嵐・二宮和也&伊藤綾子 “令和婚Xデー”と浮上した仲人の名前

更新日:2019-05-05 19:53
投稿日:2019-05-05 19:48
伊藤綾子(C)日刊ゲンダイ
伊藤綾子(C)日刊ゲンダイ

 2020年12月31日をもって活動を休止する「嵐」。ファンが最も注目するのが活動休止後のメンバーの“ファーストリアクション”だろう。

 中でも、「結婚を認めてもらえないなら事務所を辞めてもいい!」とタンカを切ったとされる二宮和也(35)は、早い段階で何らかの行動に出るのではないかと芸能マスコミの間で囁かれている。

 以前、「週刊文春」が二宮の恋人の伊藤綾子(38)が昔の仕事仲間に「20年までに結婚できそう……」と漏らしたと報じたが、二宮のスケジュールを見る限り、あまり現実的ではない。関係筋から改めて漏れてくるのは“活動休止後に一段落した彼女の誕生日(12月23日)ではないか”という見立てだ。

「伊藤は、交際直後から自分の年齢のことを気にかけていました。出産などのことも念頭にあったのではないでしょうか。ただ、入籍日は自分の誕生日がいいというのが彼女の希望のようです」

 この関係筋の推測が実現するとしたら、2人の入籍は21年の12月23日となる。しかも、二宮の周辺からは「2人が本当に結婚するとなれば、仲人をキムタクに依頼するのではないか」といった具体的な情報まで囁かれ始めた。

 二宮と木村拓哉は嵐とSMAPのメンバーということでほとんど交流がなかったが、昨年の大ヒット映画「検察側の罪人」で共演。先輩後輩の検事役を演じて一気に関係を深めたという。撮影現場はもちろん、プロモーション現場でも熱く語り合う姿が目撃された。

 昨年は、二宮が日本酒を持参してキムタク邸をお忍び訪問する姿も一部女性誌に報道された。別の関係者によれば、これは二宮の“結婚相談”が目的だったという。

 二宮は11歳年上のジャニーズ事務所の大先輩に「どうすれば円満に結婚できますか」と教えを請うたそうだ。かつて工藤静香と“強行突破”で結婚した木村は、自らの経験を踏まえながら、親身になって二宮の相談に乗ってあげたといわれている。余談だが、この突然の二宮の訪問に、一番喜んでいたのは、実は次女のKoki,だったらしい。

 事務所内で“上下関係”を非常に大切にするといわれる二宮が、一生に一度の晴れ舞台の介添人にキムタクを指名したとしても不思議はないというのが現時点での筆者の分析だ。

「ラジオでも漏らしていましたが、最近、二宮は頻繁に友人や後輩のタレントを自宅に招いて食事会を開催しています。それを接待するのが伊藤の仕事で、彼女はこの数年でかなり料理の腕を上げたといいます。後輩たちの間では、彼女の料理がちょっとした評判になっているそうです」(芸能関係者)

 交際から5年。キムタクの強力援護を受けた二宮は、ゴールに向けて突き進みそうだ。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

エンタメ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM