小泉進次郎議員を射止めた滝川クリステルの完璧な“情報コントロール力”

更新日:2019-08-10 23:58
投稿日:2019-08-10 23:56
結婚を発表した小泉進次郎(左)と滝川クリステル(C)日刊ゲンダイ
結婚を発表した小泉進次郎(左)と滝川クリステル(C)日刊ゲンダイ

城下尊之【芸能界仕事術】

 自民党の小泉進次郎衆院議員(38)と滝川クリステル(41)の結婚・妊娠が発表された。

 マスコミはノーマーク状態で、大物有名人同士としては、よくもまったく漏れることなく、発表までこぎ着けたものだと思った。

 クリステルについては、女性誌などが定期的に“お相手”がいるのかどうかチェックを続けていたし、政治家との交際などすぐにオフレコ情報として流れるのだから、かなりシビアに内緒にしていたことがうかがえる。ふたり一緒に外で会うこともなかったという発言でも分かるところだ。

 これにはクリステルの“経験値”がモノをいっている思う。ご存じの通り以前、有名俳優との交際を伝えられ、その後も破局だ復縁だとか、どこどこでデートしていたとか、長らく報道され続けていた。本人としては不本意だったろうが、アナウンサーから国際派キャスターとして知名度を大きくしていく中、致し方ない部分もあったろう。もちろん、マスコミで一度、恋愛などが報じられると、情報には独り歩きがあることも彼女は承知だろう。であるから、彼女は年下の彼氏にアドバイスし、もっぱら彼女の自宅でデートをしていたのだろう。

 同様にマスコミ対応をよく知っていたのは、大手芸能プロのワタナベエンターテインメントだ。

 先日、所属タレントと社員を集め、コンプライアンスセミナーを開催した。その模様の写真をしっかりマスコミに流したのだが、反社会的勢力への闇営業問題で謹慎中の当事者である、お笑いコンビ、ザブングルの姿もあった。

 吉本興業が闇営業で所属タレントを巻き込む騒動に発展したのとは一線を画す。ザブングルは早い段階で謹慎を決め、その期間を8月いっぱいとし、9月からの仕事復帰を発表している。謹慎中に彼らが介護施設で介護ボランティアを行うという発表もあった。情報をうまくコントロールし、さらりと復帰時期の結論まで出してしまったのはうまいやり方だった。

 個人的にはザブングルとは、彼らがブレークする前に名古屋の番組で共演したことがある。松尾、加藤とも非常に真面目で優しい人柄だ。出演の合間に話をしていて、まだマスコミに出ていないし、噂にもなっていないスキャンダルを「こんな話を耳にした」と悪意なく話してくれたので、「そんな話、リポーターの僕に話しちゃダメ。あちこちでしゃべっちゃうよ」と返したら、「えっ、もちろん内緒にしてくれるでしょ」と頭から人を信じているような感じだった。

 情報というのは、かたくなに統制してしまうと必ず探索する人が出て、脇から漏れる。ワタナベエンターテインメントは情報を動かし、クリステルや小泉議員はごく近しい関係者以外は徹底的に情報を隠した。中途半端が最も悪く、そのさじ加減に組織や個人の力量が問われる。

(城下尊之/芸能ジャーナリスト)

エンタメ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM