宮迫博之引退でどうなる?「雨上がり決死隊」蛍原徹の今後

更新日:2019-07-20 16:53
投稿日:2019-07-20 15:02
「雨上がり決死隊」の蛍原徹(C)日刊ゲンダイ
「雨上がり決死隊」の蛍原徹(C)日刊ゲンダイ

 “闇営業”で反社会的勢力の会合に出席したとして謹慎処分になっていた「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)との契約解消を19日、吉本興業が発表した。今週号(19日発売)の「フライデー」が7億6000万円相当の金塊強奪犯たちと酒を飲み、小遣いまでもらっていたという目撃証言を報じたため、吉本興業はさらに重い処分を決めたようだ。

 宮迫が契約解消になったことで相方の蛍原徹(51)の今後に注目が集まっている。コンビとしては5本のレギュラー番組と2本の準レギュラーを抱える。テレビ朝日は冠番組「アメトーーク!」について「現状では打ち切りは考えていない」と説明し、蛍原の単独司会で番組を続行する意向を示した。

 インパクトが薄い印象のある“ホトちゃん”だが、果たして宮迫ナシでやっていけるのか。

「一時的にスタッフや出演者から番組の存続を危ぶむ声が出そうですが、しばらくしたら落ち着きを取り戻すと思います。芸人や司会者は、俳優の高倉健や歌手の美空ひばりのように余人をもって替え難い存在ではありません。島田紳助が引退した時も“紳助がいなくなったら大変だ”と大騒ぎでしたが、彼が引退しても何の問題もありませんでした。長時間司会でギネス認定されたみのもんたも2013年に次男が起こした不祥事を機に露出を減らしていますが、それで頭を抱えている人はそれほどいないはずです。『アメトーーク!』も蛍原の単独MCが続けば、違和感を覚える人も減ると思いますよ」(芸能評論家の佐々木博之氏)

 タレントの清水ミチコは11日のニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」で、蛍原の近況について「のびのびしていた」と語った。

 蛍原に“宮迫の分まで!”みたいな気負いや焦りはないようだ。雨上がり決死隊もコンビを解散するとは限らない。

「今回の闇営業問題の発端をつくったカラテカの入江慎也も吉本興業に契約解消されましたが、相方の矢部太郎はコンビ継続を宣言しました。蛍原はコンビが売れたのは『宮迫のおかげ』と恩義を感じているそうで、宮迫の復帰に向けてコンビ名を守ろうとする可能性もあります」(佐々木博之氏)

 蛍原は心が強いというか、ずぶとい性格というから、宮迫が消えても心配は無用のようだ。

エンタメ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM