初めては小学生…オナニーにハマった女性が知った自分の魅力

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2020-03-27 06:00
投稿日:2020-03-27 06:00
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと主体的に性を楽しめるようになる。女性の様々な性癖に迫ります。

小学校低学年で快感に目覚める

ひとりでするのが好き(写真:iStock)
ひとりでするのが好き (写真:iStock)

 ほんの数十年前まで、女性がマスターベーションをするのは、「普通ではないこと」「恥ずかしいこと」とされていました。女同士であってもそのことについては、なんとなく話しにくく、ゆえに気持ちのいいやり方を共有し合う機会もほとんどありませんでした。が、最近では、マスターベーションをすることは、当然のこととなり、様々な女性向けグッズも売られ、多くの女性が「自分の好きなマスターベーション」を追求するように。

 今回、お話を聞かせていただいたMさん(20代後半、医療関係)も、マスターベーションを楽しんでいるひとり。いったいどんな性癖を満たしているのでしょうか。

「もともと、いわゆるクリ派なんです。自慰をする時は、電マと中用のバイブと両方使って、クリでイった後にバイブを膣に入れるっていうのが最高に好きで、それをずっとやってきました」

 Mさんがクリトリスの快感を知ったのは、小学校に入ってすぐのころ。当時流行していたパソコンのフラッシュ動画を見ていたところ、たまたまハッキングされ、そこに表示された某アニメのキャラクターをパロディ化したアダルトサイトを見たことがきっかけでした。

 うつ伏せの体勢で、ズボンの上からクリを押すスタイルのオナニーからスタートし、やがて中学生になると、両親の電気マッサージ器をこっそりと使用して、すっかり虜に。うっかり長時間使いすぎて、熱暴走で溶かしてしまって、自慰を勘ぐられたこともあったといいます。

オナニーで“連続絶頂”を経験

頭が真っ白になる感じ…(写真:iStock)
頭が真っ白になる感じ… (写真:iStock)

「クリも中も、どっちも気持ちいいんですが、クリの方が頭と直接、繋がってる感じがありますね。中はずっしり重いんですが、クリは頭で弾ける感じで。クリで何度もイってるうちに感覚が敏感になっていくのが好きです。私はだいたい6回目にイったあたりから、頭が真っ白になる感じがします。一度のオナニーで何回くらいイクかっていうと、自分が満足するくらい、というアバウトな目安でやっているのですが、だいたい10回くらいが目安でしょうか」

 いわゆる“連続絶頂”をオナニーで実現しているMさん。しかし、連続絶頂のハードルは、一度イクとくすぐったくなってしまうこと。ゆえにオナニーでそれを実現するのは、なかなか難しくもあります。なにかコツがあるのでしょうか。

「イった後に、くすぐったさを我慢して、必死にまた良いところを探す作業から始めます(笑)。ただ、最近はクリと膣への刺激を、交互に繰り返すやり方を採用しているので、膣を刺激している間に、クリの休憩が出来ているのかもしれません。クリだけでするなら、そうですね……コツとはいわないかもしれませんが、足を開いた状態で、電マを当てることを意識してます。以前は、足を伸ばして――いわゆる足ピンっていうスタイルでしていたんですが、でも、足を開いてイクのを練習したら、そっちのほうが何倍も気持ちよくて何度もイケるってことに気が付いたんです」

自分の魅力を高める行為

快感だけじゃない(写真:iStock)
快感だけじゃない (写真:iStock)

 マスターベーションで“連続絶頂”を楽しんでいるMさんですが、相手のいるセックスはどうなのでしょうか。

「実は一度だけ、電マを使うのが好きな男性とお付き合したことがあります。そもそも今の足を開いてする自慰の方法も、その人がきっかけだったんですが、その人と別れて以降は、自慰とセックスとは別物で考えています。もちろん、性的に合致する人がパートナーだったらいいなとは思います。でも、1人でも出来ることだって割り切ってしまってからは、あんまり重要視をしなくなりました」

 そんなMさんにとってオナニーとはいったいどんなものなのでしょうか。

「自分の魅力を高めるものだと思います。気持ちいいってことも、潤いですし、自分はこんなに可愛いくなれるって感じることのできる行為です。でも、一番感じた副次的効果は、感度が良くなって普通のセックスでも楽しめるって事ですね。相手にも喜んで貰えますし、『セックスする時の私はお前が今まで抱いてきた女の中で一番可愛いだろう!?』って気持ちでやってます」

 快感を得るばかりではなく、自分への自信をも身に着けられる。メリットだらけのマスターベーション、あなたは楽しめていますか。

エロコク 新着一覧


デリケートゾーン全体をカバー…マッサージされるような快感
 女性はクリトリスの刺激が大好きです♡  ラブグッズ業界はそのへんをしっかり心得ているので、あの手この手でクリに...
桃子 2020-09-26 06:00 エロコク
ヤリモク男は悪いの?あなたも“ヤリモク女”になっちゃえば?
 カラダ目当ての男って、私は嫌いじゃありません。「ヤリ逃げされた」とか「遊ばれた」とか言ってる女子もいるけど、性欲を満た...
スルッと簡単に挿入できる“リモバイ”でアブノーマルな快感を
 リモートワーク、リモート飲み会……。リモートという言葉がこんなに使われる日が来るなんて、誰が予想したでしょう。ラブグッ...
桃子 2020-09-20 06:00 エロコク
これが正解!浮気がバレた時のパーフェクト対処法7カ条<前>
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
スマホをリモコンに遠隔操作!遠距離恋愛カップルにおススメ
 手にした瞬間、ずっしりと重い。「ウィーバイブ ワンド」は私が試してきた数々のラブグッズの中でも最重量級です。  ...
桃子 2020-09-18 12:03 エロコク
自在に曲げて好きな角度に当てれば…念願の“中イキ”が実現
 気持ち良さとは理屈によるものではない、と思われがちです。たしかに、セックスではフィーリングが大事。でも実は、体の仕組み...
桃子 2020-09-07 11:06 エロコク
され女が浮気相手と直接対決!やり取り全貌と招かれざる客
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
世界が広がった…夫一筋の専業主婦が“裏垢”にハマった理由
 ツイッター上で、性的な画像や発言などの投稿をくりかえす“裏垢女性”のアカウント。目にする度に「いったい何の目的があって...
大泉りか 2020-09-02 18:00 エロコク
膣と子宮から広がる波紋…重く細やかな振動で深いオーガズム
「骨まで愛して」という懐メロを聴いたことがあります。人には見えない、自分の芯のところまで愛されたいという、情念や執着があ...
桃子 2020-08-29 06:00 エロコク
敏感な部分にジャストミートで“リモバイ”を十分に楽しめる
 “リモバイ”という言葉が分かるなら、あなたはラブグッズ上級者。この連載でも何度か取り上げてきましたが、リモートバイブ、...
桃子 2020-08-24 15:29 エロコク
女流官能作家なのに「膣イキ」できない…お悩み解消法3選!
 日々、男女のセックスを書いている官能作家の筆者ですが、実はセックス時、膣内(なか)でイクことができません。  こ...
蒼井凜花 2020-08-18 23:35 エロコク
進化した“吸引系” 口が大きく男性の胸にもピッタリ吸い付く
 クリトリスを覆って振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”グッズ。大流行となって、一時期は新商品が乱発していました。現...
桃子 2020-08-15 06:00 エロコク
彼氏が浮気…淫乱道を極めるために、初3Pの覚悟をした夜。
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
小さな舌が超高速でペロペロ…“ダブルインパクト”を痛感
 学生時代、見た目はふんわりお嬢さま系なのに、大型バイクを乗り回す同級生がいました。その意外性にドキドキしたものです。今...
桃子 2020-08-12 06:00 エロコク
浮気された!ドリカム状態の手近な男を共犯に浮気し返す方法
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
入れるだけであそこをキュッと引き締められる超売れボール
 ステイホーム期間、ラブグッズ業界は店舗を閉めざるをえなかった一方で、通販での売れ行きはよかったといいます。  な...
桃子 2020-07-29 06:00 エロコク