史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

更新日:2019-08-21 17:03
投稿日:2019-08-21 17:00
NHK大河ドラマ「いだてん」。左から阿部サダヲ、中村勘九郎、宮藤官九郎/(C)日刊ゲンダイ
NHK大河ドラマ「いだてん」。左から阿部サダヲ、中村勘九郎、宮藤官九郎/(C)日刊ゲンダイ

 NHKが“N国”こと「NHKから国民を守る党」に警戒を募らせている。一連の動きに対し局員からも不安の声が尽きないという。

「『NHKをぶっ潰す』という実に分かりやすいキャッチフレーズで、今後も選挙になればN国の候補者が当選する可能性が高い。さらに立花孝志党首(52)は炎上も辞さない、名うてのパフォーマーです。最近もマツコ・デラックスに喧嘩を吹っ掛け、党の支持者がどんどん増えているんです」(永田町関係者)

 N国に対し、手を焼いているNHKだが、内部では対応策を打ち出している。

「有権者がこれ以上N国支持に回らないために、N国にバッシングされるような材料は絶対に提供しない、つまり不祥事には注意しろと管理職から通達があったんです(笑い)」(事情通)

■相次ぐ局員の不祥事

 ところがこうしたNHK上層部のN国対応策に対し、局員の不祥事が止まらない。

「横領や連続強姦、痴漢、そして今年6月には看板番組『NHKスペシャル』でAI特集などを手がけていたチーフプロデューサーが強制わいせつ罪で逮捕された。ちょっと過激なN国ですが、こうしたスキャンダルを知るにつれN国の主張の方がよっぽどマシに思えてきます」(大手広告代理店系マーケティングアナリスト)

莫大な制作費、低迷する視聴率

 NHKにとって、さらなる悲報となったのが、今月11日に放送された大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」。第30話の平均視聴率が大河ドラマ史上最低となる5.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ=以下同)を記録したこと。18日の放送では、1.3ポイント回復し、7.2%だったものの、1桁台の低空飛行を続けている。

「大河ドラマの制作費は1話1億円以上と言われている。国民から全く支持されていないドラマを垂れ流し、受信料の強制徴収に舵を切るNHKに対し、N国が牙をむくのは当然だからです」(事情通)

 まさに八方ふさがりの状態だが、NHKが最後に頼ったのがこれまで歯牙にもかけなかった民放局。NHKは突如として、8月下旬に民放のインターネットの番組配信サービス「TVer(ティーバー)」に8番組程度を提供することを発表した。

「ティーバーは2015年に日本テレビ、フジテレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京の5社による共同運営でスタートした無料サービスです。地上波で放送したドラマやバラエティー番組を一定期間、スマートフォンやパソコンなどで視聴できる。NHKは、『ダーウィンが来た!』『きょうの料理』『ハートネットTV』などを提供すると連携を申し出たんです。民放の本音は『こんな、しょうもない番組ばかり……』と思っているが、来るものは拒まずの精神で受け入れを決めたんです」(民放編成マン)

 NHKが今回、同局にとっては何のメリットもない「TVer」参入を推し進めた裏ではこんな事情も囁かれている。

「N国が今以上に勢いを増したときに応援して欲しいという下心があるからです。N国が『TVer』に対し何か疑問の声を上げた場合に、民放連を一緒に巻き込むことができますから」(テレビ局関係者)

 もっとも、民放連はN国に対し公平中立の立場を貫き、NHKにもN国にもくみしない方針。スネにキズだらけの巨大組織が揺さぶられて真っ青になっている。

エンタメ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM