SEXはコミュニケーション…オナニーは自身の“快楽の追求”

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2019-05-11 06:00
投稿日:2019-05-11 06:00
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと主体的に性を楽しめるようになる。女性の様々な性癖に迫ります。

オナニーは“膣内”の感触を確かめるのが好き

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 初めて女性器を覗いた日の衝撃は、今でもはっきりと覚えています。ふっくらとした肉畝の間からはみ出している襞を両手でかき分けて開くと、その先はビックリするような鮮烈な粘膜で、「見てはいけないものを見てしまった」という感覚をおぼえました。以降、たまに気が向いた時に見てみるものの、いつまでたっても慣れずに、直視できないのは、どうしてなのでしょうか――。

 女性に性癖を教えていただくこの連載の二回目に登場いただくのは、直美さん(仮名、35歳、宮城県在住)です。

「わたしは、セックスとオナニーは完全に別物と捉えています。セックスはコミュニケーションで、オナニーは完全に自分自身の快楽のみ。セックスはセックスで、もちろん気持ちいいです。けど、イケなくてもそれはそれでいいってタイプで。セックスの良さは、肌の密着感ですかね」

 一方で、オナニーは、指で自分の“膣内”の感触を確かめるのが好きだという直美さん(仮名)。

「中の感じを想像しながらいたすのが一番好きです。オナニーする時も、自分自身の中身を想像してやっています。なので、オカズってものを必要としていないんです。膣内って、つるっとしてるとき、ふわふわしてるとき、ざらついてるとき、筋張ってるとき、結構バリエーションあるんですよ。入れるのは中指か、中指と薬指なんですけど、自分で特に意識して締めてなくても、締まる強さも違うし、ぎゅーって包まれていく感覚は、指も気持ちいい」

 自分の膣の様子そのものに興奮することに気が付いたのは、中学2年生の時。指を始めて入れて以来、“膣内”を愛でることが性癖になったという。その理由はというと……。

「自己愛が強いタイプなので、『わたしのまんこ、かわいい!』って本気で思っているんです。だって、まんこってかわいいですよね。たまにモザイクなしのAVを見ると、かわいくないまんこもありますけど……。わたしにとってのかわいくないまんこは、ぷるっとしていないやつ。唇とおなじですよね。唇でも、グロスぬってるほうが可愛いじゃないですか。カサカサっとした小陰唇とか、幸薄そうにみえますね。最近はグロスって、あんまり流行ってないですけど」

女性器がイク時の変化を感じ面白みを得る

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 しかし、セックスの時に、とくに“性器を見られたい”という欲望があるわけではない。あくまでも直美さんにとって、他人とのコミュニケーションであるセックスと、自分自身の快楽を追求するマスターベーションとは、別なのです。

「わたしが自分でかわいいと思ってるだけでいい。むしろクンニとかも、『したければすればいいよ』くらいです。それで、オナニーの話にもどるんですけど、イッてる時って膣が、不随意運動してるじゃないですか。それを、いつも10回ビクビクするまで数えるクセがあります。あれって1、2回ビクビクするだけじゃそんなでもなくて、5回超えるともう一回波がくるんですよね。10回以上だと『よし!』って思います。オナニーでは不随意運動はマストです。逆にセックスでは、お相手がイケばゴール」

 膣内に指を挿し込んでオナニーをすることで、女性器がイク時の変化をしっかりと感じ取り、そしてそこに面白みを得る。自分の身体を愛するということは、そういうことなのかもしれません。

「自分で見たことない、触ったことないって人もいるんですよ。嘘でしょ?!と思います。見たこともないのに、他人に触らせるの? って。そこは責任もたないと。だから、みんな見たほうがいいです。かわいいから」

 そういえば、わたしも久しく自分のアソコを目にしていないことに気が付きました。直美さんからいただいたエールを胸に、とりあえず自分のアソコを鏡で見てみようと思います。願わくば可愛いと思えますように!

欲望を赤裸々に語ってくれる女性を募集中

 この連載では、ご自身の欲望を赤裸々に語ってくれる女性を募集しています。匿名で構いませんし、事前に原稿もご確認できます。

 わたしたちの抱いている欲望が決して恥ずかしいものないことを知り、より伸び伸びと、性を楽しむことが出来る世の中が早く来るように、皆さまのご協力をお待ちしております。

 取材を受けてもいいという女性は、teamコクハク内の「質問・相談・その他のご依頼」にてご連絡くださいませ。秘密は厳守いたします。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


果物挿入するならホンモノより…見た目実力どちらにもキュン
 野菜や果物を挿入するって、官能小説やピンク映画では“定番”のひとつだったと思います。もう10年近く前のことですが、「ラ...
桃子 2022-07-03 06:00 エロコク
未来の義兄に抱かれても止まらない実姉へのマウンティング#2
 幼いころから実姉と比べ続けられて育ったH子さん(27歳クラブホステス/独身)。  華やかな美貌とグラマラスなスタ...
蒼井凜花 2022-07-01 06:00 エロコク
新感覚!ピューピュー水が噴き出る膣洗浄機兼バイブレーター
 まず写真を見てください。シックなブラックカラーの挿入部はスタンダードですが、下に目を移すと……何コレ?  透明な...
桃子 2022-06-26 06:00 エロコク
挿入部“大”なバイブ!特殊ローターが絶妙な動きをリピート♡
 今回紹介するグッズは、中級者向けです。  最近フェムテックという言葉をよく耳にするようになり、ラブグッズにも注目...
桃子 2022-06-19 06:00 エロコク
“二穴責め”の快楽 同窓会W不倫で破廉恥なセレブ妻になった#5
 東京・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、25年ぶりに地元北海道で開催された高校の同窓会に出席した。 ...
蒼井凜花 2022-06-17 06:00 エロコク
万人ウケするピンポイントバイブ♡敏感な場所をブルブル刺激
「彼女にどんなバイブを買えばいい?」と男性から聞かれることが多いのですが、これ実はとても困る質問。なぜなら体形や体質によ...
桃子 2022-06-12 06:00 エロコク
ついに挿入!25年ぶり同窓会で「アヌスも愛させて欲しい」#4
 都内の高級住宅街・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、地元北海道で開催された高校の同窓会に、25年ぶりに参...
蒼井凜花 2022-06-17 18:25 エロコク
中級者向け!やや太めのミドルサイズがよき♡ 温熱機能も◎
 かつてバイブレーターの色といえば、圧倒的にピンクが主流でした。当時制作していたのは男性ばかりで、「女性はピンクが好きだ...
桃子 2022-06-05 06:00 エロコク
25年ぶりの同窓会、燃える情欲!互いの性器を絶えず愛撫 #3
 都内の高級住宅街・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、25年ぶりに地元北海道で開催される高校の同窓会に参加...
蒼井凜花 2022-06-12 16:39 エロコク
吸引&挿入のハイブリッド型! Wの刺激にガマンできないっ
 朱色のような鮮やかな赤が大人っぽい新作バイブ。「スイート サレンダー」、つまり「甘い降伏」という商品名がなんとも意味深...
桃子 2022-05-30 10:23 エロコク
地味子だった私が憧れのK君とキス…車内は“オス臭”で充満 #2
 25年ぶりの同窓会で地元・北海道に帰省したE子さん(43歳主婦/子供アリ)。  白金台に住む彼女は楚々とした和風...
蒼井凜花 2022-06-12 16:38 エロコク
大小2つの突起付き♡ 乳首専用ローターで集中刺激しちゃおう
 女性の性感は、多様です。全身、感じる可能性がある。でもみなさんご存じの通り、多くの人が気持ちよくなれる代表的な性感帯と...
桃子 2022-05-22 06:00 エロコク
これ一本で中も外も気持ちいい! 1stバイブとしてもお薦め♡
 ラブグッズ界を見渡すと、ここのところ2ウエー、3ウエーなど多機能商品が増えています。お得感もあるし、この傾向は大歓迎。...
桃子 2022-05-15 06:00 エロコク
「ああ、彼の肉の味」不倫上司が焦らされ女体に被虐プレイ#6
 ダンディな上司と社内不倫中のU子さん(32歳広告代理店/独身)。自らを「肉食女子」「不倫体質」と公言する彼女は、コロナ...
蒼井凜花 2022-05-13 06:00 エロコク
初心者さんにも♡ 3つのボールでギュッとした締まりをゲット
 膣トレグッズの数が増えつづけています。骨盤の内側に張り巡らされた「骨盤底筋群」をトレーニングすることによって、尿もれや...
桃子 2022-05-08 06:00 エロコク
不倫相手と肉食ディナー クロス下で悶絶リモートプレイ!#5
 ダンディな上司と不倫中のU子さん(32歳広告代理店/独身)。自らを「肉食女子」「不倫体質」と豪語する彼女はセックスでも...
蒼井凜花 2022-05-06 06:00 エロコク