開運花師が解説します ピンクのバラを恋愛お助けアイテムに

斑目茂美 開運花師
更新日:2019-05-25 06:00
投稿日:2019-05-25 06:00
 はじめまして。あなたを幸せに導く一番簡単で手軽な開運アイテム「花」を分かりやすく解説させていただきます、ワタクシ、開運花師・斑目茂美と申します。
 毎日を笑顔で過ごせる極意をワタクシの武器である「花」で皆様を導くべく、我が開運花屋猫店長「さぶちゃん」と共に、時には開運アイテム「花」に吸い寄せられてやってくる悩ましくも可笑しなお客様のご紹介もしながら、道案内をさせていただきたく存じます。

みんな大好き「バラ」のお話

今回のお花はバラ(C)斑目茂美
今回のお花はバラ (C)斑目茂美

 さて、「花」がなぜ開運アイテムか……?

 風水においても生き物である「花」は格別。

 生きた花は「生気」という気を生み出しており、周りの気を活性化して良くする効果があるのです。どんな花でもOK。正直、道端にかわいらしく咲いているタンポポを見ただけでも元気が出るってもんでございます。

 家や職場、etc..…。どんな場所でも、たった1本の花があるだけで運気UPに繋がります。とはいえ、「なりたい自分」になるためにはどんな花をチョイスするのか。さらに効果的に飾るには?

 知りたいですよね~~。

 今回は、みんな大好き「バラ」についてお話したいと思います。

愛と美の花「バラ」はエネルギーの塊!

バラの花言葉のキーワードは「愛」(写真:iStock)
バラの花言葉のキーワードは「愛」 (写真:iStock)

 バラの持つ「気」は広範囲にとても強い「愛」や「みなぎる力」のエネルギーをあなたに与えます。たとえ一本でもその効果は絶大!

 色や本数によって変わる多くのバラの花言葉のキーワードは「愛」です。

 美しい地上のバラは愛と美の女神「アフロディーテ」とともにこの世に誕生したと言われています。(そもそもアフロディーテ自体、鎌でたたっ切られた男性自身が海に投げ捨てられて、そこから出てきた泡から生まれたというのですから、別な意味でも「みなぎる力」に間違いござんせん)

 バラの絶大エネルギーは、色によっても花の持つ「気」のエネルギーが変わってきます。目的別に、その日飾る花の色を選んでみるのもいいかもしれませんね。

恋愛と結婚…助けて!ピンクローズ!

寝室にピンクのバラを飾って恋愛運アップ(C)斑目茂美
寝室にピンクのバラを飾って恋愛運アップ (C)斑目茂美

 ピンクのバラは「愛情」のエネルギーを周囲に放ちまくります。このみなぎる「愛情」エネルギーを一体なんに使ってくれようか!

 開運花師としては、やはり恋愛のお助けアイテムとして利用されることをオススメいたします。

 素敵な恋愛をしたい方、幸せな結婚をしたい方は、このピンクバラのラブエネルギーを取り入れてください!

 オススメは……

 白い陶器で寝室に飾りましょう。ガラスの花瓶も恋愛運アップには効果があります。プラスチックはNG。ペットボトルなんてもってのほかでござんす(笑)。

 たった1本でも大丈夫。ただし、必ず生花であること!ここがポイント。短く切れば、しおれる心配も軽減されて、なお良し!!

 できれば器の下に何か敷く事もオススメします。コースターでも布でもなんでも。せっかくの運気が下に流れてしまうので、もったいないですよ。

 そしてもし余裕があったなら、ローズゼラニウムもグリーン代わりに一枝そえてもよいかも。ローズにも似た芳しい香りを寝ている間に取り込むことで、女性ホルモンの分泌を調整してくれる効果もあり、お肌もツヤツヤになるかもしれませんよ。

 眠っている間に女性ホルモンをバンバン出して、どうぞ夢の中で悶絶してください。

 ピンクバラの持つラブパワーを借りて、愛情運をアップしてください!!

 遠いお空の向こうから、ご健闘をお祈り致しますよ~~。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 きょうは、二足歩行しそうなにゃんたまωにロックオン♪  独特の巻き毛の遺伝子を持つ、珍しいにゃんたま君。 ...
FILM
 親になってからのクリスマスって、これまでと違ったワクワクがありますよね。その一番の理由は、愛しい我が子にとっての“サン...
FILM
 社会人ともなると、泣くに泣けなくなるのが一般的。でも、時々いますよね、泣く女性。なぜ、彼女たちは泣いてしまうのでしょう...
FILM
 企業に勤めていてもフリーランスでも、夜職の女性も専業主婦も、「今から10年後の私は……?」と不安や迷いをおぼえる瞬間が...
FILM
 寒くなってくるこの時期は、お風呂が気持ちいい時期でもありますよね。しかし、この入浴が“命取り”になる可能性があることを...
FILM
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー2年生です(進級しました!)。がん告知はひと...
FILM
 ホストクラブでは恒例の光景となっているシャンパンコール。高額のシャンパンを入れたお客様を店内のホストが取り囲んで威勢の...
FILM
「気になる人がいるんだけど、どう距離を詰めればいいかわからない」  そんな時は迷うことなく、自分から攻めるのが一番!…...
FILM
 きょうは茶トラ3兄弟の憩いの場所にお邪魔しました。  気持ちよさそうにくつろぐ姿にほっこり♪  注目すべき...
FILM
 日本は不妊治療の件数は世界一なのに、体外受精で赤ちゃんが産まれる確率は最下位。そんな状況を変えるために、ミレニアル世代...
FILM
 NYのセレブたちがこぞって実践している「ヘルスリテラシー」という考え方があります。自らが現地で本概念を学び、最強のパフ...
FILM
 巷はそろそろ年末に向かって慌ただしくなって参りました。  年末はお花屋さんにとってはまさに早朝から深夜まで忙しく...
FILM
 大人になるにつれて仕事が忙しくなりますよね。仕事が忙しいと休日に昼前まで寝てしまったり、倦怠感を理由に起きてからもダラ...
FILM
「結婚すると、地味になるよね」――。そんな風に言う人はたくさんいます。男性に限らず、結婚せずに働き続ける女性もそう言うか...
FILM
 NYのセレブたちがこぞって実践している「ヘルスリテラシー」という考え方があります。自らが現地で本概念を学び、最強のパフ...
FILM
 にゃんたマニアのみなさまこんにちは。  きょうは神社の境内で行き倒れのにゃんたまωにロックオン!  微動だ...