大下容子アナはテーマやコメンテーターとの距離感がいい

更新日:2019-06-11 18:39
投稿日:2019-06-11 18:24
熟練のワザ(C)日刊ゲンダイ
熟練のワザ(C)日刊ゲンダイ

【MCコメンテーターの診断書】

 大下容子アナ(テレビ朝日)

 ◇  ◇  ◇

 川崎市の児童と保護者らの殺傷事件に続き、元農水省次官による長男殺害事件が発生し、引きこもりと事件の関連性が報じられている。とくにテレビは専門家を招くなど連日取り上げ、「自分の命を絶てばいいじゃないですか」と強調したMCも現れた。テレビの影響力や公共性を考えない軽はずみな発言である。

 その中で2つの事件について専門家やコメンテーターの力を借りながら多角的かつ深掘りしようと努めているのがテレビ朝日系「大下容子ワイド!スクランブル」だ。先月31日は中高年の引きこもりの支援に当たってきた専門家が「40歳くらいになると、もう仕事に就けない」と思う一方で、「自宅に安住できる気持ちも出てくる」と解説したのに対し、大下は「落ち込んだ時に引きこもることもあるのだろうか」と非常に基本的な疑問を投げかけた。

 続いて「アメリカにも引きこもりの人はいるが、日本独特のもの」(デーブ・スペクター)、「一つ一つのケースを丁寧に見た上でこの言葉を使っていくべき」(柳沢秀夫)などの声が相次いだ。

 4日は貧困者などを支援するNPO「ほっとプラス」代表理事の藤田孝典らがゲスト出演。大下はここでも「引きこもりという言葉の使い方を藤田さんはどうご覧になっていますか」と基本的な質問を繰り返した。「『あなたは引きこもりです』と川崎市は書いているわけです。これは正しかったのか」と返した藤田に大下は「もう一度検証すべきとのお話でした」と受け止めた。大下の丁寧に議論と検証を進める姿勢が垣間見えた瞬間だ。

 20年以上、男性MCのサポートをしてきて4月から番組に自らの冠が付いた。テーマやコメンテーターとの適度な距離感は蓄積から生まれたものだろう。

■診断結果は…【良】

(小田桐誠/立教大学・武蔵大学非常勤講師)

エンタメ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM