欲望を赤裸々に…あなたは何にエロティシズムを感じますか?

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2019-04-14 15:48
投稿日:2019-04-14 06:00

あなたはどんな性の願望を抱いていますか?

何にエロティシズムを感じ、興奮しますか?(写真:iStock)
何にエロティシズムを感じ、興奮しますか? (写真:iStock)

 あなたは何にエロティシズムを感じ、興奮しますか。どういう性の願望を抱き、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。

 わたしは、ショーツから指を忍び込ませられる時に、お腹側からではなくクロッチをずらす形で、入ってくるのが好きです。なぜだかはわかりませんが、記憶にある限り幼い頃から、マスターベーションをする時はいつも、クロッチをずらす形で下着の中に指先を挿し込んでいました。

 だから、初体験の時に、相手の男性が、すぐにショーツを下ろしてしまった時は「えっ!そうじゃない」と思いました。けれど、何も言えずに相手の行動に従ったのは、「ショーツのクロッチをずらして、アソコをいじって欲しい」と頼むのは、恥ずかしかったからです。

女性の“性の解放”は進んでいるけれど…

アダルトトイもかわいらしいデザインに進化(写真:iStock)
アダルトトイもかわいらしいデザインに進化 (写真:iStock)

 ここ数年、女性の“性の解放”が進んだという話が、メディアなどでよく報じられています。確かにわたしがアダルト業界に足を踏み入れた20年前は、例えばアダルトトイひとつとっても、男性と共に、セックスを盛り上げるために使うものであり、ゆえに、アダルトトイの形状は、男性の考案したグロテスクな形状のものばかりでした。

 こっそりとマスターベーションで使用することがあっても、それは女友達にも言いづらいこと。そもそもマスターベーションそのものがタブー視されていて、「オナニーをするのは、特別にスケベな女性」とされていたし、女性がセックスを語るなんて、はしたないという風潮すらあった。

 女性の意見を取り入れたセルフプレジャーとしてのアダルトトイが多く発売され、女性がマスターベーションをするのはごく普通のことだと認知され、女性用風俗の存在も知られるようになった現在は、かつてに比べれば確実に“性の解放”が進んでいると思います。

 けれども、そうした風潮の中でも、まだまだ置き去りにされているのが、「女性が、自分の性癖や、性の嗜好を明らかにすること」ではないかと思うのです。

本当の欲望を共有し、より楽しい性体験を

「記録されている」と思うと…(写真:iStock)
「記録されている」と思うと… (写真:iStock)

 そこで今回は、このウェブサイト『コクハク』で、世の女性たちの性癖や嗜好を明らかにする連載を始めさせていただくことにしました。性に関して、受け身であることが当然とされてきた日本の女性たちの、本当の欲望――場合によっては性的倒錯や変態趣味といわれる性嗜好も含め――共有し合っていけたら、さらにわたしたちは、より主体的な、楽しくて気持ちがいいセックスが出来るようになるのではないか、と思うのです。

 そういう試みを行うのであれば、まず自らが先陣を切ることが必要だと思います。なので、冒頭に続いて「コクハク」をさせていただこうと思います。

わたしが好きなのは…

 わたしが好きなのは、人に自慰行為を視られることです。出来れば静止画や動画で撮られたい。「記録されている」と思うと、その取返しのつかなさに興奮を覚えてしまうのです。かといってそれを見返すことはしたくないし、むしろ苦痛です。自分が我を忘れて乱れている姿をとても美しいとは思えないし、興奮も出来ない。ただひたすら、視線を強化する意味で、レンズの存在が欲しいのです。

赤裸々に語ってくれる女性を募集します

伸び伸びと性を楽しむことが出来る世の中に(写真:iStock)
伸び伸びと性を楽しむことが出来る世の中に (写真:iStock)

 この連載では、ご自身の欲望を赤裸々に語ってくれる女性を募集しています。匿名で構いませんし、事前に原稿もご確認できます。わたしたちの抱いている欲望が決して恥ずかしいものではないことを知り、より伸び伸びと、性を楽しむことが出来る世の中が早く来るように、皆さまのご協力をお待ちしております。

 取材を受けてもいいという女性は、 rika.oizumi★gmail.com (★は@ にしてください)もしくは https://twitter.com/ame_rika までDMでご連絡くださいませ。秘密は厳守いたします。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク
レトロだけど新しい! ほかのバイブにはない気持ち良さ♡
 昨今はハイデザインなラブグッズが増える一方で、レトロなものはいつのまにやら少数派。「桃色GENERATION」は、10...
桃子 2021-08-29 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#3
 不倫相手のマンションに引っ越すことになった派遣OLのE美さん(27)。あまりにもリスキーな不倫だが、目くるめく快楽を知...
蒼井凜花 2021-08-29 21:10 エロコク
元カレでもいい…「リサイクルセックス」に走る女性の心理
 コロナ禍により、男女の出会いの機会が一気に減ったこの頃。あまりの出会いのなさに、元カレや元ダンナと再び関係を持つ女性が...
内藤みか 2021-08-26 06:00 エロコク
力で快感を引き出す電マしか知らない人ほど試してほしい一品
 エッチな目的のために電マを購入。でもそれだけでなく肩や腰のマッサージにも使っている女性、少なくないですよね。電マはパワ...
桃子 2021-08-22 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#2
 いまや日常にありふれている不倫。今回取材に応じてくれたE美さん(27歳・派遣)も、妻子ある男性と不倫をしている女性の一...
蒼井凜花 2021-08-20 06:00 エロコク
吸引グッズ火付け役の“妹分”が日本上陸!初心者もすぐ使える
 アパレルやコスメの世界では“姉妹ブランド”というものがよくあります。メインのブランドよりも価格帯が低めなのが“妹”。そ...
桃子 2021-08-15 06:00 エロコク
クリを内側にしっかり収めるよう計算され尽くされた吸引系
 上品なラベンダー色、無駄をそぎ落としたようなフォルム。クリトリスを覆って振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”の人気...
桃子 2021-08-08 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#6
 これまで5回にわたって綴ってきた「夫婦交換」の内情。「性と生」を謳歌するべく、二組の夫婦がもつれあう光景は、Wさん(4...
蒼井凜花 2021-08-06 06:00 エロコク
カップルにも♡小さな面でクリを刺激する“一点集中ローター”
 最近、私がクリトリスをピンポイントで刺激するグッズを探しているからでしょうか。一点集中! 小さな接地面でクリをしっかり...
桃子 2021-08-01 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#5
 互いのパートナーを変える「夫婦交換」のセックス。今回、取材に応じてくれたWさん(46歳・外資系IT)は、自分の妻が他の...
蒼井凜花 2021-07-30 06:00 エロコク