料金は?リスクは?「ママ活」と「出張ホスト」どう違うの?

内藤みか 作家
更新日:2020-11-19 06:00
投稿日:2020-11-19 06:00
 近ごろは、密を避けてマンツーマンで遊ぶ人が増えています。そんな時に便利なのが彼氏代行的な存在。けれど最近は「ママ活」という方法で彼氏代行を請け負う人がいます。「出張ホスト」とはどこが違うのでしょうか?

料金が明示されないママ活

ぼったくられる危険性アリ!(写真:iStock)
ぼったくられる危険性アリ! (写真:iStock)

 ママ活とは、パパ活の逆です。パパ活は女性が男性とデートをしてお小遣いをもらうものですが、ママ活は男性が女性とデートをするのです。ただしママ活はまだあまり浸透していません。

 お金を払ってでも素人男性とデートしたいと考える女性がほとんどいないからです。マッチングアプリにタダで女性と会う男性がゴロゴロいるので払う必要を感じないのでしょう。

 そしてママ活は個人で行っているので、明白な料金がありません。

 お金持ちそうな女性には高額をふっかける男性もいるため、相場をしっかり調べておかないとぼったくられるリスクがあります。

 逆にいえば料金が高いと文句を言えば、値引きに応じてくれる可能性があり、値段は交渉により変動するのです。

明朗会計の出張ホスト

出張ホストは明瞭会計(写真:iStock)
出張ホストは明瞭会計 (写真:iStock)

 意外に思われるかもしれませんが、出張ホストは料金がはっきりと決まっています。

 たとえば午後6時から9時まで3時間レンタルしたら、3時間の料金にプラスして交通費や指名料がかかるという感じです。請求に明細もしっかりと記載されています。

 なぜこんなにしっかりしているかというと、出張ホストや彼氏代行は業者が運営しているからなのです。

 男性の言い値のママ活は、その時々によって、同じ時間なのに料金が変動します。

 たとえば「今月ピンチだからちょっと多めにお小遣いちょうだい」などと甘えられてしまうのです。

 料金が固定の出張ホストの場合はそうしたことがないので安心です。もちろんホストにチップを渡すことはできますが、どちらかというとそれは女性からの「お気持ち」となります。

すっぽかしやドタキャンがあるママ活

ドタキャンなんてことも…(写真:iStock)
ドタキャンなんてことも… (写真:iStock)

 ママ活は個人がSNSやマッチングアプリを利用して活動しているものです。なので、突然アカウントを削除し、連絡が取れなくなるリスクがあります。

 また、デート当日になっていきなり「体調が悪い」などとドタキャンされたり、ひどい場合は初回デートをすっぽかし、そのまま行方をくらます人もいるのだとか。

 その点、出張ホストや彼氏代行の場合、運営業者がいるため、万が一急病でドタキャンになった時には、代理のホストを派遣してくれたり、次回料金を割引してくれたりと、なんらかの対応をしてくれるところがほとんどです。

 パーティーの同伴など、欠席できない大事な用事の場合は、登録ホストが大勢いる業者のほうが安心かもしれません。

お姫様扱いしてくれる出張ホスト

出張ホストのレディーファーストでお姫様気分(写真:iStock)
出張ホストのレディーファーストでお姫様気分 (写真:iStock)

 幸せな気持ちでデートを楽しみたいのなら、出張ホストや彼氏代行など、プロの男性のほうがおすすめです。特にランキング上位のホストは、女性を心地よくさせる言葉づかいを心得ているものです。

「その洋服かわいいね」などとちょっとしたことを褒めてくれたり、荷物を持ってくれたりドアを開けてくれたりと、レディーファーストに振る舞ってくれるので、お姫様気分も味わえるでしょう。

 普通の男性とデートしたいと考えるのなら、ママ活の男性かもしれません。彼らはただ食事やデートに寄り添ってくれるだけで、何かサービスをしてくれる存在ではなく、どちらかというと「付き合って”あげている”」という感覚を持っている人が多いのです。

 運が悪いとデート中に「欲しいものがある」と何かをおねだりされてしまうかもしれません。

 総合的にみて、支払ったお金に見合う幸せを得られるのは、プロの男性たちだと言えるでしょう。

 また、ママ活は個人間の取引となるため、相手の住所や本名がわからないまま会うことになるため、トラブルになった時に連絡先がわからず、間に入ってくれる業者も存在しません。

 リスクが高めだということをよく考え、慎重な行動を心がけましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ
年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオト...
内藤みか 2021-05-06 06:00 ラブ
結婚に失敗する人の特徴&後悔しないためのチェックポイント
「いつか素敵な人と結婚して幸せになりたい」と、思っている人は多いでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。今では、3...
恋バナ調査隊 2021-05-06 06:00 ラブ
同棲彼氏とのマンネリに悩まない!ラブラブに過ごす方法とは
 カレと同棲を初めてある程度月日が経過すると、お互いにいい意味でも悪い意味でも慣れてしまい、コミュニケーションが少なくな...
若林杏樹 2021-05-05 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? モテない女性の共通点5つ&卒業する方法
 女性の中には、「どうして私はモテないのだろう?」と、疑問を抱いている人がいます。自分のことは1番分かっているつもりでも...
恋バナ調査隊 2021-05-05 06:01 ラブ