さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

更新日:2019-08-16 17:03
投稿日:2019-08-16 17:00
復帰のめどは…(C)日刊ゲンダイ
復帰のめどは…(C)日刊ゲンダイ

 8月8日発売の「週刊文春」で150分にわたるロングインタビューに答えた宮迫博之(49)が、お笑い関係者たちの失笑を買っている。サブ見出しに「すべての疑問に答えた」と書いてあるのに、闇営業問題の核心にほとんど触れなかったためだ。

「2年前に文春がスクープした宮迫の不倫騒動にも一切触れられていません。“くすんだ白”を意味する『オフホワイト発言』でうやむやになった感じですが、“すべて”と言うなら、そちらの真相にも答えてほしかった。そう思った読者もいたはずです」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 それで宮迫が何を語ったかといえば、ほとんどが言い訳だ。

「(カラテカ)入江(慎也)からも主催者は美容関係で大当たりした人だと聞いていましたし、会場には家族連れや、お子さんもいた」と釈明。そして、文春の編集部に代弁させる形で〈宮迫には闇営業の相手が反社会的勢力だという認識がなかった〉と主張した。

 また、メイン見出しが、「さんまさんについていきます」だったことから、インタビュー後半は明石家さんまへのヨイショで占められている。

 吉本興業に契約解除を告げられた宮迫が今、絶大な信頼を寄せているのがさんまだという。宮迫は「さんまさんには昔からかわいがっていただいているんです。きっかけは『痛快!明石家電視台』に呼んでいただいたこと。20年前くらい前の話です」「まだ正式に決まっていませんが、さんまさんの『事務所預かり』にしてくださるという話もいただいたし、ラジオでは『舞台からどうや』と言ってもらいました」と語っている。

 そして、「さんまさんについていきます」と松本人志に伝えたことを、再び文春編集部に代弁させる形でインタビューにまぜ込んだ。

「本来、〈反社会的勢力という認識がなかった〉とか〈さんまさんについていきます〉といったインタビューの肝になる部分は、宮迫が自分の言葉としてハッキリ言うべきですよ。あとで何とか言い逃れできるようにしたい宮迫の覚悟の足りなさが透けて見えます」(吉本興業関係者)

 そんな宮迫の様子にさんまも不信感を抱いたのかもしれない。

 週刊文春の発売日直前(8月6日)になって、「痛快!明石家電視台」(MBS)で、「宮迫、ほか当たってくれ」と突き放すような発言をした。

「あれは、さんまの冗談だとは言い切れません。宮迫に関しては、いまだに週刊誌やワイドショーにたくさんの情報が寄せられています。その中には金銭問題に関するものや女性問題を示唆するものも含まれているといいます。もし、さんまが宮迫を引き取ると決めて復帰時期が固まったら、新たなスキャンダルが飛び出す可能性もあります。そんな中で事務所移籍の“既成事実”をつくろうとするような宮迫の言動を見て、さんまが警戒したとしても不思議ではありません」(前出の弘世一紀氏)

 焦って“旧敵”文春の懐に飛び込んだ宮迫だが、吉本復帰どころか、芸人復帰さえ遠のいた感が否めない。

エンタメ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM