クロちゃんの“汚料理・奇料理・謎料理”がツイッターで再燃

コクハク編集部
更新日:2021-11-07 06:00
投稿日:2021-11-07 06:00
確信犯?(C)日刊ゲンダイ
確信犯? (C)日刊ゲンダイ

「安田大サーカス」のクロちゃん(44)といえば、しばしばツイッターが炎上することで知られるが、そのクロちゃんのツイッターがこのところ再び話題になっている。

 11月2日、クロちゃんは「朝ごはん でっきあがり~」のメッセージとともに、自炊したとみられる料理を示して微笑む自撮り写真をツイッターに投稿。皿には細かく刻まれたハムとタマネギの炒め物が盛り付けられているが、かなり焦げていることも相まって彩りは最悪。その横にはミートボールだから、ほぼ茶色ばかりで、そのビジュアルの汚らしさを批判する声が寄せられた。

 もちろん、味は食べてみなければ分からないが、やはり料理は見た目も重要。というわけで、クロちゃんの「汚料理」ぶりを批判する声が相次いでいるのだ。

「汚料理」とは、見た目が良くない料理を表すネットスラングだが、クロちゃんのツイッターでは、かつて半月も煮込み続けたおでんがネット上でバッシングを浴びるなど、時折、「汚料理」「奇料理」「謎料理」の写真が投稿されてきた。最近またその手の写真が増えつつあるようだ。

 10月26日、クロちゃんは「朝ごはん ひやむぎ しゅーまい 今日は暖かいので夏気分だしん」と陽気につぶやき、ヒヤムギとシュウマイがセットになった食事写真を投稿。よくよく見ると、シュウマイは随所に氷が付着し、しっかり解凍しきれていないことがわかる。

 29日にはハヤシライスの写真が投稿されたが、その「奇料理」ぶりは圧巻だった。ご飯をもんじゃの土手のように盛って作られた「火口」の中に、ハヤシライスのルーが溶岩のごとく鎮座。その形状からか、クロちゃんは「ハヤシもんじゃ」と命名していた。

 さらにその2日後には、どう見ても多すぎるシソを浮かべたチゲ鍋の写真を投稿。前述の半月煮込んだおでんを思い出したとの非難の声が相次いだ。なお、クロちゃんは昨年5月に牛乳に浸したシリアルに大量のシソをトッピングした「謎料理」を投稿しているが、よほどシソが好きなのかもしれない。

 これらクロちゃんの料理写真に対しては、「頼むから外食してくれ!」とファンからの懸念の声まで寄せられる事態となっており、そのカオスぶりに困惑する向きは少なくない。

エンタメ 新着一覧


三上大進って何者? テレビやインスタで人気「スキンケア研究家」のハイスペックぶり
 いとうあさこ(52)、大久保佳代子(51)、若槻千夏(38)……そんなトークの猛者たちが顔を揃えた、10日放送のバラエ...
2022-08-16 17:03 エンタメ
橋本愛「家庭教師のトラコ」は「家政婦は見た!」から続く“因縁”の産物なのか?
 民放地上波では唯一の“連ドラ対決”となっている水曜夜10時枠。今期は、日本テレビが橋本愛(26)主演の「家庭教師のトラ...
2022-08-16 17:03 エンタメ
旧統一教会問題に消極的なNHK ラジオで“北朝鮮が文鮮明氏たたえ弔電”と報じネットで批判噴出
 安倍晋三元首相(享年67)の銃撃事件以降、政治と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関係が明らかになる中で、旧統一教会...
2022-08-16 17:03 エンタメ
映画「トップガン マーヴェリック」人気を支えるのは…“おひとりさま”中高年男性だった
 7月末に日本での累計興収100億円を突破した「トップガン マーヴェリック」の勢いが止まらない。1986年の前作を知るバ...
2022-08-16 17:03 エンタメ
井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍
 タレントの井森美幸(53)が「CHANTO WEB」(8月7日配信)のインタビューに登場し、デビュー当初から、「田舎者...
2022-08-16 17:03 エンタメ
こまつ座「頭痛肩こり樋口一葉」一葉への哀切に満ちた鎮魂歌
【演劇えんま帳】  1984年に初演されて以来、再演を重ねている井上ひさしの人気作で、明治の小説家・樋口一葉の晩年の1...
2022-08-16 17:03 エンタメ
桂竹丸「私が取るのが遅かったのと、弟子が早く取ったことで連続受賞となりました」
【桂竹丸 竹千代 師弟で大いに語る】#1  桂竹丸、竹千代師弟が、2年連続文化庁芸術祭受賞という快挙を成し遂げた。竹丸...
2022-08-16 17:03 エンタメ
大谷翔平くん、午前中に入ってくるあなたの明るい話題に本当に救われます
【山田邦子 人生いろいろ】  28歳の一般男性の年収は平均350万~400万円。ひと月30万円ぐらいあるからまあやって...
2022-08-16 17:03 エンタメ
「L.A.コールドケース」“渋い”ジョニ・デが未解決事件の闇に挑む実録捜査もの
【この夏、見るならこの1本】#1  この夏、恐竜だ、トム・クルだ、の大作が脚光を浴びているが、もう少し地味めでも、大人...
2022-08-16 17:03 エンタメ
坂口杏里“交際12日婚”は2カ月で破綻 セクシー女優デビュー、恐喝未遂逮捕から幸せ掴んだはずが
「ちなみに、離婚は成立しました せめて彼の誕生日が終わるまで仲直り夫婦でいる事、我慢していました」  15日、インスタ...
2022-08-16 17:03 エンタメ
ピース綾部祐二には2つの夢が「日本の英語を変える」と「ハリウッドスターになること」
【死ぬまでにやりたいこれだけのこと】  ピース・綾部祐二さん(芸人/44歳)  2017年にニューヨークに移住して注...
2022-08-15 17:03 エンタメ
元祖“ウルトラの女神”桜井浩子さん「『科特隊よ、永遠に』とお葬式写真を投稿、携帯が鳴り続けた」
【あの人は今こうしている】  桜井浩子さん  (「ウルトラマン」フジ・アキコ隊員役、「ウルトラQ」江戸川由利子役/79...
2022-08-15 17:03 エンタメ
パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」
【今だから語れる涙と笑いの酒人生】  パンチ佐藤さん(野球解説者/57歳)  タレント・野球解説者として長きにわたっ...
2022-08-15 17:03 エンタメ
ワンオクTakaとガーシーのコラボは“友情の証”? ファンからは「ついていけない」の声
《どんな人と友達でも自由だけど、公でのコラボはファン的には複雑》 《誰を友人とするかは個人の自由だから好きにすればいい...
2022-08-15 07:08 エンタメ
桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ
【シリーズ「光と影のアイドル群像」】桜田淳子  松田聖子や郷ひろみのように、いまなお熱い声援を浴び続けるスターはほんの...
2022-08-16 12:43 エンタメ
高橋一生の“共演者キラー”健在なり 今度は飯豊まりえと熱愛報道、過去にも次々ウワサに
 衝撃のニュースが飛び込んできた。5日発売の「FRIDAY」が飯豊まりえ(24)と高橋一生(41)の熱愛を報じたのだ。 ...
2022-08-14 17:03 エンタメ