不運続き多部未華子 主演ドラマ好評もジブリ映画が“3連発”

更新日:2019-08-04 06:10
投稿日:2019-08-03 17:07
多部未華子(C)日刊ゲンダイ
多部未華子(C)日刊ゲンダイ

 多部未華子(30)主演のNHKドラマ「これは経費で落ちません!」(金曜夜10時)が好評だ。多部は石鹸メーカーの経理部に勤めるアラサー独身女子を演じている。

「初回視聴率は6・5%。この枠は前回の長谷川京子(41)主演『ミストレス~女たちの秘密~』が平均視聴率3・8%、前々回の小芝風花(22)主演『トクサツガガガ』は3・9%です。多部の連ドラ主演は2年ぶりとあって、期待の高さが数字に表れましたね」(テレビ局関係者)

 ネット上でも〈久しぶりに次回も見たいと思ったドラマ。来週が楽しみ〉〈スカッとして気持ちいい〉〈毎週欠かさず見る〉などと好意的なコメントが多数だが、好事魔多しだ。

「『経費』の4話目が放送される16日から、日本テレビで毎年恒例のジブリ映画の放送が始まる。3週連続の放送で『千と千尋の神隠し』『崖の上のポニョ』『天空の城ラピュタ』と人気作が続き、『経費』も視聴者を食われるかもしれません」(前出のテレビ局関係者)

 確かに、昨年夏に3週連続で放送されたジブリ映画3本は、いずれも視聴率2ケタと人気だった。

 多部にとってはタイミングが悪い話だが、「多部さんは昔から不運な女優です」と、コラムニストの桧山珠美氏がこう続ける。

「『彼女の代表作は何?』と聞かれても答えられない人も多いのでは。多部さんはいまいちブレークしきれていません。新垣結衣さん(31)など同年代の人気女優に比べて、落ち着きすぎているのもあるでしょうが、最大の理由は運がないことに尽きます」

 多部は2009年にNHK朝ドラ「つばさ」のヒロインに抜擢。普通なら、朝ドラをキッカケに一気にブレークを果たすが、波に乗り切れなかった。

「この時期は朝ドラ低迷期と呼ばれていて、視聴率が低かった。『朝ドラをなくそう』という声もあり、ヒロインでさえあまり注目されませんでした」(桧山珠美氏)

 多部の前に立ちはだかる不運はジブリだけではないようだ。

「『経費』の初回放送は7月26日でしたが、裏番組のドラマ『凪のお暇』(TBS系)が先に19日から始まっていた。こちらも演技派女優として注目されている黒木華さん(29)主演で、好評です。内容はどちらも負けてはいないだけに、『経費』が先に放送していれば、もう少し視聴者を取り込めたかもしれない。先を越されたことも不運と言えば不運かもしれません」(桧山珠美氏)

 ツキに見放されているような多部だが、演技力に定評があるのは事実。今は耐え時か。

(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)

エンタメ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM