうって、会って言えばいいじゃないみたいな気がするのですが」「圭のため、ここは1つということで、元婚約者に会って『ありがとう』って言えば終わるのに」

 番組MCとして、問題の複雑さを理解して話しているのだろうかと疑わざるを得ない。短絡的な発言に聞こえた。

 母親も会って済むなら、早く解決したい。だからこそ、7月に一度、面会に応じることを伝えたのである、しかし、会えない、あるいは、会いづらい理由がある。

■26日の入籍日までに金銭トラブルは解決し得ない

 元婚約者は、「ありがとうと一言、言ってもらいたい」としながら、話し合っての解決は1回の面会では終わらないとも述べている。母親が会えないのは、第一に、元婚約者が言う「解決」が何を指すのかわからないためだ。元婚約者が何を求めているのかはっきりしないなかで、会いたいという要望には簡単には応じられないのである。

 第二に、守秘義務がない週刊誌の記者が元婚約者の代理人となっているため、小室さん側の要望がメディアに筒抜けになり、誠実な交渉が行えないためだ。

 元婚約者は、代理人交渉を事実上認めておらず、小室さんの母親に直接会って気持ちを聞きたいという点にこだわっている。しかし、母親は病気であるうえ、元婚約者には恐怖を感じている。会いづらい第三の理由は、メンタル面の不安である。

 番組は、小室さんと眞子さまが結婚する10月26日までに解決するかがポイントのように強調した。CBC特別解説委員の石塚元章氏は「(26日までが)解決の方向に向かうとしたらこのタイミングがベストな期間、唯一の期間」などと解説した。ミスリードな解説としか言いようがない。

 強調しておくが、この問題が10月26日までに解決することはあり得ない。小室さんと眞子さまとの結婚とは関係なく、交渉はこの後も続いていくだろう。

 そうだとすると、小室家批判と切り離した形で、このトラブルを放送する意味はどこにあるのだろうか。午後2時9分から2時54分まで、途中のニュース枠を除くと45分。ほかに追求すべき問題があるとは思わないのだろうか。

「ゴゴスマ」は12日も、午後2時22分から3時3分までニュースの時間を除く34分も放送している。途中、横浜の小室さんの自宅マンション前から中継までしている。いくら何でもやりすぎではないだろうか。

 連日の放送はともに、「独自 元婚約者の代理人に真相を直撃!」というタイトルだったが、代理人の話では、コメントがこの時期に発表されたのは「心境を整理するのに1カ月ほど掛かった」など中身のない内容であった。視聴率のための番組づくりと批判されても仕方がない。

▽森暢平(もり・ようへい) 成城大学文芸学部教授。元毎日新聞記者。著書に『天皇家の財布』(新潮社)、『近代皇室の社会史』(吉川弘文館)、『皇后四代の歴史──昭憲皇太后から美智子皇后まで』(吉川弘文館、共著)、『「地域」から見える天皇制』(吉田書店、共著)などがある。

エンタメ 新着一覧


伝説の俳優座「花の15期生」抱腹絶倒トーク!今だから話せる“お宝”交遊エピソード
「俳優座花の15期生」(1963年に養成所に入所)といえば、原田芳雄、林隆三、夏八木勲、秋野太作、前田吟、河原崎次郎、地...
2021-10-16 17:03 エンタメ
懲りない東出昌大また新恋人との“公私混同”バレ自爆…共演NG女優が今後続出すると評論家
 13日、俳優の東出昌大(33)の新恋人の存在を「週刊文春」が報じた。相手は5歳年下のハーフ美女OLで、5月に出会うと早...
2021-10-16 17:03 エンタメ
<71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#71 「お疲れさまだったね。今お茶をいれるから」  アプリコの番頭...
2021-10-16 17:03 エンタメ
大久保佳代子、いとうあさこ、小林麻耶…“おひとりさま芸能人”に「介護脱毛」が流行るワケ
 タレントの大久保佳代子(50)が「上田と女が吠える夜」(11日放送/日本テレビ系)で、「介護脱毛」をしていることを明か...
2021-10-16 17:03 エンタメ
ドキュメンタリー映画「歩きはじめる言葉たち」野村展代監督が描く被災地の今
 東日本大震災では、一度に多くの尊い命が失われたため<自分だけがつらいわけじゃない>と、我慢している人は少なくない。岩手...
2021-10-16 17:03 エンタメ
映画「ビースト」に見る韓国社会の縮図「糞はかき回すほど悪臭が出る」
【奇妙?単純? 韓流の方程式】#52  Netflixで配信中の韓国ドラマ「イカゲーム」が世界的な大ヒットとなっている...
2021-10-16 17:03 エンタメ
おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表
「山口百恵」の頃から見聞きしてきた世代には、とくに感慨深いようだ。百恵さん(62)の長男でシンガー・ソングライター三浦祐...
2021-10-16 17:03 エンタメ
眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声
 小室圭さん(30)は18日秋篠宮邸を訪れ、秋篠宮ご夫妻に挨拶し、秋篠宮家長女・眞子さま(29)と3年2カ月ぶりに再会さ...
2021-10-16 17:03 エンタメ
どうなるJUMP愛知公演 ワクチン接種で観客100%収容の大混乱
 ジャニーズ事務所は今月13日、Hey! Say! JUMPのアリーナツアー「Hey! Say! JUMP Fab! -...
こじらぶ 2021-10-16 06:00 エンタメ
「ONODA」外国人が小野田寛郎の“物語”を製作した理由について考える
【大高宏雄の新「日本映画界」最前線】  横井庄一と小野田寛郎の名を1970年代に知った人は当時、大きな衝撃を受けたと思...
2021-10-15 17:03 エンタメ
読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)
 小室圭さん(30)の母親の金銭トラブルについて、これまで歯切れのいい“小室家批判”を続けてきたのが、「読売テレビ」の高...
2021-10-15 17:03 エンタメ
“ブレない男”石田純一の逆襲はあるか バッシング因縁の地でも「沖縄に行きたい」のサービス精神
 美BODYを競う「美バ―1グランプリ」開催記者発表会にタレントの石田純一(67)が紫吹淳(52)らと出席した。 「コ...
2021-10-15 17:03 エンタメ
<70>野崎幸助さんのミエで新装したピンクの壁、予算は2500万円
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#70  2017年11月に完成した品のないピンクの塀がある野崎幸助さ...
2021-10-15 17:03 エンタメ
“プロアイドル”宮脇咲良が本格ブレークの兆し 韓国ではNiziUより人気者
 2018年、韓国の人気オーディション番組「PRODUCE48」に参加し、日韓ガールズグループIZ*ONE(アイズワン)...
2021-10-15 17:03 エンタメ
さだまさし“前人未到”ソロコンサート通算4500回達成!「現役力」のミナモトは?
「まだまだ道の途中です」  前人未到のソロコンサート通算4500回を達成したシンガー・ソングライター、さだまさし(69...
2021-10-15 17:03 エンタメ
「十月大歌舞伎」コロナ禍の制約を逆手に取った企画はいいが…
 東京都などの緊急事態宣言も解除されたが、劇場の客足はなかなか戻らないようだ。今月は第1部に集客力のある市川猿之助が出て...
2021-10-15 17:03 エンタメ