表紙週刊誌が完売 新生イケメン横浜流星は“ギャップ萌え”

更新日:2019-06-12 17:03
投稿日:2019-06-12 17:00
横浜流星が表紙を飾った「an・an」は完売(マガジンハウス)
横浜流星が表紙を飾った「an・an」は完売(マガジンハウス)

 横浜流星(22)が表紙の「an・an」(マガジンハウス)が完売し、話題になっている。ネット上では「美形なのにシックスパックの腹筋にギャップ萌え」などと言われ、店頭発売前日にネット分は完売、5日に店頭発売されると完売店が続出。現在、書店注文が相次ぎ、版元では在庫ゼロ。「週刊なので重版するかどうかは未定」(宣伝担当)だという。人気俳優なので、それなりに部数はいつもより多く積んでいたというが、それをも上回る人気である。

 横浜は、1月に放映された深田恭子主演の「初めて恋をした日に読む話(通称・ハジ恋)」(TBS系)で、深田演じる塾講師に恋するピンクの髪がトレードマークの不良高校生・ユリユリ役でブレーク。先月20日に発表された「ViVi」(講談社)の「国宝級イケメンランキング」では、ノーマークからいきなり2位。デビューは13歳で、戦隊ヒーローを経て、「兄友」「虹色デイズ」など胸キュン映画で主演をつとめる実力派だが、突如“流星級”のブレークを果たした。コラムニストの桧山珠美氏がこう分析する。

「戦隊モノなど一部には人気でしたが、『ハジ恋』で一般女性の目にふれたことが大きかったといえます。彼は、最初から事務所のみこしに担がれたアイドルとは異なる“掘り出し物感”があったこと、極真空手で鍛えた男らしい肉体など、最近のイケメンにはない新鮮味のある逸材。さらにドラマの役どころで中年女性の心をワシ掴みにしました」

 新生イケメンに注目だ。

エンタメ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM