NHK「だから私は推しました」はヒロインの心理描写が丁寧

更新日:2019-08-17 01:38
投稿日:2019-08-14 17:00
桜井ユキ(C)日刊ゲンダイ
桜井ユキ(C)日刊ゲンダイ

【テレビ 見るべきものは!!】

 放送中の「だから私は推しました」は、地下アイドルを推す(熱烈に応援する)オタク女子の話だ。主人公の遠藤愛(桜井ユキ)は一見どこにでもいそうなOLさん。最近失恋したが、原因のひとつはSNSでの過剰な自己アピールと「いいね!」の承認欲求だった。

 一方の栗本ハナ(白石聖)は、地下アイドルグループ「サニーサイドアップ」のメンバー。ただし、歌もダンスも不得意な上に、コミュ障気味という困ったアイドルだ。そんなハナを見て、愛は思う。「この子、まるで私だ」と。そして全力で応援する日々が始まる。

 まず、このドラマで描かれる「地下アイドルの世界」が興味深い。ライブの雰囲気、終演後の物販や交流、厄介なファンの存在、アイドルたちの経済事情など、かなりリアルだ。脚本は森下佳子のオリジナル。昨年放送された「義母と娘のブルース」(TBS系)同様、ヒロインの心理が丁寧に書き込まれている。また、徐々に自分を解放していくアラサー女子をメリハリのある芝居で好演している桜井ユキ。自分に自信の持てない弱気なアイドルがぴったりの白石聖。女優陣も大健闘だ。

 それに、もしかしたら年末の「紅白歌合戦」に、劇中歌「おちゃのこサニサイ」を引っ提げて、サニーサイドアップが登場するかもしれない。もちろん会場には、サイリウムを一心に振りながらハナの名を呼ぶ、愛の姿があるはずだ。

(碓井広義/上智大学教授=メディア文化論)

エンタメ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM