浮気した男はまた浮気する説について “浮体男”の対処法は?

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2019-11-14 19:23
投稿日:2019-08-31 06:00
 浮気をした男性が、また浮気する確率は非常に高いといわれています。浮気者の夫や彼を持つ女性が私のところに相談に来られて、「これで二度目です。許せません」と涙ながらに訴えることは珍しくありません。今回は、浮気癖のある男性についてです。
一度あることは二度ある(写真:iStock)
一度あることは二度ある (写真:iStock)

 今年6月、俳優・原田龍二さんの4WD車内不倫が文春砲でスクープされました。自分に好意を寄せるファンを次から次へと4WDの愛車に連れ込んでいたというもの。ムードや雰囲気など構わず、さっさとズボンを下ろして行為に及ぶ姿はオス丸出しです。

 原田さんのケースは、典型的な“遊び”が目的。なにせ性欲が旺盛なので、理性が崩れるようなお酒の席やすり寄ってくる女性がいると、止まりません。

 精子が溜まったから出したい → 食事などはマスコミの目もあるし面倒臭い。風俗も無理 → そうだ、仲のいいファンがいる → デートに誘って車に乗せよう……。

 決して許される行為ではありませんが、思考回路はその程度。深い考えは一切なし。深く考えるような人なら、こんな行動は絶対にできません。

気持ちが入っていない浮気をする男性の心理

目的はひとつだけ…(写真:iStock)
目的はひとつだけ… (写真:iStock)

 こうした行動は浮気といえば浮気ですが、私の言葉で解釈するなら「浮体(うわたい)」といいます。

 気持ちが入っていないので、目的は射精のみ。しかし、女性は男性と継続的に肉体関係をもつとき、必ず愛情が伴うので、男性に愛情がないと分かれば、悲しくなります。あるとき、そんな満たされない気持ちがエスカレートし、文春への暴露につながったのでしょう。

 原田さんは俳優という立場で、本人に吸引力があり、ファンの女性が寄ってきます。簡単お手軽にできる環境にいましたが、一般の男性はほとんどがそうもいきません。

 デートを重ねて、お酒を飲んだり、食事をしたりしながら、会話をして相手の女性を褒めます。時々、女性のグチを聞いて、相手の機嫌を取ることも必要でしょう。その結果としてコトに及ぶに至るまでには、根気も時間もお金もかかります。

 それが浮体だと、本人に気持ちがないので、ある程度の年齢になって、精力的なエネルギーが衰えてくると、面倒臭くなって、自然と興味を失いますが、女性としては衰えを待っているほどおおらかでいられません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


いい恋愛をすると綺麗になる5つの理由♡ 注意したいケース
 昔から、女性は「恋をすると綺麗になる」なんて言われていますが、あなたはそれを実感したことがありますか? 実は、これは本...
恋バナ調査隊 2021-09-05 06:00 ラブ
収入減で価値観の違い露呈…ネガティブな妻に無力感を抱く夫
「冷酷と激情のあいだvol.54〜女性編〜」では、楽観的すぎる夫の性格に価値観の違いを痛感している妻・Kさんの苦悩をご紹...
並木まき 2021-09-04 06:24 ラブ
夫婦で収入減も「大丈夫っしょ」…楽観的すぎる夫に冷める妻
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-09-04 06:17 ラブ
男性にモテる♡ギャップの作り方5STEP&簡単ポイント
 男性にモテるためには、ギャップが有効♡ 女性の意外な部分に惹かれて、恋に落ちる男性って意外と多いんですよ。そこで今回は...
恋バナ調査隊 2021-09-03 06:00 ラブ
私のお金が目当てだった…ヒモ気質の夫と決別した女性の事情
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-09-03 06:00 ラブ
ネットで知り合った人と会う時に気を付けるべき“3つのこと”
 SNSやマッチングアプリで知り合った人と会い、事件に巻き込まれてしまう女性が後を絶ちません。特に初めて会う場合には、自...
内藤みか 2021-09-02 06:00 ラブ
価値観が合う人ってどんな人? 4つの特徴&見つけ方のコツ♡
 男性とお付き合いするなら、価値観が合う人を選ぶと長続きすると言いますよね。でも、「価値観が合う人」とは、いったいどんな...
恋バナ調査隊 2021-09-02 06:00 ラブ
社内恋愛は公表するべき?知っておきたいメリット&デメリット
 社内恋愛は、周りに知られないようにこっそり愛を育む人が多いです。秘密で付き合うことで、ドキドキ感を楽しんでいる人も多い...
恋バナ調査隊 2021-09-02 06:00 ラブ
彼からテキトーに扱われてない? 大切にされない女性の特徴
 オトナな関係になって恋愛が前に進まない——。そんな女性の恋の悩みを聞いていると、毎回彼の家に行ってご飯を作ったり、尽く...
若林杏樹 2021-09-01 06:00 ラブ
“恋愛したい”と思う既婚女性は要注意!隠れた心理&落とし穴
 好きな人と結婚したはずなのに、なぜか「また、恋愛がしたい」と思う人がいます。そんな人は「相手にバレなければいいだろう」...
恋バナ調査隊 2021-09-01 06:00 ラブ
厄介…“マウンティング彼氏”の4つの特徴&困ったときの対処法
 せっかく彼氏ができたのに、その彼が実は「マウンティング彼氏」だったら少々厄介。そこで今回は、マウンティングする彼氏の4...
恋バナ調査隊 2021-08-31 06:00 ラブ
言葉は不要? 大人が告白なしで付き合う理由4つ&デメリット
 本来、恋愛は告白してから付き合い始めるのが一般的。でも、大人になるにつれて、「告白なしで付き合う」ということも増えてく...
恋バナ調査隊 2021-08-31 06:00 ラブ
恋愛上手は仕事上手♡ 3つの理由&恋愛強者から学ぶスキル
 よく世間では、「恋愛上手は仕事上手」と言われますよね。一見関係のなさそうな「恋愛」と「仕事」ですが、実はこれ、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-08-30 06:00 ラブ
職場で振られた後どうすればいい?上手な接し方&乗り越え方
 失恋の中でも特に辛いのが、職場の人に告白して振られたり、別れたりした時でしょう。失恋後も仕事相手として接したり、顔を合...
恋バナ調査隊 2021-08-30 06:00 ラブ
男性が思わずOKする♡ LINEでのデートの誘い方5つのポイント
 男女の恋愛を進展させるのに欠かせないLINE。出会ったあと、LINEでどのようなやりとりをするかが、その後の2人の関係...
恋バナ調査隊 2021-08-29 06:00 ラブ
とにかく妻を怒らせたくない…不機嫌な妻に恐怖心を抱く夫
「冷酷と激情のあいだvol.53〜女性編〜」では、なんでも自分に質問してくる夫に嫌悪感を抱き始めた妻・Yさんの苦悩をご紹...
並木まき 2021-08-29 06:06 ラブ