横山剣インタビュー「『樹影』は再スタート、“シン・クレイジーケンバンド”の気持ちです」

更新日:2022-08-06 17:03
投稿日:2022-08-06 17:00
横山剣さん(C)日刊ゲンダイ
横山剣さん(C)日刊ゲンダイ

 結成25周年を迎えて、通算22枚目のアルバム「樹影」をリリースした“東洋一のサウンド・マシーン”クレイジーケンバンド。CD1枚が持つキャパシティーいっぱいの全18曲。ボーカリストの横山剣(62)は「今回も、考える間もなくどんどんメロディーが生まれてきちゃいました」と話す。

■旅から横浜に帰ると、音楽が生まれます。

 ──剣さんは、脳内で次々と曲が生まれてくる体質とうかがっています。

 僕は7月生まれですけれど、その誕生月、梅雨の終わり、アジサイが咲き、ウグイスが泣き始める蒸し蒸しした季節になると、セクシーな、エロチックな音楽が脳のなかで鳴り始めますね。

 ──自然に音が生まれる。

 クルマを運転していたり、菜園にいるときもメロディーは生まれます。もちろん、プチトマトやスイカの音楽ができるわけではありませんけれど。たいがいは何かをやっているときです。あとは、旅から横浜に帰ると、音楽が生まれます。旅先で脳が刺激されて、活性化するのでしょう。かつての「タイガー&ドラゴン」は、運転していたらメロディーも歌詞も脳内で鳴り始めました。あの歌詞は目の前の景色のままですけれど。トンネルを抜けたら海が見えて、三笠公園があって。

 ──アルバム「樹影」のなかの曲は、どのように生まれたのでしょう。

「おじさん」という曲は、かつて近所の公園で見かけたオジサンをモチーフにしています。そのころ、女子高生が来ると、コートをバーン! と広げてチ○チ○を見せるオジサンがいましてね。僕が公園で見かけたオジサンもそちら系だと思って近づいたら、本気で泣いていたんです。失恋したのか、夫婦げんかで負けたのか。その思い出のシーンからメロディーが浮かびました。「ワイキキの夜」はコカ・コーラのCMの撮影でハワイへ行ったときの体験から生まれました。

 ──モデルの女性に、頬にキスされて、「イイネ!」と2人でポーズを決めるCMですね。

 あのモデルさんは、ルーマニア人だったかな、ヘビーな生活を経験してきたタフな女性でしてね。それでも、とても明るかった。「Never give up!」と励ましました。その言葉忘れない、って言ってくれて。現地スタッフもみんな親切で、あのときの思い出が音楽になりました。僕の住む横浜の本牧に「ブギーカフェ」というアメリカンダイナーがあって、そこの「本牧チャウメン」というハワイ風の焼きそばが好きでしてね。桜エビが香ばしくて、最高においしい。本牧チャウメンを食べると、今もコーラの撮影で訪れたオアフ島のチャイナタウンを思い出します。

■「樹影」は10代の頃に通った近所の喫茶店

 ──アルバムタイトル曲の「樹影」も何かがモチーフになっていますか。

 10代のころは作曲家を志していたんですよ。でも、誰も歌ってくれないだろうなあ、だったら自分で歌うしかないなあ、と。当時、ガソリンスタンドで働いていて、昼休みには近所の喫茶店で曲を書いたり、デビューしたときのためにキャッチコピーを考えたり。そのお店が「樹影」でした。

 ──「樹影」は2テイク収録されていますね。

 ちょっとフレンチやイタリアンな感じでね。子どものころにテレビでよく「水曜ロードショー」を見ていて、ミシェル・ルグランやフランシス・レイが大好きだったんですよ。2曲目の「㐧二樹影 -eye catch-」のトランペットはニニ・ロッソみたいでしょ。

 ──話をうかがうと、どんどん曲ができてしまうことがよくわかります。

 20曲以上が多いCKBとしては、やや少なめの18曲ですが、たくさん作ったなかから選曲するのはいつも大変な作業です。でも、コロナで煮詰まっちゃった時期もありましてね。去年は製作を休んでカバーアルバムを作り、この「樹影」で再スタートした感じです。

メンバーの努力が実り“ついにアタリが来た!”という気分

クレイジーケンバンドのニューアルバム「樹影」(Universal Music)
クレイジーケンバンドのニューアルバム「樹影」(Universal Music)

 “東洋一のサウンド・マシーン”クレイジーケンバンドの22枚目のアルバム「樹影」がリリースされた。バンドの本拠地は横浜。本牧のレストラン「イタリアンガーデン」で結成され、メンバーの多くが横浜在住だ。

 ◇  ◇  ◇

 ──「樹影」のリズムは重く、グルーブもカッコイイです。

 僕はいつもアルバムの収録曲の倍くらい新曲ができちゃいます。でも、数年前にちょっと煮詰まっちゃいましてね。曲作りを休みました。それで、かねてやりたかったカバー集をリリースしました。コロナ禍だったので、近所のカラオケ店で一人カラオケで練習しました。「樹影」は再スタートというか、今はやりのカタカナの“シン”をつけた“シン・クレイジーケンバンド”の気持ちです。ドラムスもベースも、いいでしょ。フェンダーのジャズベースに代えて、演奏のラインがわかりやすくなりました。ギターもキーボードも、楽器の音が全部抜けてきました。メンバーの努力が実り“ついにアタリが来た!”という気分です。コーラスのAyeshaも4年目で、バンドになじんできました。

 ──作曲にParkというクレジットがあります。

 Park君は以前から手伝ってくれていたベーシスト、アレンジャーで、今回は、かなり濃く参加してくれています。僕の頭の中で鳴ってもうまく音にできないもどかしさが、ずっとありましてね。わかりますか? トイレでしゃがんで、うんちが出そうでなかなか出ない。あんな感覚です。それがPark君によって解消されました。彼が僕の中の音を具現化してくれるんです。それで、メンバーとの音のコミュニケーションがかなりよくなりましたね。

 ──クレイジーケンバンドの音には、やはり横浜の香りがあります。

 曲の多くが本牧で生まれているからでしょうね。本牧の磁場が音に刷り込まれているんじゃないかな。でも、レコーディングは東京のスタジオです。ちょっとプラシーボ効果もあるんでしょうね。グランドキャニオンへ行ったときに、お土産屋さんで「Grand Canyon」というロゴの描かれた鹿の貯金箱を買ったんですよ。これはアメリカンだ! と感じましてね。ところが、日本に帰ってからよく見ると、「Made in JAPAN」って書かれていました。あれに近い気がします。僕たちは“Sound of Yokohama Yokosuka”とうたっていますが、録音は実は東京です。

■年をとってもカッコよくいられる秘訣とは?

 ──ところで、剣さんはいつもとてもおしゃれです。最近はシルエットもすっきりしましたね。

 週に一度、加圧トレーニングを始めました。確かに頬はすっきりしましたが、腹をもう少しへこませたいんですよ。何がいけないかは自分でわかっています。加圧の後スタバへ行って、コーヒーフラペチーノにシロップをたっぷり入れて飲んでしまうんです。

 ──お腹もまったく目立ちませんが。

 意識的に胸は鍛えています。胸が大きくなると、バランス的に腹がへこんだように見えるんですよ。

 ──なるほど。ほかに、60代になってもずっとカッコよくいられるポイントがあれば、教えていただけますか。

 うまくいっているかはわかりませんが、自分がカッコいいと感じている人の真似をしています。

 ──どなたですか?

 勝新太郎さん、矢沢永吉さん、山下達郎さん、谷原章介さんです。

 ──4人の方はまったくタイプが違いますね。

 はい。まったく違う4人と自分が混ざると、それが個性になる、という狙いです。勝新太郎さんが、真似ると学ぶを合わせてよく“まねぶ”と言っていましたが、真似ているうちにそれが本物になるのではないか、とね。楽曲のカバーもそうでしょ。ほかのシンガーの持ち歌でも、歌い続けていると自分のオリジナルに近づいていきます。

 ──いかがですか、うまくいっていますか?

 まだわかりません。でも、4人の方になり切るようにしています。横浜に、本牧山頂公園という、海と工業地帯と高速道路が見下ろせる丘があるんですよ。そこで僕はつぶやいています。オレもついにここまで上り詰めたか、と。実際には上り詰めていませんが、そこは、なり切ります。

(取材・文=神舘和典)

エンタメ 新着一覧


桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ
【シリーズ「光と影のアイドル群像」】桜田淳子  松田聖子や郷ひろみのように、いまなお熱い声援を浴び続けるスターはほんの...
2022-08-14 17:03 エンタメ
高橋一生の“共演者キラー”健在なり 今度は飯豊まりえと熱愛報道、過去にも次々ウワサに
 衝撃のニュースが飛び込んできた。5日発売の「FRIDAY」が飯豊まりえ(24)と高橋一生(41)の熱愛を報じたのだ。 ...
2022-08-14 17:03 エンタメ
隅田川花火3年連続中止の影響か…テレ東中継チームの質低下が心配だ
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  猛暑で少し歩いただけでも息が苦しい。マスクをしなければ、まだましなのに……。 ...
2022-08-14 17:03 エンタメ
IMALUは東京と奄美大島の“二拠点生活” 環境問題に取り組むモチベーションは「結婚」か
 お笑いタレントの明石家さんま(67)と女優の大竹しのぶ(65)の長女で、2世タレントの代名詞でもあるタレントのIMAL...
2022-08-14 17:03 エンタメ
主役を気取らず常に仲間の良さを引き出す 麒麟・川島は生粋の司会者
【今週グサッときた名言珍言】 「さんまさんとか紳助さんの番組見て、こんな緊張感与える番組、あかんと思って『ラヴィット!...
2022-08-14 17:03 エンタメ
NHK紅白を打ち切りから救う歌手は松田聖子か中森明菜か…視聴率30%が“デッドライン”
 例年、お盆休みを過ぎると、渋谷区のNHK神南界隈は、にわかに慌ただしさを増してくる。  局の看板番組「紅白歌合戦」が...
2022-08-14 17:03 エンタメ
「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い
【皇室のトリビア】#79 「今のところ悠仁さまは筑波大付属高校へ普通に通っているし、特に目立った変化はありませんね。た...
2022-08-14 17:03 エンタメ
水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏
 生放送のワイドショーや情報番組などのキャスター・アナウンサーに新型コロナ感染が広がり、“欠席”が相次いでいる。日本テレ...
2022-08-14 17:03 エンタメ
ビートたけしの寂しすぎる最晩年に思うこと…「フライデー」編集長時代の思い出
【週刊誌からみた「ニッポンの後退」】  私はビートたけし(75)という芸人が嫌いだ。  この男の顔がテレビに映ると即...
2022-08-14 17:03 エンタメ
怯むな!町田啓太「テッパチ!」防衛省協力でもイケパラ風味
 水曜日は「テッパチ!」の日。イケメン好きなら覚えておいて損はありません。私も町田啓太お目当てで見始めましたが、これは令...
柴咲コウ「女優」に収まらないビジネス眼 2拠点暮らしの仕事ぶりは芸能人の最先端
 女優の柴咲コウ(41)が10日、都内で行われた「マムート160周年記念プロジェクト」に登場した。 「山の日特別授業─...
2022-08-13 17:03 エンタメ
片瀬那奈は動画生配信で「女優復帰」言及せず…気になる今後と「多部未華子=救世主」説
 片瀬那奈(40)が、本格復帰に向けて有名俳優や女優が所属する大手事務所に所属することが複数のメディアで報じられた。 ...
2022-08-13 17:03 エンタメ
親日家だったオリビア・ニュートン・ジョンさんの「プロ魂」 福島公演では復興祈る
 中高年世代が胸を焦がした青春スターがまたひとり、逝ってしまった。オリビア・ニュートン・ジョンさんが米カリフォルニア州に...
2022-08-13 17:03 エンタメ
蒼井優&山里亮太に第1子誕生 芸能界きっての“おしどり夫婦”の秘訣は「母の教え」
 タレント山里亮太(45)、女優の蒼井優(36)夫妻に第1子となる女児が誕生し、祝福の声が相次いでいる。ラジオで発表した...
2022-08-13 17:03 エンタメ
八月納涼歌舞伎「東海道中膝栗毛 弥次喜多流離譚」は派手さとばかばかしさで暑気払いに正解
 コロナ禍で先月までは3分の2くらいしか観客を入れていなかったが、今月からほぼ全席を売るようになった。2年前の公演再開の...
2022-08-13 17:03 エンタメ
小倉優子が選んだ「きれいな別れ方」 唯一無二“バツ2ママタレ”として返り咲く日
城下尊之【芸能界ぶっちゃけトーク】  タレントの小倉優子(38)が先日、正式に離婚したことを発表した。小倉はバツ2とな...
2022-08-13 17:03 エンタメ