杏&仲間由紀恵がドラマで急接近 “双子ママの悩み”を共有か

更新日:2019-06-02 02:52
投稿日:2019-06-01 17:50
仲間由紀恵(左)と杏(C)日刊ゲンダイ
仲間由紀恵(左)と杏(C)日刊ゲンダイ

 7月スタートの連続ドラマ「偽装不倫」(日本テレビ系)で女優の杏(33)と仲間由紀恵(39)が初共演する。主演の杏が演じるのは彼氏ナシの32歳独身女性。一人旅に出かけた飛行機の中で年下のイケメンと出会い“既婚者”と嘘をつくことで始まる恋愛ドラマだ。

 杏が連ドラに出演するのは4年半ぶり、仲間も約1年半ぶりのドラマ復帰となる。先日、川崎市にある生田スタジオで収録が始まったが、撮影現場は非常に明るい雰囲気だという。

 杏と仲間はともに“双子ママ”。杏は夫・東出昌大(31)との間に16年5月に双子の女児を出産し、17年11月にも長男を出産した。仲間も夫・田中哲司(53)との間に昨年6月、双子の男児を出産。つまり女優としては仲間が杏の先輩だが、双子の母親としては後輩にあたる。仲間は「偽装不倫」の出演が決まった直後、知人に「せっかくの機会だから杏さんにいろいろアドバイスをいただきたい!」と漏らしたという。

「双子育児の大変さはハンパじゃありません。外出時に大きなベビーカーをひとりで押して回るのも当たり前。2人同時に風邪でもひいたら“事件”です。つらくて泣く子を集中的にケアすることができず、2人とも永遠に泣いているなんてこともある。不安や愚痴を言い出したらキリがありません」(2歳児の双子がいる40代の母親)

 実際3人の子供の母親になった杏は、少し前まで慢性的な睡眠不足に悩んでいたという。

「“育児は夫婦の共同作業”というのが杏のポリシーだそうです。子供たちを入浴させる時は、東出がまず1人目を入れ、カラダを洗ったら杏に渡す。その子を杏が拭いている間に、東出が2人目をお風呂に入れる……といった手順で育児にあたっているそうです」(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄氏)

 何となくほのぼのとした光景が目に浮かぶが、これが食事、散歩、睡眠……と、途切れることなく毎日続くわけだから、双子育児が途方もない作業であることが分かる。

 仲間の方も夫の田中が積極的に育児をサポートしているらしいが、それでも気苦労が絶えないのだろう。増加傾向にあるとはいえ、双子が子供全体の中に占める割合は少ない。誰かにアドバイスを求めたくなる気持ちも理解できる。

「仲間は本来なら、もう少し育児に専念したかったようですが、“あまりテレビ画面から遠ざかりたくない!”という気持ちもあり、比較的早い段階での仕事復帰を決断したようです。ただ、子供と一時的に離れて仕事に集中することで、いい意味でスイッチを切り替えられるプラス面もあるはずです」(芋澤貞雄氏)

 ドラマは不倫がテーマでドロドロとした展開になるそうだが、楽屋からは双子ママの笑い声が聞こえてきそうだ。

エンタメ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM