「もう中学生」は有吉弘行の評価で再ブレークした“笑いのスナイパー”

更新日:2022-01-15 17:03
投稿日:2022-01-15 17:00
もう中学生(C)吉本興業
もう中学生(C)吉本興業

【2022新春「笑」芸人解体新書】#8

 もう中学生

 ◇  ◇  ◇

 もう中学生は、子供向け教育番組の「おにいさん」のような底抜けに明るいキャラクターで知られるピン芸人だ。イラストを描いた段ボールと手製の小道具を使った不思議な世界観のコントを得意としている。

 彼は十数年前にそんな段ボール芸で注目され、「爆笑レッドカーペット」など数々のネタ番組に出演していた。だが、ネタ番組のブームが落ち着くとともに、テレビに出る機会も激減してしまった。

 ところが、昨年あたりから再びバラエティー番組で見かけることが増えてきた。ゴールデン番組の「オトラクション」ではナレーションを担当しているし、「もう中学生のおグッズ!」という冠番組も始まった。

 彼が再評価されるきっかけのひとつになったのは、2020年に有吉弘行のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」にゲストとして出演したことだ。

 パーソナリティーの有吉は、もう中学生のことを「もうTHE中学生」と呼んで持ち上げて、次々に話を振っていった。もう中学生は発言の一つ一つに彼独自の「角度」がついていて、ハマるとクセになる魅力がある。有吉はそんな彼のことを心底面白がっていた。

 当代随一の実力者である有吉がもう中学生にお墨付きを与えたことで、業界全体で彼を再評価する機運が高まってきた。有吉が出演している「有吉の壁」をはじめとして、お笑い色の強い番組に呼ばれる機会も増えていった。

 もう中学生のネタは、一見すると子供向け番組のようなほのぼのとした雰囲気に満ちているが、そんな和やかな空気の奥に潜む彼の言葉選びのセンスには非凡なものがある。着眼点と単語やフレーズの選び方が普通ではないのだ。

 もう中学生のような芸人は、与えられた状況に合わせて適切な言葉を考えるのではなく、言いたい言葉が先にあって、それを力いっぱいぶつけていく。そのアプローチの仕方は芸人というよりアーティストに近い。

 極端に言うと、確固たる自分の世界が最初にあって、それを表現するための手段としてたまたまお笑いというジャンルを選んでいるだけなのかもしれない。

 もう中学生は、明るいキャラクターとかわいらしいイラストや小道具を隠れみのにして、言葉で人の心を射抜く笑いのスナイパーなのだ。 (つづく)

(ラリー遠田/お笑い評論家)

エンタメ 新着一覧


“お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波
 タレントの山瀬まみ(52)がリストラの危機に瀕していると、発売中の「週刊文春」が報じている。  桂文枝(78)が「新...
2022-01-21 17:03 エンタメ
吉田鋼太郎“昭和の父親”にドハマり!「おいハンサム!!」は今期ドラマの“大穴”だ
 今期の連ドラ戦線は深夜ドラマが“ダークホース”になりそうだ。 〈全話視聴決定〉〈毎週の楽しみができた〉〈今期一番のド...
2022-01-21 17:03 エンタメ
<133>“無罪請負人”事務所出身の渥美陽子弁護士に相談を持ちかけると…
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#133  私は、アプリコの口座から振り込まれた金の流れを追ったり、遺...
2022-01-21 17:03 エンタメ
高畑充希“新視聴率女王”の真価は? 坂口健太郎と完全破局で恋も仕事もリスタート
 主演ドラマが常に高視聴率を記録し、いまや“新視聴率の女王”と評される高畑充希。昨年12月に30歳の誕生日を迎えた彼女が...
2022-01-21 17:03 エンタメ
イヨ シックスティーンの破壊力! 松本伊代になろうとアイドルを目指したが…
【“女きみまろ”さっち~のコロナ奮闘記】#6  小学生のころから歌手になる夢を持ち続けたという荒井さん。  そのルー...
2022-01-21 17:03 エンタメ
浪人期間も「予備校で勉強する合間を縫って落語会に行ってました」
【林家染雀大いに語る】#2  染雀が高校時代に初めて生の落語を聴いたのは島之内寄席だった。亡き笑福亭松鶴の肝いりにより...
2022-01-21 17:03 エンタメ
「Nキャス」“サプライズ就任”三谷幸喜に期待と不安 ビートたけしのマンネリからは脱却
 脚本家の三谷幸喜氏(60)が、4月から「新・情報7days ニュースキャスター」(TBS系)の総合司会に就任するとスポ...
2022-01-21 17:03 エンタメ
子供時代、東映時代の写真があればと云われアレコレ探したんですが…
【石倉三郎 粋に活きてえなぁ】#39  扨(さて)、アタクシ只今、来る二十九日より始まる俳優座劇場での公演「伊賀の花嫁...
2022-01-21 17:03 エンタメ
浜田省吾に普遍の“オンザロード”…40年前と同じ楽曲で日本武道館を沸かせた
 70年代の「風を感じて」にはじまり、「悲しみは雪のように」「もうひとつの土曜日」などのヒット曲で知られるシンガー・ソン...
2022-01-21 17:03 エンタメ
<70>写真は自分の情とか相手との関係が見えるから面白い
【天才アラーキー傘寿を語る】#70  東京慕情(3)  これは渋谷の駅前の交差点だよ。そうかぁ、39年前の渋谷なんだ...
2022-01-21 17:03 エンタメ
JUMP山田涼介“なにわ男子軽視”で物議も…蘇るマッチ事件
 今月13日、ラジオ番組「Hey! Say! 7 UltraJUMP」(文化放送)で、MCを務めたHey! Say! J...
こじらぶ 2022-01-21 10:47 エンタメ
蒼井優、米倉涼子「女優が社長」になる時…事業拡大や資金繰りに奔走するケースも
 蒼井優(36)が芸能プロダクション社長に就任ーー「女性自身」(2月1日号)によると、蒼井は女優業のほかに、ライフワーク...
2022-01-20 17:03 エンタメ
横浜流星「DCU」「新聞記者」好演で快進撃 イケメン俳優から“実力派”に急成長のウラ側
 横浜流星(25)の快進撃が止まらない。2019年1月期のドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)でピンク色の髪を...
2022-01-20 17:03 エンタメ
馬淵優佳が“ゲス不倫夫”瀬戸大也を見限る日 「離婚秒読み」3つの理由を池内ひろ美氏が解説
 競泳の瀬戸大也(27)の妻、馬淵優佳(26)が飛び込み競技現役復帰を機に、アパートを借り、別居生活していることを発売中...
2022-01-20 17:03 エンタメ
<132>マコやんは2019年3月末で野崎さんの会社「アプリコ」をクビになった
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#132 「お疲れさまでした」 「なんか釈然としないけど、文句を言っ...
2022-01-20 17:03 エンタメ
中村アンがTBS日曜劇場に連続出演 「DCU」「日本沈没」とシリアス役続きの吉凶
〈期待しすぎた〉という視聴者も多いようだ。  16日スタートの阿部寛(57)主演のTBS系日曜劇場「DCU」の初回平均...
2022-01-20 17:03 エンタメ