美人でモテたのに…30~40代の婚活難民が急増中のワケは?

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2019-05-14 06:00
投稿日:2019-05-14 06:00
 山本早織の「結婚につながる恋コラム」第5回は、婚活を自分自身で難しくしている30~40代女性の特徴をお伝えさせていただきます。

プロを悩ませる「過去の栄光(エイコ)ちゃん」

「過去の栄光(エイコ)ちゃん」とは(写真:iStock)
「過去の栄光(エイコ)ちゃん」とは (写真:iStock)

 結婚相談所のカウンセラーやコンサルタントを悩ませる女性が一定数います。

 20代までは恋愛に悩んだことがなく、むしろ男性からちやほやされ、様々な良いものをご馳走してもらったり、プレゼントをしてもらったりして、モテてきた女性。

 そんな女性こそ婚活難民になり、プロを悩ませている「過去の栄光(エイコ)ちゃん」です。

 30歳を過ぎても男性への条件や理想が変わらず、過去に受けてきた恩恵をまだまだ受けられると勘違いしていると、いつまでたっても婚活が先に進まず、むしろ進むどころか年齢を重ねていくことで結婚への可能性が下がり後退していきます。

 私に相談に来た過去のエイコちゃんの一人、えみさん(43歳・仮名)

 彼女は若い時に少しモデルをしていたこともあり、スタイルが良く、43歳という年齢で考えると綺麗な女性。私に相談に来たのも、誰かいい人をつないでほしいということでした。

 私は彼女に、どんな結婚生活をイメージしているの?と質問しました。

「私は、料理も掃除もできないから、やっぱりそういうのはやりたくないんだよね。あとは、年収は最低でも2000万円は欲しいの。生活レベルが周りと違いすぎると…」

 彼女は少し大げさな例ではありますが、過去のエイコちゃんは誰もが同じように理想が高く、自分自身の市場価値を理解していない人ばかり。

目指す場所と現在地がわかって戦略が立つ

求めるものに対する自分磨きを(写真:iStock)
求めるものに対する自分磨きを (写真:iStock)

 20代の時に男性から受けた恩恵は20代で卒業!

 自分自身の市場価値と、現在地を知ることをしていかないと、いくつになっても20代の時の過去の栄光を武勇伝のように語り、結婚を遠ざけてしまうのです。

 素敵な男性は、常に市場価値を高く持つことができます。

 そんな男性が結婚に望むことは、派手な生活でもなく美人な女性を連れて歩くことでもなく、心安らぐ温かい素朴な家庭です。

 過去の栄光にしがみつくのは終わりにして、今を生きる覚悟をしてみましょう。

 婚活市場における自分自身の市場価値を直視し、自分の現在地はどこなのか?そしてどのような結婚をしていきたいのか? 目指している場所をしっかりと定めましょう。

 例えば、仕事のことを含めてお互いを認め合い、支え合う夫婦になりたいと思っている場合、お相手と出会った段階で仕事のことも含めて、自らの魅力を伝えていくことが必要ですよね。

 仕事のことを伝えたら男性が引くかも……と思って隠す方もいますが、その程度で引く男性はそもそもあなたの目指す結婚相手ではありません。

 目指す場所と現在地がわかるから戦略が立つのです。過去にしがみつくと、実際の現在地を理解できず、どんな戦略も効果的ではありません。

 年齢と共に輝く自分になるためにも、求めるものに対する自分磨きを行いましょう。

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM