横浜流星に続き瀬戸利樹も…“ピンク髪俳優”が人気のワケ

更新日:2019-07-25 18:34
投稿日:2019-07-24 18:28
トレンド!?(日本テレビ系「偽装不倫」出演中の瀬戸利樹)/(提供)日本テレビ
トレンド!?(日本テレビ系「偽装不倫」出演中の瀬戸利樹)/(提供)日本テレビ

 初回10.1%、第2話11.2%と好調なスタートを切った女優・杏(33)の主演ドラマ「偽装不倫」(日本テレビ系、水曜夜10時)。その中で活躍が目立つのが、ピンク髪で出演中の瀬戸利樹(23)。甘え上手で人懐っこいボクサーの役柄で杏の姉役、仲間由紀恵(39)の不倫相手を演じている。

 SNS上ではさっそく、〈ひたすら可愛い〉〈ピンクの髪はズルい〉〈母性本能くすぐる〉と好評のコメントが相次いだ。

 瀬戸は2016年の特撮ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」(テレビ朝日系)で仮面ライダーブレイブ役を演じたことで注目を浴びた。頭角を現しつつあった瀬戸にとってピンク髪は当たり役になりそうな予感だが、ピンク髪の代名詞といえば、今年1月期の深田恭子(36)主演ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)に出演した横浜流星(22)。

「横浜はオリコンの『2019年上半期ブレイク俳優』で1位に輝くほどの人気者になりました。ピンク髪で出演したドラマがキッカケなのは言うまでもありません。3月に発売された写真集は6度も重版。9月には主演映画『いなくなれ、群青』が公開されるなど、勢いはとどまるところを知りません」(テレビ誌記者)

 瀬戸は5月に公開された映画「チア男子!!」で横浜と共演。横浜に続きブレークの予感が漂うが、なぜ“ピンク髪俳優”のヒットが続くのか。コラムニストの桧山珠美氏がこう言う。

「主役でなくてもピンク髪は目立ちます。一瞬、違和感や偏見を持ちがちですが、役柄やかわいい顔とのギャップに女性は引かれてしまうのでしょう。瀬戸も横浜も仮面ライダー出身です。ライダー出身者は、福士蒼汰や竹内涼真のように、NHK朝ドラのヒロインの相手役を経てブレーク傾向がありました。2人が演じた役は原作コミックもピンク髪でしたが、これからはピンク髪の役を演じてブレークするのがトレンドになるかもしれませんね」

 ただ、ピンク髪にはリスクもあるという。

「演技がイマイチな場合は悪目立ちする危険もあります。しかし、ピンク=カワイイと思う女性は少なくありません。若手俳優ですと多少の演技力のつたなさは相殺されるでしょう」(桧山珠美氏)

 瀬戸も“ピンク髪俳優”出身として前途洋々のようだ。

(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)

エンタメ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM