キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

更新日:2019-08-15 17:03
投稿日:2019-08-15 17:00
ジャニーズ事務所(C)日刊ゲンダイ
ジャニーズ事務所(C)日刊ゲンダイ

 近頃では叩かれることも多くなったキムタクこと木村拓哉(46)だが、持って生まれたスター性は相変わらず健在のようだ。

 週刊女性(8月20・27日合併号)の「1414人が選んだ抱かれたい男グランプリ」で、キムタクは「抱かれたい男」「抱かれたくない男」「抱かれたいジャニーズ」「抱かれたくないジャニーズ」の4項目すべてでトップ10入り。“4冠”を達成したのは、もちろんキムタク1人しかいない。

「抱かれたい男」では、人気急上昇中の若手俳優・吉沢亮(25)と並んで9位にランクイン。一方、「抱かれたくない男」では6位に。

 対象をジャニーズ事務所に限定した「抱かれたいジャニーズ」では、惜しくも山下智久(34)に敗れ2位。そして「抱かれたくないジャニーズ」は……なんと堂々の1位に輝いてしまったのだ。

 キムタクが「抱かれたくない」なんて隔世の感があるが、芸能ライターのエリザベス松本氏は「すべてトップ10入りしているのは、良くも悪くも、世間がまだまだキムタクに注目しているということです」と、こう続ける。

「『抱かれたくない』にランクインしているのは、やはり、妻である工藤静香さんの影響が大きいでしょう。工藤さんは昨年9月の週刊文春『嫌いな女』アンケ―トで1位に輝いていますし、SMAP解散騒動以来、一挙手一投足が注目を浴びるようになってしまった。娘のKoki,(コウキ)さんのゴリ押しの件もありますしね。実際、今回の『抱かれたくない』のアンケートでは、『工藤静香と一緒は嫌』なんて回答もあったみたいですよ」

■話題にならなくなるよりはマシ

 “悪妻は百年の不作”なんてことわざもあるが、当のキムタクは、「『抱かれたくない』の1位に選ばれても、気にもしていないでしょう」と、テレビ誌ライターがこう言う。

「芸能人が最も恐れるのは、スルーされ、話題にすらならなくなること。『懐かしい』『そんな人、いたね』と言われたら、もうおしまいです。そういう意味では、今回の結果はキムタクにとって決して悪くないどころか、むしろ好ましいでしょう。ファンもアンチもまだまだ大勢いて、芸能界にキムタクあり、という存在感を示すことになったわけですからね」

 キムタクは、10月から始まるTBS系の日曜劇場(タイトル未定)で主演を務めることが決まっている。フランス料理の天才シェフを演じるようだが、今回の結果に、テレビ局関係者は意外やニンマリらしい。

「嫌よ嫌よも好きのうち…ではありませんが、実はアンチの方が『あら探しをしてやろう』『叩いてやろう』などと待ち構えていて、熱心にドラマを見たりするものなんです。要するにキムタクは、以前ほどではないにせよ、いまだに数字を持っている。日曜劇場の全話平均視聴率は、このところ10%台前半で推移していますが、15%超えぐらいは期待したいですね」(TBS関係者)

 キムタクの日曜劇場主演は17年1月期の「A LIFE~愛しき人~」以来。その時は14%台で終わった。果たしてアンチ急増が吉と出るか凶と出るか。

エンタメ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM