欲望を赤裸々に…あなたは何にエロティシズムを感じますか?

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2019-04-14 15:48
投稿日:2019-04-14 06:00

あなたはどんな性の願望を抱いていますか?

何にエロティシズムを感じ、興奮しますか?(写真:iStock)
何にエロティシズムを感じ、興奮しますか? (写真:iStock)

 あなたは何にエロティシズムを感じ、興奮しますか。どういう性の願望を抱き、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。

 わたしは、ショーツから指を忍び込ませられる時に、お腹側からではなくクロッチをずらす形で、入ってくるのが好きです。なぜだかはわかりませんが、記憶にある限り幼い頃から、マスターベーションをする時はいつも、クロッチをずらす形で下着の中に指先を挿し込んでいました。

 だから、初体験の時に、相手の男性が、すぐにショーツを下ろしてしまった時は「えっ!そうじゃない」と思いました。けれど、何も言えずに相手の行動に従ったのは、「ショーツのクロッチをずらして、アソコをいじって欲しい」と頼むのは、恥ずかしかったからです。

女性の“性の解放”は進んでいるけれど…

アダルトトイもかわいらしいデザインに進化(写真:iStock)
アダルトトイもかわいらしいデザインに進化 (写真:iStock)

 ここ数年、女性の“性の解放”が進んだという話が、メディアなどでよく報じられています。確かにわたしがアダルト業界に足を踏み入れた20年前は、例えばアダルトトイひとつとっても、男性と共に、セックスを盛り上げるために使うものであり、ゆえに、アダルトトイの形状は、男性の考案したグロテスクな形状のものばかりでした。

 こっそりとマスターベーションで使用することがあっても、それは女友達にも言いづらいこと。そもそもマスターベーションそのものがタブー視されていて、「オナニーをするのは、特別にスケベな女性」とされていたし、女性がセックスを語るなんて、はしたないという風潮すらあった。

 女性の意見を取り入れたセルフプレジャーとしてのアダルトトイが多く発売され、女性がマスターベーションをするのはごく普通のことだと認知され、女性用風俗の存在も知られるようになった現在は、かつてに比べれば確実に“性の解放”が進んでいると思います。

 けれども、そうした風潮の中でも、まだまだ置き去りにされているのが、「女性が、自分の性癖や、性の嗜好を明らかにすること」ではないかと思うのです。

本当の欲望を共有し、より楽しい性体験を

「記録されている」と思うと…(写真:iStock)
「記録されている」と思うと… (写真:iStock)

 そこで今回は、このウェブサイト『コクハク』で、世の女性たちの性癖や嗜好を明らかにする連載を始めさせていただくことにしました。性に関して、受け身であることが当然とされてきた日本の女性たちの、本当の欲望――場合によっては性的倒錯や変態趣味といわれる性嗜好も含め――共有し合っていけたら、さらにわたしたちは、より主体的な、楽しくて気持ちがいいセックスが出来るようになるのではないか、と思うのです。

 そういう試みを行うのであれば、まず自らが先陣を切ることが必要だと思います。なので、冒頭に続いて「コクハク」をさせていただこうと思います。

わたしが好きなのは…

 わたしが好きなのは、人に自慰行為を視られることです。出来れば静止画や動画で撮られたい。「記録されている」と思うと、その取返しのつかなさに興奮を覚えてしまうのです。かといってそれを見返すことはしたくないし、むしろ苦痛です。自分が我を忘れて乱れている姿をとても美しいとは思えないし、興奮も出来ない。ただひたすら、視線を強化する意味で、レンズの存在が欲しいのです。

赤裸々に語ってくれる女性を募集します

伸び伸びと性を楽しむことが出来る世の中に(写真:iStock)
伸び伸びと性を楽しむことが出来る世の中に (写真:iStock)

 この連載では、ご自身の欲望を赤裸々に語ってくれる女性を募集しています。匿名で構いませんし、事前に原稿もご確認できます。わたしたちの抱いている欲望が決して恥ずかしいものではないことを知り、より伸び伸びと、性を楽しむことが出来る世の中が早く来るように、皆さまのご協力をお待ちしております。

 取材を受けてもいいという女性は、 rika.oizumi★gmail.com (★は@ にしてください)もしくは https://twitter.com/ame_rika までDMでご連絡くださいませ。秘密は厳守いたします。

大泉りか
記事一覧
作家・コラムニスト
ライトノベルや官能を執筆するほか、セックスと女の生き方や、男性向けの「モテ」をレクチャーするコラムを多く手掛ける。新刊は「女子会で教わる人生を変える恋愛講座」(大和書房)。著書多数。趣味は映画(映画館で年間100本以上)、海外旅行。愛犬と暮らして14年目の犬飼い。X

関連キーワード

エロコク 新着一覧


ウィウィンの関係よ♡ SMプレイでパパも私もストレス発散!
 更年期障害といえば、女性が抱える悩みと認識している方が多いと思いますが、最近では男性にも増えているそうですね。 ...
中山美里 2024-05-28 06:00 エロコク
サイズもお値段も小さめ! 1stチョイスにピッタリな電マ♡
「テルテルデンマ・BON」は、多くの人をニッコリ笑顔にする電マです。たしかに電マの形状って頭が大きく、持ち手は胴体のよう...
桃子 2024-05-26 06:00 エロコク
避妊具なんて要らない!内縁妻「感涙の初SEX」で芽ぐむ本妻への妬み #2
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性との付き合いが始まった千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会...
蒼井凜花 2024-05-24 06:00 エロコク
ドM女子とパパ活は好相性? 26歳の自称“ド変態”美容師のケース
 今回ご登場いただくパパ活女子は…もしかしたらギスギス夫婦の救世主になるかもしれない女の子。 「今、4人のパパから...
中山美里 2024-05-21 06:00 エロコク
社会復帰のきっかけに?引きこもり生活から卒業した22歳女性
 今回ご登場いただくのは、超変わり種のパパ活女子でありまして…巣ごもり生活7年。最近になってようやく外に出るようになった...
中山美里 2024-05-14 06:00 エロコク
まるで野菜そのもののバイブは笑っちゃうくらいリアル♡
「らっしゃい! 新鮮な取れたて野菜、そろってるよ~」なんて声が聞こえてきそう。  私は都内に住んでいながら、近所に...
桃子 2024-05-12 06:00 エロコク
日韓カップルが沼るリモートオナニーと疑似SEX…逢えない時も欲情 #5
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合い中」と微笑むのは愛香さん(仮名・35歳フリーライター/独...
蒼井凜花 2024-05-10 06:00 エロコク
パパ活にも危機管理能力は必須!24歳フリーターの自己防衛策
 知り合いのオジサマはさいとう・たかを先生の「ゴルゴ13」の大ファン。いつも熱くその魅力を語ってくれます。 「ゴル...
中山美里 2024-05-07 06:00 エロコク
気持ちよさが何倍にも! セックスローションの新しい使い方
 みなさんはセックスローションといわれるものを、なんのために使いますか?  女性の潤いが十分でない場合、それをフォ...
桃子 2024-05-05 06:00 エロコク
韓国男子の指テクと巧みなクンニリングに溺れ、天国からよもや地獄へ #4
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合い中」と微笑むのは愛香さん(仮名・35歳フリーライター/独...
蒼井凜花 2024-05-10 17:10 エロコク
意外性に思わず声が漏れた! 新発想の吸引系ローターが爆誕♡
 ラブグッズの中でも、ローターは“振動する物体”であればいいので、その形状はバリエーションに富んでいます。  口紅...
桃子 2024-04-28 06:00 エロコク
前戯ナシの生SEXにGスポがひくつく快楽 挿入時の痛みは消え去り… #3
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合いが始まった」と頬を赤らめるのは愛香さん(仮名・35歳フリ...
蒼井凜花 2024-05-07 18:40 エロコク
アソコ臭すぎ問題を解決! 50代のパパに脱毛を勧めた結果…
 突然ですが“ハイジーナ女子”ってナンのことだか分かります?  4、5年前。AVモデル事務所のマネジャーさんからこ...
中山美里 2024-04-23 06:00 エロコク
驚異のsmallサイズ! でも吸引口は大きめに設計されパワーがすごい
 クリトリスを覆い、振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”が最初に登場したのは2016年ごろ。時間が経つにつれ女性の間...
桃子 2024-04-21 06:00 エロコク
韓国男子は前戯ナシ? 初ポッポから“韓流SEX”の流れに身を任せて#2
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合いが始まった」と頬を赤らめるのは愛香さん(仮名・35歳フリ...
蒼井凜花 2024-05-07 18:39 エロコク
管理栄養士の資格をアッチでも活用!パパの脱メタボを成功させた28歳
 今回ご登場いただくパパ活女子は、50代パパのメタボ腹を103から85センチまで、1年で18センチ減らさせることに成功し...
中山美里 2024-04-16 06:00 エロコク