電撃スピード婚がしたい!成功する女性の“5つの特徴”とは?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-06-08 07:07
投稿日:2019-06-08 06:00
 山里亮太さんと蒼井優さんの電撃スピード婚ニュースに、世間が沸いていますね。付き合って2カ月でのゴールイン!「結婚できない」と悩む女性から見ると、「そんなに簡単に結婚できて羨ましい!」なんて思ってしまうのではないでしょうか。そんな今回は、スピード婚に成功する女性の特徴について考えてみました。

あなたはどう?電撃スピード婚で成功する女性の5つの特徴!

スピード結婚、あなたは向いてる?(写真:iStock)
スピード結婚、あなたは向いてる? (写真:iStock)

 どんなものにも向き不向きがありますが、実は、スピード婚が向いている女性、そうでない女性がいると思うのです。そこで、成功する女性の特徴を紹介します。

1. 深い恋愛をたくさんしてきた恋多き女性

 深い恋愛をたくさんしてきて、一生添い遂げたいと本気で思った相手がいる女性ほど、スピード婚の相手に出会った時、「この人だ!」と分かるのではないか、そう思います。

 これを人は「運命」と呼びますが、実は「経験ありき」の場合が多いのではないでしょうか。なぜなら「相性が良い」と感じるには、そう思えるだけの根拠、要は「比較対象」が必要だからです。

 たくさんの失敗や経験を積んできたからこそ、生涯を共にしたい相手を見つけられる、つまりは恋多き女性はスピード婚に向いている気がします。

2. とにかくポジティブな女性

 スピード婚をする女性は、とにかくポジティブ!周りの人の意見に左右されることなく、「大丈夫」「うまくいく」と、物事を楽観的に捉えて失敗を恐れません。

 スピード婚が破綻して「離婚」となってしまっても、彼女たちは人生の汚点として捉えるのではなく、「愛して結婚した衝動や期間は事実」として、次に向かうパワーを持っています。ネチネチとしていないのも、スピード婚をする女性の特徴である気がします。

3. 結婚相手に求める条件が少ない女性

 一概には言えませんが、世の中の多くの女性は男性の経済力やルックス、経歴などの「スペック」を見る傾向にあるでしょう。だから、出会う男性ごとに値踏みをして、「もっと良い人がいるかも?」と、出会いと別れを繰り返してしまうのです。

 しかし、電撃婚をする女性は、「結婚して一緒にいたい」という感情だけで動くことができます。つまり、「スペックと結婚しない」というわけです。裏を返せば、精神的にも経済的にも自立をしているからこそ、自分と相手の関係だけを信じて突き進むことができるのでしょう。

 話は飛びますが、美輪明宏さんの格言で、「財産、知性、知名度…不完全な女ほど男に対する要求が多い」というものがあります。まさにこれ。要求をする前に、自分がしっかり立っている。この精神は、スピード婚云々の前に女子力を上げるヒントになりますね。

4. 結婚の「形」に囚われない女性

「彼と◯年付き合って、◯歳になったら結婚する」と、プランを立てる女性は多いです。でも、結婚ばかりは相手ありきのことですので、なかなか思うようにいかないもの。

 でも、スピード婚をする女性は、世間でいう結婚の「形」に囚われません。デメリットなイメージがある「電撃スピード婚」も厭わない、もしもその後破局となって「バツ」がついても後悔しない。そう、世間のイメージよりも、今の自分の感情を重視します。

 一見、風来坊のようにも見えますが、そんな女性たちは勢いでスピード婚をするのではなく、選んでそうするのです。元からそんな考えであれば、そこに至るまでも結婚と離婚を繰り返しているでしょうから。(中には、そういった女性もいますが)

5. 周りの人を上手に巻き込める女性

 スピード婚となると、「もう少し落ち着いてからでも良いんじゃない?」と反対されるのが関の山。

 でも、「こんなに素晴らしい人だから結婚したい」「この人といたら幸せになる」と、親兄弟、友人など、周りの人を上手に巻き込み、「この2人だったらうまくいくかもしれない!」と、納得させる力を持っているのもスピード婚に向いている女性の特徴でしょう。

 また、きちんと周りにも認めてもらえるということは、普段の人間力も重要です。持ち前の明るさや行動力、人となりがあるからこそ、祝福をしてもらえるのですから。

2カ月後、もしものスピード婚に踏み出せますか?

二人のこれからを想像できればスピード結婚もあり(写真:iStock)
二人のこれからを想像できればスピード結婚もあり (写真:iStock)

 電撃スピード婚の離婚率は高いと言われていますが、でもそれはあくまで統計であって、あなたがそれに当てはまるかなんて分からないこと。

「スピード婚」は、結婚の1つの形です。2カ月という短い期間でお互いの白髪頭を想像できて結婚する、そんなカップルは確かに存在するのです。たとえその後、離婚することになっても、永遠を信じられた時点でそれは成功なのではないかと思います。

 この記事を読んでいるあなたも、もしかしたら2カ月後に電撃スピード婚をしている可能性があるのかも。そんなタイミングに、あなたは一歩踏み出せる女性ですか?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ