元ジャニ俳優が“ママ活” 芸能界にはびこる「闇営業」の実態

更新日:2019-07-11 17:49
投稿日:2019-07-11 17:35
写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ
写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 吉本のお笑い芸人らによる闇営業問題がアイドルや女性タレントなどにも飛び火しそうだ。元ジャニーズJrで、現在はホリプロ所属の俳優の高橋颯(21)に約300万円貢いだとする20代女性の告白を週刊文春が報じている。

 この女性はファンで、保湿用の濡れマスクを差し入れしたところ、インスタグラムを通じて高橋から返信があり、連絡を取り合う間柄に。

「彼とのお付き合いが長く続いてほしいと思うあまり、言われるがままにたくさんのものを買ってあげてしまいました。8カ月間で約300万円になります。でも、最終的には『自己満でしょ?』と言われて、本当にショックでした」と同誌にコメントしている。

 ある芸能プロデューサーによれば、「元ジャニーズでは、『ママ活』のような女性への色恋営業だけではなく、資産家男性を狙った『パパ活』もあります。高齢の資産家男性に夢のビジネスのプランを提案して3000万円を出資してもらい、男性の認知症の進行を幸いとしてビジネスを始めることもなく、丸儲けという人生の闇営業に近いものもあります」。

 女性タレントも、裏ではいろんな仕事をしている。

「グラドルやセクシー女優でパパ活や闇営業をやっているケースは多い。パーティーや飲み会に参加して、交通費として5万、10万もらうといった『ギャラ飲み』は闇営業そのもの。カラオケ会への出席で20万円もらった上、歌が気に入られたらチップで1曲2万~3万円もらい、40万~50万円も稼いだという巨乳タレントもいる。これらが今のところ公になっていないのは、反社会勢力がらみの忘年会や食事会では、撮影NGにしたりしているからかも知れません」(前出のプロデューサー)

 プロで知名度もあるミュージシャンも例外ではないという。

「ホストクラブグループのイベントや紹介された実業家の誕生日会で歌って10万円もらったり。これも闇営業といえば闇営業でしょう」(週刊誌記者)

 ママ活、パパ活、ギャラ飲み……。これも芸能界のリアルである。

エンタメ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM