【吉本興業の「罪と罰」】反社会勢力と切っても切れない関係性 100年超える歴史の膿

更新日:2019-07-30 17:03
投稿日:2019-07-30 17:00
大崎会長(左)と島田紳助(C)日刊ゲンダイ
大崎会長(左)と島田紳助(C)日刊ゲンダイ

緊急連載【吉本興業の「罪と罰」】#1

 闇営業報道に端を発した一連の騒動は、当初のスキャンダルから、いつのまにか吉本興業と芸人の契約実態やパワハラ疑惑など、吉本興業の体質批判にまで燃え広がっている。

 社会が興味を持つのは当然だが、その中で置き去りにされているのが、最初のきっかけであり、最も重要な問題でもある「反社とのかかわり」についてだろう。実はこの点について言えば、現在の吉本興業が反社勢力の排除のために戦ってきたという事実はあまり知られていない。まず、この大前提を知っているかどうかで、今回の騒動の見方も変わってくるはずだ。

 確かに創業の時代から、吉本興業と反社勢力が深い関係にあったのは紛れもない事実。実質的な創業者である吉本せいは、人気芸人の専属契約を取るために山口組2代目・山口登組長に協力を依頼し、山口組長はこのトラブルがもとで襲撃され死去している。昭和の吉本に君臨した林正之助元会長と、山口組3代目・田岡一雄組長との関係もあまりにも有名だ。

 芸能とやくざの歴史を見れば、社会や時代がそうだったという話でもあるのだが、いずれにせよ現在では決して許される関係ではない。「だから、吉本は今も反社と関係が深い」と思われても仕方ない部分はある。

 だが、だからこそ現在の吉本興業は反社の排除に本気で力を入れてきた。その先頭に立ってきたのが現在のトップである大崎洋会長だ。

 近年、吉本では反社絡みのトラブルが多発してきた。2007年には当時副社長だった大崎氏が、創業家の意向を受けたとされる反社勢力に脅迫され、週刊誌を巻き込んだ「お家騒動」に発展している。この騒動も、本質は反社勢力が経営に介入しようとする“要求”を吉本側が突っぱねたために起こったものである。

 そこで吉本が取ったのが09年の非上場化という選択だ。当時の吉本は上場廃止の理由を「経営の迅速化のため」としていたが、本音を言えば「反社勢力の完全排除のため」だったことは明らかだ。

 今回の騒動でメディアのインタビューに答えた大崎会長は「僕が社長になった当時、社内に反社のような人たちもいた。役員にもいて、身を賭して戦って、やっと追い出したんです」と語っている。はっきり言えば、「社内にいた反社のような人」とは、大量の株を持っていた創業者一族とその派閥のことであり、その先には彼らが過去から深い関係を結んできた反社勢力がいた。「身を賭して戦った」は決して大げさではないのだ。

 また、11年には大崎氏とも同志的なつながりのあった島田紳助が、暴力団関係者との交際を理由に引退に追い込まれている。これも反社との決別を進めるため、泣く泣く決断した結果である。

 それでも今回のような騒動が起きてしまったのだから、100年を超す歴史の中でたまった膿を出しきるのはそう簡単ではないということなのだろう。だが、反社排除の方向性は決して間違ってはいないはずだ。

(ライター・常松裕明)

エンタメ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM