夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-06-10 06:00
投稿日:2021-06-10 06:00
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えていた男女ほど、コロナ禍によって問題があぶり出され、その結果として別々の道を歩む選択を迎えているのも現実です。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、コロナ離婚を経験した人たちにその実態を聞くこの連載。今回は、年下男性との2年間の結婚生活を終えた40代女性のコロナ離婚に迫ります。

女の影は感じていたけど…

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 Nさんは、3歳年下の夫と、結婚2年目だったコロナ禍の真っ最中に離婚を決意。その大きな理由は、コロナ禍にもかかわらず、夫の“二股浮気”が発覚したことにあったそうです。

「もともと元夫は女好きで、女性に対してだらしないところがありました。結婚生活は2年間でしたけど、結婚前に友達だった期間が長く、そのときから元夫は女性に関するトラブルを多く起こしていましたね。

 けれどなぜか私にだけは懐いていて、付き合う前は『ねえさん』って呼んで慕ってくれていました」

 あるときに、お酒に酔った勢いもあって、ふたりは男女の関係に。付き合ってみると、意外なほどに居心地が良く、一緒にいる時間が楽しかったことから「じゃあ、結婚しちゃおうか」となったそうです。

「ノリで結婚したような感じでしたけど、最初のうちはとても楽しかったし、それなりに幸せでした。けれど彼の女好きな性格はやっぱり直らなくて。コロナ禍に入る前から、ちょこちょこと女性の影は感じていました。

 でも、家庭に持ち込まないならばいいかと、目をつむっていたんです」

コロナ禍でも収まらなかった浮気の虫

あっさりと浮気の証拠をゲット(写真:iStock)
あっさりと浮気の証拠をゲット (写真:iStock)

 ところが、コロナ禍に入ってからも夫の浮気が判明し「感染を家庭に持ち込むかもしれないご時世に、いくらなんでも責任感がなさすぎるのではないだろうか」と、腹が立ったNさん。

 浮気よりも、家庭に感染を持ち込むリスクを軽く考えているのであろう夫の態度に、心底腹が立ったそうです。

「それで、コロナ禍が長引きそうだと判断した私は、このまま夫といるのも不安なので、離婚しようって決めたんです」

 離婚に応じてもらうために、Nさんは浮気の証拠を集めました。

 日頃から、元夫はガードが甘いタイプだったそうで、相手の女性とのLINEのやりとりや2ショットの写真なども、スマホを見た途端にあっけないほど簡単に見つけられたそう……。

夫には「家族を守る」認識がなかった

虚しい結婚生活だった…(写真:iStock)
虚しい結婚生活だった… (写真:iStock)

「バレてもいいや、許してくれるはず、とでも思っていたのでしょうね。あまりにも簡単に証拠が見つかって、拍子抜けって言うよりも、私ってなめられてたんだな〜って思っちゃいました。情けなかったですね。

 しかも、同時期に2人の女性と浮気しているんですよ。もう、唖然ですよね。LINEでも、浮気相手の女性たちは、私のことを小馬鹿にした書き方をしていたし。それを読んで、夫がいかに普段から、私のことを馬鹿にした口調で彼女たちに話してきたのか、想像がつきました。

 ぶっちゃけ、夫より私のほうが収入も多かったし、彼は結婚を通じて自由になるお金を手に入れた気持ちになっていたのかもしれない。今、振り返っても虚しい結婚生活でしたね。

 私は今回、家庭への感染リスクを考えない夫の行動に対して離婚を決意しましたけど、夫にはそもそも『家族を守る』という意識はなかったのかもって思いました」

  ◇  ◇  ◇

 コロナ禍は、潜在的に存在していた男女の問題を、残酷とも言えるまでにあぶり出しています。異常事態でありながらも、ニューノーマルでもある今のご時世には、これまでとはまったく異なる男女模様も散見されます。コロナ禍によって、男女の恋愛観や結婚観も大きく揺らいでいるのが現実なのではないでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


法律婚から事実婚へ…結婚関係の格下げを提案された夫の狼狽
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-01 06:22 ラブ
この人とはもう無理…法律婚を解消し事実婚を望んだ妻の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.37〜男性編〜」では、法律婚をしていた妻から「事実婚」への変更を提案され、どうしても受け入れ...
並木まき 2021-05-01 06:19 ラブ
ルノルマン占い〜5月の恋愛運〜 後半の混乱期を乗り切るには
 ルノルマンカードとは、18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トラ...
七色翡翠 2021-05-01 06:00 ラブ
コロナ禍の結婚はコスパ良し? これからの婚活方法を考える
 新型コロナウィルスの猛威により、外出自粛生活が始まって早一年。3度目の緊急事態宣言が発令され、マスクなしで生活ができる...
田中絵音 2021-04-30 06:00 ラブ
“ギャップモテ”したい女子必見♡ 男性が惚れる7つのケース
 いつもキツい女性がふいに見せる笑顔や、強気な女性が弱音を吐く瞬間など、いわゆる“女性のギャップ”に弱い男性は多いです。...
恋バナ調査隊 2021-04-30 06:00 ラブ
コロナ禍で登山女子にモテ期到来も…素直に喜べない理由とは
 近ごろ、アウトドアは大注目のレジャーとなっています。それと同時に、登山好きな女性やキャンプが好きな女性が、男性からかな...
内藤みか 2021-04-29 06:00 ラブ
LINEで恋の駆け引き♡ 彼にじわじわ効く5つのテクニック
 コミュニケーションツールとして、多くの男女が恋愛にも活用しているLINE。特に、まだ付き合っていない男女の間では、日々...
恋バナ調査隊 2021-04-29 06:00 ラブ
脱チョロい女!さりげなくアピールできる自分の価値の高め方
 ちょっと気になるカレができて2人でLINEで盛り上がり、「一緒に俺の家で映画みよう〜」なんて誘われて急接近。お家に呼ば...
若林杏樹 2021-04-28 06:00 ラブ
忘れられない……元彼に未練が残る5つの理由&断ち切る方法
 ひとつの恋愛が終わった時、誰もがすぐに気持ちを切り替えられるわけではありません。中には、元彼への未練を断ち切れず、何年...
恋バナ調査隊 2021-04-28 06:00 ラブ
“メガネ女子”ってモテるの? 男性が感じる5つの魅力&注意点
 “メガネ女子”というと、「真面目」「暗そう」といったネガティブなイメージを持つ人が多いでしょう。そのため、あえてメガネ...
恋バナ調査隊 2021-04-27 06:13 ラブ
脈なし男性とのLINEの終わらせ方!自然に距離を置くコツは?
 現代の恋愛の始まりに欠かせないツールといえば、LINEでしょう。気になる相手との距離を縮めるのに大活躍してくれる便利な...
恋バナ調査隊 2021-04-27 06:03 ラブ
もう自分には何も残ってない…? 絶望の淵で頼れるものとは
 自分には何もない…もう人生投げ出したい! 離婚は、人によっては絶望経験ですよね。この連載を始めてから「離婚をして自分に...
七味さや 2021-04-26 06:00 ラブ
男性が思わず守りたくなる女性の特徴6つ&思わせテクニック♡
 女性にとって、“男性に守られる”のは嬉しいもの。それまで好意を抱いていなかった男性であっても、「守りたくなる」なんて言...
恋バナ調査隊 2021-04-26 06:00 ラブ
男性にモテる♡ 魅力的なぽっちゃり女性の特徴&目指す方法
 モテる女性というと、細くてスタイルの良い女性をイメージする人が多いでしょう。確かに、スタイル抜群の女性は同性から見ても...
恋バナ調査隊 2021-04-25 06:00 ラブ
男性に振られた後のLINEは…好印象を与える3つの方法とNG例
 大好きな彼に勇気を出して告白しても、残念ながら振られてしまうことはあります。そんな時に困るのが、その後のLINEでどん...
恋バナ調査隊 2021-04-25 06:16 ラブ
いつも彼氏が途切れない…モテ女必須事項の「隙」の正体とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。いつも彼氏が途切れない、美人じゃないのにモテているなど、「隙」がある女性には...
山崎世美子 2021-04-24 06:00 ラブ