コロナ禍でも不倫が終わらなかった女の3つのしなかったこと

内藤みか 作家
更新日:2020-10-29 06:00
投稿日:2020-10-29 06:00
 コロナ禍で、驚くほど多くの不倫カップルが会うことができなくなり、そのまま別れに至りました。そんななか、今でも仲が続いているカップルもいます。不倫関係を失わずに済んだ女性たちに共通しているのは、3つのことをあえて「しない」ことでした。

会いたがらない

ひとりでも楽しく過ごせるし(写真:iStock)
ひとりでも楽しく過ごせるし (写真:iStock)

 何人かの不倫を続けている女性たちに共通しているのは、実は「自分からは会いたがらなかった」ことでした。逆に、不倫相手から別れを告げられた女性は、コロナ禍でも「いつになったら時間できるの?」などと会うことを要求していました。会ってくれない男性に対して「私のことなんかもうどうでもよくなっちゃったの?」と責め立てた人もいます。

 不倫が続いた女性は、不倫相手に対してあまり思いつめていませんでした。「これで終わりならもうしょうがない」と現実を冷静に受け止めていたのです。そして「今までバレずに会えてきただけでもラッキーだったし」などとポジティブに考えていたのです。自宅で自粛生活を送る彼の邪魔にならないように連絡もしていませんでした。

 会いたがらない女性、連絡もくれなくなった女性、そういう存在のほうが男性は気になります。「もしかして俺の他に男がいるのかも」などと考え、追いかけたくなってしまうのです。コロナ禍では、不倫相手にあえて「会いたがらない」女性が大勝利をあげたのでした。

外に出かけない

おうちで過ごせばいいじゃん(写真:iStock)
おうちで過ごせばいいじゃん (写真:iStock)

 また、不倫が続いた女性たちは、不倫相手とはできるだけ室内で過ごし、外には出かけないようにしていました。コロナ禍なので気をつけていたというのもありますが、もともと人に見つからないほうがいい関係です。あまり出歩くべきではないと謙虚に考えていたのです。感染リスクを減らすためにも、できるだけ室内で過ごす配慮は必要です。

 けれど、不倫相手から別れを告げられた女性たちは「どこかに連れて行ってほしい」「一緒にお出かけしたい」などとコロナ禍でもワガママを言い続けてしまいました。身を隠すことを拒むのは「私こそが彼の運命の相手なのに、どうして隠れなくてはいけないの?」という反発心もあったのでしょう。

 自分の利益ばかりを求める姿は、自粛が呼びかけられているなか、自己中心的に見えてしまいます。コロナ禍では、不倫相手の安全を最優先にし、控えめな行動をとれる女性ほど、株を上げることができたのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


暴走されるのが嫌…恋人からの期待に絶対に応えない男の事情
「冷酷と激情のあいだvol.39〜女性編〜」では、恋人から一度も「愛してる」と言われないことに悩む女性・Tさんの叫びをご...
並木まき 2021-05-22 05:45 ラブ
なぜ? 恋人から一度も「愛してる」と言われない女性の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-22 05:44 ラブ
男性と目が合うのは脈ありサイン? 5つの特徴を見極めて♡
 好きな男性と目が合うと、誰だって嬉しいもの。「これって脈ありサインなの?」とドキドキする人も多いでしょう。でも、万が一...
恋バナ調査隊 2021-05-21 06:00 ラブ
コロナ禍で「無恋愛時代」に?恋より仕事を選ぶ女性が急増中
 コロナ禍による出会いの激減により、恋愛をすること自体をあきらめる女性が続出しています。そんな“無恋愛”を選択した彼女た...
内藤みか 2021-05-20 06:00 ラブ
彼氏が頭を撫でるのはなぜ? 隠れた男性心理&嫌な時の断り方
 男性は好きな女性と接している時、気持ちが行動に表れてしまうもの。彼女の頭を撫でるのも、そういった心理が働いています。女...
恋バナ調査隊 2021-05-20 06:00 ラブ
母性とオカン化の違いとは? 男がベタ惚れする母性の魅力!
 みなさん、母性あふれる女性って魅力的だと思いませんか? 近年では「バブみがある」と言いまして、つい甘えたくなる女性のこ...
若林杏樹 2021-05-19 06:00 ラブ
婚活成功への道♡ 結婚相談所を比較するなら?選び方11のコツ
 突然のコロナ禍。人とのコミュニケーションが少なくなり、健康やお金、仕事への不安を抱えている人も多いでしょう。でも、そん...
彼に嫌われるかも…恋愛中に送ってはいけないタブーなLINE5つ
 恋愛中、彼との連絡やコミュニケーションに欠かせないLINEですが、彼からのメッセージに舞い上がってしまって、気付かぬう...
恋バナ調査隊 2021-05-19 06:00 ラブ
どう接したらいい? 泣く彼氏に隠れた4つの心理&対処方法
 一昔前までは、「男性は人前で泣かない」というのがセオリーでしたが、最近では彼女の前でも隠すことなく涙を流す男性が増えて...
恋バナ調査隊 2021-05-18 06:24 ラブ
惚れっぽい女性必見!6つの特徴で診断&上手に恋をする方法
 出会ったばかりの男性を好きになったり、男友達と二人で遊んだだけで気になりはじめてしまったり……そんな惚れっぽい女性は、...
リタ・トーコ 2021-05-18 06:25 ラブ
彼は大丈夫? ストーカー彼氏になる男性の特徴5つ&対処方法
 彼氏から束縛や心配をされると、「愛されている」と喜んでしまう女性は多いでしょう。しかし、その行動は愛ではなく“ストーカ...
恋バナ調査隊 2021-05-17 06:25 ラブ
男性に“彼女にしたくない”と思われる女性の特徴5つ&NG行動
 好きな人ができたら、その人の彼女になりたいと思うのは当然ですよね。でも、あなたが片思いをしている場合には、付き合うかど...
恋バナ調査隊 2021-05-16 06:23 ラブ
結婚相手を見極める!郵便ポストが溜まっている男にはご用心
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚に反対する親も少なくなりました。ずいぶんと時代は変化しましたが、できれば...
山崎世美子 2021-05-15 06:00 ラブ
彼はどう? 亭主関白彼氏のタイプ別特徴&上手な付き合い方
 亭主関白タイプの男性は、「男らしくてかっこいい」という意見がある反面、「自己中心的過ぎて腹が立つ!」と感じる人もいます...
恋バナ調査隊 2021-05-15 06:00 ラブ
私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ