契約解消後2年は芸能活動禁止…吉本所属NMBも“奴隷契約”?

更新日:2019-08-07 17:03
投稿日:2019-08-07 17:00
NMB48(C)日刊ゲンダイ
NMB48(C)日刊ゲンダイ

【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】

 お家騒動で渦中の吉本興業。これまで、所属芸人たちとの契約は原則、口頭で結ばれており、書面が存在しないことがたびたび問題視されていたが、公正取引委員会の指摘を受け、希望するタレントに対して書面で契約書を交わす方針に変更した。しかし、そんな吉本において、しっかりと契約書を交わしてたのが、吉本の関連会社が所属事務所であるNMB48のメンバーたちだ。

「一部メディアがその契約書の内容を報じたことがありますが、契約を解消して退社した場合、2年間は芸能活動を行うことができないという“奴隷契約”でした。ただし、グループを卒業しても契約を更新すれば芸能活動継続は可能。このところ、公取委はそのあたりの問題にも目を光らせているので、さすがにそのしばりは改善すべきでしょう」(芸能プロ関係者)

 AKB48の姉妹グループとして結成され、2010年10月から活動している同グループだが、実は吉本にとってかなりの功労者だというのだ。

「お笑いではとうてい稼げない億単位の金額を稼ぎ出して経営幹部はアイドル人気のスゴさに驚いたそう。松本人志が映画製作でつくった赤字などを見事に埋め合わせたとか」(芸能ライター)

 NMBのメンバーたちこそ待遇改善を訴えたほうがいい。

エンタメ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM