お正月飾りっていつまで飾るの? 片付けるタイミングと方法

斑目茂美 開運花師
更新日:2022-01-05 06:00
投稿日:2022-01-05 06:00

まもなくお片付けのタイミングでございます

どうすればいい?
どうすればいい?

 お正月に飾ったお花や門松、しめ縄、注連飾りなど、毎年のことながら片付けるタイミングはいつなのか、どうやって処分をしたら良いのかと、迷ってはいらっしゃいませんか?

 お正月に飾った生花はそろそろ劣化が始まっていたりするのでわかりやすいですが、枯れることのないしめ縄や注連飾りなどについては、片付けるタイミングがわからずにモヤモヤしていらっしゃる頃かと思います。

 とはいえ、そろそろそんなモヤモヤごと片付けるタイミングの時期が近づいてまいりました。

 なんとなく縁起が悪そうな予感がしながらも、「わからないからゴミ箱に捨ててたわ」というアナタ。えぇ、お察しの通りそれは縁起が悪いのでござんすよ~。

 ということで今回は「今の時代に合ってます? お正月花の片付け方」の解説でございます。

お正月飾りを片付けるタイミングっていつですか?

枯れるまで飾ってもいいんでないかい?
枯れるまで飾ってもいいんでないかい?

 お正月飾りは、絶対にこの日に片付けなければいけない“決まった日”というものが実はございませんが、ある程度の目安になる“片付けタイミング”というものがございます。

 正月飾りもお正月花も片付けるなら「松の内」という考え方が、一番オーソドックスでございます。「松の内」とは、実は大きく分けて関東と関西では日にちが違います。関東では松の内は1月7日まで、関西では1月15日までとされております。

 地域によってはそれ以外の日にちもございますが、だいたいの目安はこんな感じでございます。

 ですが、関東での「松の内」が明ける1月7日となれば、お正月に飾った生のお花などはまだまだ元気で、処分するにはちょいと気が引けます。

 私としては「処分するのは枯れたらでいいんでないかい?」と思っておりますが、花屋などワタクシのようなお花に携わる者にとって、お正月の花は「小正月」まで(1月15日)とされており、それ以降は「若干恥ずかしいことである」という認識がございますので、店内商品も15日にはすべて取り換えるのでございます。

「小正月」ってなんですか?

猫缶をチンしてくれたけど、ヤケドして正月早々病院行きでエライ目あったわ byさぶ店長
猫缶をチンしてくれたけど、ヤケドして正月早々病院行きでエライ目あったわ byさぶ店長

 そういえば、「小正月」といわれてもご存じない方が多いのですが、1月1日を「大正月」、1月15日を「小正月」と呼びます。地域によっては、1月14日から16日の3日間を指す地域もございます。

 かつて日本では月の満ち欠けを1カ月の基準として暮らしていたため、新月の日を1日、満月にあたる日を15日、次の新月の日までを1カ月としておりました。

 満月には特別な力があると考えられており、旧暦の1月15日は新年はじめての満月にあたることで、この日を一年の始まりである正月として祝っていたんですね。

 小正月である1月15日は、歳神様をお迎えして祝う1月1日の大正月と比べると、さまざまな行事がございます。

 たとえば、五穀豊穣を祈る(小さく切った紅白のお餅を柳や枝に差した“餅花”の枝を、神棚や室内、玄関に束にして飾る)、吉凶占い(粥占いなど)や悪霊祓いで無病息災を祈る(厄祓いの赤い小豆を使った小豆粥やぜんざいを食べること)など、地域による民俗行事も含めれば、たくさんの行事がございます。

お正月飾りを燃やす「どんど焼き」の思い出

お飾りを燃やした煙で…(写真:iStock)
お飾りを燃やした煙で… (写真:iStock)

 その中でも、比較的なじみのある全国行事として「左義長(さぎちょう)」がございます。これは「どんど焼き(どんどん焼き)」のことであり、これは書き初めやお正月飾りを燃やす行事のことでございます。

 この煙とともに歳神様は天にお帰りになると考えられており、この聖なる炎で焼いたお団子やお餅を食べることで、無病息災と厄払いを祈ります。そしてお守りや門松などの玄関飾りや注連飾りなどは、このタイミングに片付けて燃やすのでございますのよ。

 ただ、今は環境問題や運営者不在などさまざまな理由から、そんな日本古来の行事が少しづつ姿を消してきております。

 ワタクシが子供の頃は、「どんど焼き」が当時地域ごとに存在していた子供会や自治会主導での年明け最初の行事として、やたらとポピュラーでございました。

 お飾りや門松を積み上げ、キャンプファイヤーのように燃え盛る山で焼くのは、地元のおじいちゃま&おばあちゃま軍団が張り切って作ってくださった赤や白、緑など枝に付けたカラフルなお団子。枝の先に付いているとはいえ、微妙に短い枝を炎に近づけると、炎の勢いが凄すぎてお団子が焼けるのが早いか、自分の前髪が焼けるのが早いか、ある意味命がけの恐ろしい燃えっぷりだった記憶がございます。

 確かに楽しくもありましたが、「もう少し枝の選定を考えてくれ! 頼む!」と、子供心に毎年感じていたことを今でも思い出すのでございます。

「どんど焼き」がない場合は…

お焚き上げをしてもらえるか確認を(写真:iStock)
お焚き上げをしてもらえるか確認を (写真:iStock)

 “私の地元では「どんど焼き」はやらんのじゃ”というアナタ。

 そんなアナタにはお焚き上げをしてくれる神社がお近くにあれば、そちらでお納めくださいませ。その際は、針金を使ってある造花や装飾品は取り外してからがベター。お焚き上げをしてくれる神社か否か、事前に確認をしてからをオススメ致します。

 また、それすら困難というアナタ。

 地域の分別ごみのマナーに従って、分別後、しめ縄など燃える物は広げた白い紙や布などに置いて「右・左・中」と塩でお清め。その後は丁寧に包んで、ほかのゴミとは分別した袋で処分すればOK。お正月に飾った生花も、同じ方法で処分すれば問題ございません。気になるようなら、お神酒を振りかけてもOK。これで、罰当たりな処分にはならないはずでございます。

 ご安心くださいませ。

 どうです?「処分タイミング」のナゾは解けましたか?

 素敵なお正月飾りにてアナタのお家にお迎えした歳神様に、ご満足して天上にお帰りいだたきたいものでございますな。

 今年一年がアナタにとって素晴らしい年でありますことを……遠いお空の向こうでお祈りしておりますよ~。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


風の時代だもの! 自信のある人たちの“神がかった”去り方
 皆さんは、自分が生活している環境をガラリと変える決断をしたことはありますか? 私はどちらかと言えば変化を好まない、腰の...
40代転職の厳しい現実よ…今すぐできる「才能」の見つけ方
 アラフォーになってから「自分の才能を知りたい」と思い始める女性は少なくありません。今まで淡々と仕事をこなしてきた女性た...
ドヤ顔!? ハンサムな“見返りにゃんたま”にキュン♡
 きょうは、ハンサムな見返りにゃんたま君!  菱川師宣の浮世絵「見返り美人図」は、振り返る瞬間的な動きの中に女性の...
2022年運気UPに「ミニ胡蝶蘭」のススメ! 長持ち5カ条も
「日持ちするって言ったのに、全然モタナイじゃんかよー!」  猫店長こと「さぶ」率いる我が花屋。今日も悩めるお客様が...
エンディングノートを書くことを決めた!息子に残したい思い
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
1月17日~1月23日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
喧嘩じゃないよ!“にゃんたま”の闘いごっこにハラハラドキドキ
 きょうは、猫プロレス「闘いごっこ」で華麗な技を披露してくれたにゃんたま君。  これは喧嘩ではなく、鍛えた肉体と習...
フレネミー女子5つの特徴&狙われた時の上手な対処方法
 友達だと思わせておいて、実は裏であなたの悪口を言ったり、陥れようとする「フレネミー女子」。あなたの周りに、そんな人はい...
仕事中にやっちゃった誤字LINE! 今すぐ忘れたい内容5選
 プライベートだけでなく、仕事でもLINEを使っている人は多いですよね。でも、気軽に送り慣れているLINEだからこそ、チ...
疲れてない? SNS断ちをするメリット&やめる6ステップ
 今では、一人一台スマホを持つ時代。スマホは、情報収集を簡単に行うことができる便利なツールです。しかし、周りについていこ...
本当は内緒にしたい!「formie(フォーミー)」スマホだけで資格取得できるサブスク体験記
 テレワークの普及などで、これまでよりも“自分磨き”の時間を取りやすくなった昨今。仕事に直結するスキルアップや「いつかは...
褒め言葉じゃない?「才能あるね」で人を傷つけてしまった話
「すごいね、才能があるんだね」。誰かにこんな言葉をかけられた経験はあるでしょうか。気軽に言ってしまうこのセリフですが、実...
専属モデルになって! レア柄“にゃんたま”の魅力にメロメロ
 きょうは前回に引き続き、左右半分に綺麗に色が分かれている、レアデザインのにゃんたま君です。  おやつのプレゼント...
インテリア度高し! オシャレ上級者注目の「コウモリラン」
 コウモリランという植物をご存知ですか?  本当の名前はビカクシダという名前ですが、最近……といってもここ数年です...
「ママよりパパがいい!」我が子の言葉にいちいち傷つかない
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
1月10日~1月16日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...