デビュー50周年の五輪真弓「伝説」を振り返る…凄すぎるデビューアルバム制作陣と世界での評価

更新日:2022-08-05 17:03
投稿日:2022-08-05 17:00
代表曲の「恋人よ」
代表曲の「恋人よ」

 シンガー・ソングライター五輪真弓(71)が今また、要注目だ。1972年のデビュー曲「少女」から50周年、ベストアルバムがこの秋リリースのほか、スペシャルサイトが開設され盛り上がっている。構成作家のチャッピー加藤氏が言う。

「五輪真弓さんはユーミン松任谷由実さんと並ぶ日本の女性シンガー・ソングライターの先駆け。確実に、日本の音楽シーンに新たな地平を開きました。『恋人よ』は代表曲であり、珠玉の名曲ですが、伝説のごく一部でしかないと声高に申し上げたいですね」

 まず、デビュー当初からCBSソニーに個人レーベル「UMI」が発足。「和製キャロル・キング」とのキャッチコピーはこの当時、「つづれおり」が世界的に大ヒットしていた米女性アーティストからとったもので、キャロル・キングがデビュー前の五輪のデモテープを聴いて気に入り、お墨付きを得たことから、命名されたのだそうだ。

「デビューアルバムはロサンゼルスで収録されたのですが、レコーディングにはそのキャロルをはじめ、腕利きのミュージシャンがこぞって参加しているのですから、ただの箔付けなんかじゃない。もちろん異例ずくめですけど、それもこれも、五輪さんにそれだけの光る才能があったからに他なりません」と続けた。

 デビュー前から「世界水準、ワールドワイド」であった五輪は4枚目のアルバム「Mayumity うつろな愛」がフランスでヒット、そして誘いがきて渡仏し全曲フランス語によるアルバム「えとらんぜ」を完成させた。細野晴臣たちが参加。

代表作「心の友」はインドネシアで第二の国歌

インドネシア・ジャカルタで「心の友」を歌う五輪真弓さん(C)共同通信社
インドネシア・ジャカルタで「心の友」を歌う五輪真弓さん(C)共同通信社

「『恋人よ』と同様、代表作とされる『心の友』は今度はインドネシアで爆発的なヒットを記録し、第二の国歌と呼ばれるほど長く愛され、親しまれています。五輪さんは21歳のデビュー時から世界的なスタンダード曲の書けた稀有なシンガー・ソングライターなのです。

 この普遍性のベースには、実は昔の歌謡曲があるのだとご本人がインタビューで語っています。洋楽も聴く一方で、日本人の心性にも合った曲にしていく力量。だからこそ『恋人よ』ができたのでしょうね。こうしたキャリアが、世界ほどには、日本国内であまり知られていないというのが不思議でなりません。ちょうどデビューから半世紀、あらためて脚光を浴びることを期待したいですね」(チャッピー加藤氏)

 1984年にバックバンドのメンバーと結婚、男女2児に恵まれている。音楽活動を休止していた時期もあったが、子どもの成長もあって2000年代から活動を再開させているそうだ。

エンタメ 新着一覧


ワンオクTakaとガーシーのコラボは“友情の証”? ファンからは「ついていけない」の声
《どんな人と友達でも自由だけど、公でのコラボはファン的には複雑》 《誰を友人とするかは個人の自由だから好きにすればいい...
2022-08-15 07:08 エンタメ
桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ
【シリーズ「光と影のアイドル群像」】桜田淳子  松田聖子や郷ひろみのように、いまなお熱い声援を浴び続けるスターはほんの...
2022-08-14 17:03 エンタメ
高橋一生の“共演者キラー”健在なり 今度は飯豊まりえと熱愛報道、過去にも次々ウワサに
 衝撃のニュースが飛び込んできた。5日発売の「FRIDAY」が飯豊まりえ(24)と高橋一生(41)の熱愛を報じたのだ。 ...
2022-08-14 17:03 エンタメ
隅田川花火3年連続中止の影響か…テレ東中継チームの質低下が心配だ
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  猛暑で少し歩いただけでも息が苦しい。マスクをしなければ、まだましなのに……。 ...
2022-08-14 17:03 エンタメ
IMALUは東京と奄美大島の“二拠点生活” 環境問題に取り組むモチベーションは「結婚」か
 お笑いタレントの明石家さんま(67)と女優の大竹しのぶ(65)の長女で、2世タレントの代名詞でもあるタレントのIMAL...
2022-08-14 17:03 エンタメ
主役を気取らず常に仲間の良さを引き出す 麒麟・川島は生粋の司会者
【今週グサッときた名言珍言】 「さんまさんとか紳助さんの番組見て、こんな緊張感与える番組、あかんと思って『ラヴィット!...
2022-08-14 17:03 エンタメ
NHK紅白を打ち切りから救う歌手は松田聖子か中森明菜か…視聴率30%が“デッドライン”
 例年、お盆休みを過ぎると、渋谷区のNHK神南界隈は、にわかに慌ただしさを増してくる。  局の看板番組「紅白歌合戦」が...
2022-08-14 17:03 エンタメ
「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い
【皇室のトリビア】#79 「今のところ悠仁さまは筑波大付属高校へ普通に通っているし、特に目立った変化はありませんね。た...
2022-08-14 17:03 エンタメ
水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏
 生放送のワイドショーや情報番組などのキャスター・アナウンサーに新型コロナ感染が広がり、“欠席”が相次いでいる。日本テレ...
2022-08-14 17:03 エンタメ
ビートたけしの寂しすぎる最晩年に思うこと…「フライデー」編集長時代の思い出
【週刊誌からみた「ニッポンの後退」】  私はビートたけし(75)という芸人が嫌いだ。  この男の顔がテレビに映ると即...
2022-08-14 17:03 エンタメ
怯むな!町田啓太「テッパチ!」防衛省協力でもイケパラ風味
 水曜日は「テッパチ!」の日。イケメン好きなら覚えておいて損はありません。私も町田啓太お目当てで見始めましたが、これは令...
柴咲コウ「女優」に収まらないビジネス眼 2拠点暮らしの仕事ぶりは芸能人の最先端
 女優の柴咲コウ(41)が10日、都内で行われた「マムート160周年記念プロジェクト」に登場した。 「山の日特別授業─...
2022-08-13 17:03 エンタメ
片瀬那奈は動画生配信で「女優復帰」言及せず…気になる今後と「多部未華子=救世主」説
 片瀬那奈(40)が、本格復帰に向けて有名俳優や女優が所属する大手事務所に所属することが複数のメディアで報じられた。 ...
2022-08-13 17:03 エンタメ
親日家だったオリビア・ニュートン・ジョンさんの「プロ魂」 福島公演では復興祈る
 中高年世代が胸を焦がした青春スターがまたひとり、逝ってしまった。オリビア・ニュートン・ジョンさんが米カリフォルニア州に...
2022-08-13 17:03 エンタメ
蒼井優&山里亮太に第1子誕生 芸能界きっての“おしどり夫婦”の秘訣は「母の教え」
 タレント山里亮太(45)、女優の蒼井優(36)夫妻に第1子となる女児が誕生し、祝福の声が相次いでいる。ラジオで発表した...
2022-08-13 17:03 エンタメ
八月納涼歌舞伎「東海道中膝栗毛 弥次喜多流離譚」は派手さとばかばかしさで暑気払いに正解
 コロナ禍で先月までは3分の2くらいしか観客を入れていなかったが、今月からほぼ全席を売るようになった。2年前の公演再開の...
2022-08-13 17:03 エンタメ