下着売り場へ男性を同伴させたがる女性の心理を考えてみた

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-25 06:00
投稿日:2019-04-25 06:00
 女性の下着売り場に男性がいると、非常に目立ちます。店内にいる女性たちに好奇の目で見られるばかりか、むしろ嫌悪感をあらわにされることもあるでしょう。でも、そもそもなぜ、下着売り場へ男性を同伴させたがる女性がいるのかを考えてみました。

女性下着売り場にいる男性を見て女性が思うこと

ショッピングデートは楽しいけれど(写真:iStock)
ショッピングデートは楽しいけれど (写真:iStock)

 まずは、女性下着売り場にいる男性を見て、世の中の方が思うことをリサーチしてみました。

大半の女性は「嫌」だと思っている

・下着を選びにくい
・目線が気になる
・商品に触らないでほしい
・生理的に受け付けない
・落ち着いて試着ができない

 基本的に大半の女性が、男性が女性の下着売り場にいることを嫌だと思っているようですね。

 確かに、下着売り場で男性がいるとちょっとソワソワしますよね。女性車両に男性がポツンと乗っているような。って、下着売り場に入るのは個人の自由ですので、これは違うのですが。どちらにせよ「違和感」でしかないんですよね。

意外にも、男性の大半も「嫌」だと思っている

 男性の肩を持つ訳ではありませんが、意外にも、下着売り場に入る男性の大半も「嫌」だと思っているようなんです。

・気まずい
・どこを見て良いのか分からない
・場違い感がすごい
・商品に触ってはいけない気がする
・舌打ちされたこともある

 など、決して「ウェルカムではない」と、男性としての立場を分かっているよう。

 では、なぜ、真意ではないのに同伴するのか?その大きな理由は、「女性に誘われたから」だと思うのです。

「断れなかった」という場合もあるでしょうし、「興味はあったし、口実ができた」という場合もあるでしょう。理由はさておき、とにかく女性が促す機会が多いということは無視できない事実です。

下着売り場に男性を同伴させる女性の心理は?

下着を一緒に選びたいなら通販でもよくない?(写真:iStock)
下着を一緒に選びたいなら通販でもよくない? (写真:iStock)

 では、本題です。下着売り場に男性を同伴させることに抵抗がない、むしろ同伴させたいという女性の気持ちを考えてみました。

・男性に選んでもらった下着を着けたい
・男性の下着の好みを知りたい
・下着を選ぶことで盛り上がりたい
・外で待っていてもらうのが申し訳ない

 こんなところでしょうか。

 お気づきの通り、全くもって「自己中心的」です。「そんな気はない!ファッションの一環!女性服屋に行くのと一緒!」なんて賛成派の声が聞こえてきそうですが。

 でも、下着を一緒に選びたいだけなら通販でも良いんですよ。それなのに、なぜ、あえて公共の場でもある下着売り場に連れて行くのか。周りの女性たちには理解を得られず、最悪な場合、男性が嫌な思いをする可能性もあるというのに。

下着売り場に男性を連れて行く女性は「若気の至り」?

「若気の至り」というのが一番しっくり(写真:iStock)
「若気の至り」というのが一番しっくり (写真:iStock)

 下着売り場に男性を同伴しているカップルは、10〜25歳くらいの比較的年齢が若い方が多い気がします。逆に、40代以上のカップルはあまり目にしませんね。

 男性も女性の申し出を断固拒否しないのは、「若い自分が下着売り場に入っても嫌がられない」と思っているからなのでしょうか。若い世代の方って、なにかとオープンですし。

 まぁつまりは、「若気の至り」というのが、1番しっくりくるような気がするのです。そう考えると、「年を取れば、そのうち分かるって」なんて、温かく見守る心さえ持てる気がしてきました。

日本では男性が下着売り場に同伴する文化がない

通販サイトで仲良くショッピングを楽しんで(写真:iStock)
通販サイトで仲良くショッピングを楽しんで (写真:iStock)

 海外の国によっては、異性の友人同士でも気軽に下着売り場に行けるそう。でも、ここは日本。男性が下着売り場に同伴する文化はやっぱりないため、控えた方が賢明です。

 もしかしたら、50年後の日本では「男性同伴が当たり前!」ってなっているかもしれないですけどね。そうなったら、「おばあちゃんたちは、最先端だったのよ」と自慢すると良いと思います。

 それまでは男性と一緒に通販サイトを見て、ラブラブと好みの下着を選んでみてはいかがでしょうか。

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM