正直しんどい!メンタル不調の人に逆ギレされたらどうする?

おくげちゃん 漫画家・イラストレーター
更新日:2022-08-05 06:00
投稿日:2022-08-05 06:00
 コロナ禍もあってか、ここ数年で急激にメンタルケアや心の病気に関する本やニュースが増えた気がします。
 悩みを抱えている人にとっては、周囲からの理解が高まるのはありがたいですよね。
 だけど私は、この状況にちょっと疲れています。どろんぱは営業終わり、モジョ子とコミは帰り支度をしています。

 

 

 

(漫画:おくげちゃん)
(漫画:おくげちゃん)

 

「理解」を押し付けられたら即退散!

 私はいわゆる”気にしい”で、同じタイプの人の心が、少しでも軽くなるように漫画を描いてきました。そして同時に、周りにも優しい人が増えればいいなぁ……とも思っているのですが、その前に気をつけているポイントがあります。

 それは、周りがしてくれている配慮を当然だと思わない。気にしいな自分と付き合ってくれる人の息苦しさを忘れないことです。

 例えば、鬱などの精神疾患を抱える人の経験談はたくさん出てくるけれど、それに比べて、その家族や友人など、当事者の周りの声は圧倒的に少ないと思いませんか?

 私は自分が気にしいなので、人よりも怒られたり、注意されたりするのが苦手です。

 言い方によっては、人格否定されているように感じてしまい、相手の言葉の本質を理解できない時もしばしば……。そのせいで、喧嘩になった時もあります。今思えば、相手の気持ちなんて、微塵も考えてなかったなと申し訳ない気持ちになります。

病気を“人質”にされたら、逃げてもいい

 逆に、私が相手に気を使いすぎて疲れてしまったパターンもありました。傍若無人なふるまいに物申すと「私はそういう病気だから」と逆ギレされた……なんて話も身内から聞いたことがあります。

 でも心って目に見えないので、本当に難しいですよね。だからそういう時は、ぶっちゃけスッと離れる以外の選択肢はないと思います。呼吸ができる場所までちゃんと離れる。そして、相手に気づいてほしいと思わない方がいいです。

 メンタルが不調の時って、自分のことでいっぱいいっぱいですからね。自分の心に余裕がある時に、さらっと付き合うので十分です。

 当事者も周囲も、しんどくない付き合い方をしたいものです。

登場人物紹介

モジョ子、コミ(漫画:おくげちゃん)
モジョ子、コミ (漫画:おくげちゃん)

モジョ子:自信がほしい主人公。共感力が高すぎて、相手の気持ちばかり考えてしまい、つい自己犠牲に走りがち。先輩のコミとは、なんでも相談できる間柄。

コミ:モジョ子の先輩。思ったことはその場で言うように心がけている。モジョ子の繊細さに時折イラつきながらも、大事にしているみたい。ちょっと暗い過去あり。

ライフスタイル 新着一覧


「15人のお侍さんが…」霊感のある女友達からのゾゾッとLINE
 あなたには、霊感のある友達はいますか? 彼女たちには、普通の人には見えないはずのものが見えるようです。そして、中には、...
すいかばかと呼ばれる男<3>「水果」でささやかな夏の贅沢を
 山梨県のすいかの生産量は全国で最下位の47位。その山梨県北杜市で、ひとりこだわりのすいかを作る男がいる。寿風土(ことぶ...
私、性格悪い?「シャーデンフロイデ」に気づいた時の処方箋
 みなさんは、シャーデンフロイデ(独:Schadenfreude)という言葉を聞いたことがありますか? 日本語に直訳する...
部長にサマるって“部長様”?カタカナでやらかした赤っ恥LINE
 いつの間にかすっかり私たちの日常に溶け込んだ「カタカナ語」。普段何気なく使っている人がほとんどだと思いますが、正しく覚...
“たまたま”様が本気のパトロール!まるで映画のワンシーン♡
 きょうは、高原にいらっしゃい!  山を望む雄大な景色の中、広大な縄張りを持つにゃんたま様に出逢いました。 ...
手間いらずでコスパすごっ!ルドベキアは見つけたら即買い!!
 職業病というか、なんというか。道端でハッとしちゃう植物を発見したら、どうにも気になるワタクシ。たとえ運転中でもどんなも...
【絶望】「夫の実家に帰省」要注意マナー&土産選びのまとめ
 夫の実家が遠方にあると、普段はあまりストレスを感じないかもしれません。しかし、問題は年に数回ある帰省時……。「気が重い...
愛してるぜ!意中のおんにゃの子に鼻チューしたい“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 7月18日~7月24日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
クーラーいつ掃除する?在宅勤務の“上から夫”に怒り爆発LINE
 コロナ禍ですっかり定着した在宅ワーク。今まで、仕事に出ていた夫が家にいる日々に、ストレスが溜まっている妻はたくさんいる...
いつか来る日のため…知っておきたいペットロスの乗り越え方
 家の中でペットを飼うのが一般的となった近年、昔に比べてペットとの距離も近くなっているため、ペットロスに悩む人も増加傾向...
障子がビリビリに…子どもから家を守るには 2022.7.16(土)
 持ち家でも賃貸でも、家にはなるべく傷つけずに過ごしたいものですが、それは大人の都合のようです。悲しいかな、大切にしてい...
愛される「ちゃっかり者」の共通点 人気NO.1の瞬間を目撃!
 ”ちゃっかり者”って言葉を聞いた時、みなさんはどんな印象を持ちますか?  私はちょっと、ずるい印象がしてしまいます...
アッ、やられた! 豹変する先生に身の危険を感じる私
 書店員として本を売りながら、踊り子として舞台に立つ。エッセイも書く。“三足の草鞋をガチで履く”新井見枝香さんのこじらせ...
ちび“たまたま”が爪とぎコーナーで「お母さん、交代して~」
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
わ、簡単!ハイブリッドスターチスを流行りのドライにする!
 夏になると猫店長「さぶ」率いる我が花屋に来店くださるお客様の多くが、仏様のお花を買い求めにいらっしゃいます。そんなお客...