木村拓哉ソロデビュー浮上の背景 鍵を握るは物申せる妻・静香

更新日:2019-06-25 17:03
投稿日:2019-06-25 17:00
ジャニーズ事務所(C)日刊ゲンダイ
ジャニーズ事務所(C)日刊ゲンダイ

 元SMAPの木村拓哉(46)主演の「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の続編が来年4月に放送が決定したと話題になっている。同作は、昨年1月に放映し、木村の元妻役に山口智子(54)という「ロンバケ」コンビ復活もあり、視聴率も上々だった。そんな木村に浮上しているのが“ソロデビュー”だという。

 木村は10月からTBS系の日曜劇場、来年正月のフジテレビ開局60周年特別企画ドラマ「教場」も決定し、俳優業は順調。そこでSMAP時代からのレーベルであるビクターエンタテインメントからソロデビューの話が持ち上がっていると一部女性誌で報じられたのだ。10月のドラマで主題歌を歌うという案もあったが調整がつかず、来春の「BG」が濃厚だという。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「ジャニーズ事務所の大看板・キムタクがソロデビューとあらば、どんな声で、何を歌うのか注目されるし、話題性に事欠かない。成功すればソロで売り出すという新たなビジネスモデルになり、停滞したグループに所属する後輩たちのモチベーションも上げられるはずです。ファンは5人全員でSMAPと認識していますし、購買層は厚いですから、1枚目が売れるのは確実。でも今年、役者として地盤固めをして、SMAP解散のほとぼりが冷めたところで、満を持してのほうが今後のソロ歌手としてのポジションを築きやすい。来春の方が妥当でしょう」 実は10月ソロデビューの調整ができなかったウラには、妻の工藤静香(49)の介入も囁かれている。夫に“最高の待遇”を要求しているというのだ。しかしながら、「Koki,さんのデビューにやたらと顔を出してバッシングを浴びましたし、彼女が出ることはマイナスになるだけで得にはならないというのが現状。木村さんは自身でエゴサーチもされていて、全て受け入れているという方ですから、むしろ木村さんの寛容さを見せたほうが好感度が上がるのでは」(川内天子氏)。

 ジャニーズ事務所にも物申せる妻・静香がキムタクのソロデビューの鍵を握っている。

エンタメ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM