旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

更新日:2022-08-06 17:03
投稿日:2022-08-06 17:00
「ミヤネ屋」のMC、宮根誠司(C)日刊ゲンダイ
「ミヤネ屋」のMC、宮根誠司(C)日刊ゲンダイ

 テレビのワイドショーが連日、旧統一教会問題について鋭く切り込んでいる。「ミヤネ屋」(日本テレビ系)ではMCの宮根誠司が政治との関わりについて臆することなく発言して注目を集め、「ゴゴスマ」(TBS系)では石井亮次アナも感情をあらわにしながら問題を追及。視聴率も好調だという。

「番組が競い合うように独自取材を行うなんて久しぶりですよ。近年は文春砲だけでなく映像素材まで週刊誌ネタに依拠しすぎていて、スタジオトークに慣れていましたから」というのはワイドショー歴30年のベテランディレクター。ワイドショーが活況を呈するのは久しぶりのことだが、「統一教会問題については我々には蓄積があった」とこう続ける。

「ワイドショー全盛期の1990年代は統一教会の合同結婚式のときも現地まで飛んで取材合戦を繰り広げたものです。当時のスタッフはまだ元気ですし、過去の映像素材はふんだんにある。この問題に関してはスポンサーに遠慮することなく存分に問題を追及できる環境にあるのです」と腕を撫した。

 ベテラン芸能記者の青山佳裕氏が振り返るのは92年夏。桜田淳子が統一教会の合同結婚式に参加し、ワイドショーだけでなく、新聞や週刊誌、女性誌が報道合戦を繰り広げた頃のことだ。炎天下のソウル五輪スタジアムで、当時34歳の桜田は純白のウエディングドレスで2万組超のカップルに加わり、頬に手を当てて、目を細めていたという。式の後半には中曽根康弘元首相からの祝辞も紹介された。

1992年夏の合同結婚式で繰り広げられた取材合戦

1992年6月、(旧)統一教会合同結婚式参加の記者会見を開いた歌手の桜田淳子(C)日刊ゲンダイ
1992年6月、(旧)統一教会合同結婚式参加の記者会見を開いた歌手の桜田淳子(C)日刊ゲンダイ

「教祖が相手を決める結婚式って、一体なんなんだって。初夜から3日間の『性の儀式』では、棒でお尻を思いきり叩くそうだぞと、そんな下世話な興味から始まったように思います。とてもいびつなものを感じつつ、でも、何がどうなっているのか、全体像は見えない。桜田淳子がどうしてそこへ入信していったのか、誰も分からないまま、追いかけていた印象があります」

 こぞってその様子を日本のお茶の間に伝えたワイドショーは今また、現「世界平和統一家庭連合」報道を再開。ワイドショーには全国霊感商法対策弁護士連絡会の紀藤正樹氏(61)、元参院議員のジャーナリスト有田芳生氏(70)らが出演。有田氏は合同結婚式後の95年、警察関係者から「統一教会の摘発」を聞いたとし、さらに10年後、一向に動きのない状況を聞くと、こんな答えが返ってきたことを明らかにした。

「一言ですよ、政治の力って。圧力」

 旧統一教会と日本の政治家との関係はズブズブだ。故安倍晋三氏が2021年に「朝鮮半島の平和的統一に向けて努力されてきた韓鶴子総裁をはじめ、皆さまに敬意を表します」などとビデオメッセージを送っていたことも明らかに。さらに安倍氏は選挙の際に統一教会が持つ票の振り分けにも権限を発揮。また統一教会の名称変更にも政治の力が作用したとワイドショーは伝えている。

 日本社会にすでに広く深く根を張っていたカルト宗教の闇。近年はすっかり牙を抜かれ、不要論まで飛び交っていたワイドショーが本領発揮である。

エンタメ 新着一覧


ワンオクTakaとガーシーのコラボは“友情の証”? ファンからは「ついていけない」の声
《どんな人と友達でも自由だけど、公でのコラボはファン的には複雑》 《誰を友人とするかは個人の自由だから好きにすればいい...
2022-08-15 07:08 エンタメ
桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ
【シリーズ「光と影のアイドル群像」】桜田淳子  松田聖子や郷ひろみのように、いまなお熱い声援を浴び続けるスターはほんの...
2022-08-14 17:03 エンタメ
高橋一生の“共演者キラー”健在なり 今度は飯豊まりえと熱愛報道、過去にも次々ウワサに
 衝撃のニュースが飛び込んできた。5日発売の「FRIDAY」が飯豊まりえ(24)と高橋一生(41)の熱愛を報じたのだ。 ...
2022-08-14 17:03 エンタメ
隅田川花火3年連続中止の影響か…テレ東中継チームの質低下が心配だ
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  猛暑で少し歩いただけでも息が苦しい。マスクをしなければ、まだましなのに……。 ...
2022-08-14 17:03 エンタメ
IMALUは東京と奄美大島の“二拠点生活” 環境問題に取り組むモチベーションは「結婚」か
 お笑いタレントの明石家さんま(67)と女優の大竹しのぶ(65)の長女で、2世タレントの代名詞でもあるタレントのIMAL...
2022-08-14 17:03 エンタメ
主役を気取らず常に仲間の良さを引き出す 麒麟・川島は生粋の司会者
【今週グサッときた名言珍言】 「さんまさんとか紳助さんの番組見て、こんな緊張感与える番組、あかんと思って『ラヴィット!...
2022-08-14 17:03 エンタメ
NHK紅白を打ち切りから救う歌手は松田聖子か中森明菜か…視聴率30%が“デッドライン”
 例年、お盆休みを過ぎると、渋谷区のNHK神南界隈は、にわかに慌ただしさを増してくる。  局の看板番組「紅白歌合戦」が...
2022-08-14 17:03 エンタメ
「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い
【皇室のトリビア】#79 「今のところ悠仁さまは筑波大付属高校へ普通に通っているし、特に目立った変化はありませんね。た...
2022-08-14 17:03 エンタメ
水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏
 生放送のワイドショーや情報番組などのキャスター・アナウンサーに新型コロナ感染が広がり、“欠席”が相次いでいる。日本テレ...
2022-08-14 17:03 エンタメ
ビートたけしの寂しすぎる最晩年に思うこと…「フライデー」編集長時代の思い出
【週刊誌からみた「ニッポンの後退」】  私はビートたけし(75)という芸人が嫌いだ。  この男の顔がテレビに映ると即...
2022-08-14 17:03 エンタメ
怯むな!町田啓太「テッパチ!」防衛省協力でもイケパラ風味
 水曜日は「テッパチ!」の日。イケメン好きなら覚えておいて損はありません。私も町田啓太お目当てで見始めましたが、これは令...
柴咲コウ「女優」に収まらないビジネス眼 2拠点暮らしの仕事ぶりは芸能人の最先端
 女優の柴咲コウ(41)が10日、都内で行われた「マムート160周年記念プロジェクト」に登場した。 「山の日特別授業─...
2022-08-13 17:03 エンタメ
片瀬那奈は動画生配信で「女優復帰」言及せず…気になる今後と「多部未華子=救世主」説
 片瀬那奈(40)が、本格復帰に向けて有名俳優や女優が所属する大手事務所に所属することが複数のメディアで報じられた。 ...
2022-08-13 17:03 エンタメ
親日家だったオリビア・ニュートン・ジョンさんの「プロ魂」 福島公演では復興祈る
 中高年世代が胸を焦がした青春スターがまたひとり、逝ってしまった。オリビア・ニュートン・ジョンさんが米カリフォルニア州に...
2022-08-13 17:03 エンタメ
蒼井優&山里亮太に第1子誕生 芸能界きっての“おしどり夫婦”の秘訣は「母の教え」
 タレント山里亮太(45)、女優の蒼井優(36)夫妻に第1子となる女児が誕生し、祝福の声が相次いでいる。ラジオで発表した...
2022-08-13 17:03 エンタメ
八月納涼歌舞伎「東海道中膝栗毛 弥次喜多流離譚」は派手さとばかばかしさで暑気払いに正解
 コロナ禍で先月までは3分の2くらいしか観客を入れていなかったが、今月からほぼ全席を売るようになった。2年前の公演再開の...
2022-08-13 17:03 エンタメ