SEXはコミュニケーション…オナニーは自身の“快楽の追求”

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2019-05-11 06:00
投稿日:2019-05-11 06:00
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと主体的に性を楽しめるようになる。女性の様々な性癖に迫ります。

オナニーは“膣内”の感触を確かめるのが好き

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 初めて女性器を覗いた日の衝撃は、今でもはっきりと覚えています。ふっくらとした肉畝の間からはみ出している襞を両手でかき分けて開くと、その先はビックリするような鮮烈な粘膜で、「見てはいけないものを見てしまった」という感覚をおぼえました。以降、たまに気が向いた時に見てみるものの、いつまでたっても慣れずに、直視できないのは、どうしてなのでしょうか――。

 女性に性癖を教えていただくこの連載の二回目に登場いただくのは、直美さん(仮名、35歳、宮城県在住)です。

「わたしは、セックスとオナニーは完全に別物と捉えています。セックスはコミュニケーションで、オナニーは完全に自分自身の快楽のみ。セックスはセックスで、もちろん気持ちいいです。けど、イケなくてもそれはそれでいいってタイプで。セックスの良さは、肌の密着感ですかね」

 一方で、オナニーは、指で自分の“膣内”の感触を確かめるのが好きだという直美さん(仮名)。

「中の感じを想像しながらいたすのが一番好きです。オナニーする時も、自分自身の中身を想像してやっています。なので、オカズってものを必要としていないんです。膣内って、つるっとしてるとき、ふわふわしてるとき、ざらついてるとき、筋張ってるとき、結構バリエーションあるんですよ。入れるのは中指か、中指と薬指なんですけど、自分で特に意識して締めてなくても、締まる強さも違うし、ぎゅーって包まれていく感覚は、指も気持ちいい」

 自分の膣の様子そのものに興奮することに気が付いたのは、中学2年生の時。指を始めて入れて以来、“膣内”を愛でることが性癖になったという。その理由はというと……。

「自己愛が強いタイプなので、『わたしのまんこ、かわいい!』って本気で思っているんです。だって、まんこってかわいいですよね。たまにモザイクなしのAVを見ると、かわいくないまんこもありますけど……。わたしにとってのかわいくないまんこは、ぷるっとしていないやつ。唇とおなじですよね。唇でも、グロスぬってるほうが可愛いじゃないですか。カサカサっとした小陰唇とか、幸薄そうにみえますね。最近はグロスって、あんまり流行ってないですけど」

女性器がイク時の変化を感じ面白みを得る

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 しかし、セックスの時に、とくに“性器を見られたい”という欲望があるわけではない。あくまでも直美さんにとって、他人とのコミュニケーションであるセックスと、自分自身の快楽を追求するマスターベーションとは、別なのです。

「わたしが自分でかわいいと思ってるだけでいい。むしろクンニとかも、『したければすればいいよ』くらいです。それで、オナニーの話にもどるんですけど、イッてる時って膣が、不随意運動してるじゃないですか。それを、いつも10回ビクビクするまで数えるクセがあります。あれって1、2回ビクビクするだけじゃそんなでもなくて、5回超えるともう一回波がくるんですよね。10回以上だと『よし!』って思います。オナニーでは不随意運動はマストです。逆にセックスでは、お相手がイケばゴール」

 膣内に指を挿し込んでオナニーをすることで、女性器がイク時の変化をしっかりと感じ取り、そしてそこに面白みを得る。自分の身体を愛するということは、そういうことなのかもしれません。

「自分で見たことない、触ったことないって人もいるんですよ。嘘でしょ?!と思います。見たこともないのに、他人に触らせるの? って。そこは責任もたないと。だから、みんな見たほうがいいです。かわいいから」

 そういえば、わたしも久しく自分のアソコを目にしていないことに気が付きました。直美さんからいただいたエールを胸に、とりあえず自分のアソコを鏡で見てみようと思います。願わくば可愛いと思えますように!

欲望を赤裸々に語ってくれる女性を募集中

 この連載では、ご自身の欲望を赤裸々に語ってくれる女性を募集しています。匿名で構いませんし、事前に原稿もご確認できます。

 わたしたちの抱いている欲望が決して恥ずかしいものないことを知り、より伸び伸びと、性を楽しむことが出来る世の中が早く来るように、皆さまのご協力をお待ちしております。

 取材を受けてもいいという女性は、teamコクハク内の「質問・相談・その他のご依頼」にてご連絡くださいませ。秘密は厳守いたします。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


直径8ミリの極細ローター 強すぎず弱すぎずの刺激にうっとり
 クリトリスは、“性的に気持ちよくなる”ためだけに存在する器官といわれることもありますが、快感に対してほんと貪欲ですよね...
桃子 2021-01-18 11:06 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク
一瞬で昇天確実 強烈なオーガズムで、深い眠りをサポート
 今年とても元気だった「極天(キワミテン)」シリーズから、「アンモナイト ベロ」が届きました。まさに古代生物のような形状...
桃子 2020-12-13 16:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #2
 皆さん、こんにちは。前回に引き続き、今回も官能作家が伝授する「フェラチオの奥義」についてお伝えしたいと思います。十年間...
蒼井凜花 2020-12-11 17:52 エロコク
激しいプレイでも挿入部はしなやか…根元はぶれないティルド
 この連載では、私が振動刺激を好むということもあって、ディルドを紹介してきませんでした。張り形といわれることもありますが...
桃子 2020-12-06 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #1
 もうすぐクリスマス。今から愛するパートナーとの熱い夜を待ちわびている女性も多いことでしょう。今回から数回にわたり「官能...
蒼井凜花 2020-12-04 18:00 エロコク
リアルが怖い時は…バーチャルセックスでいいんじゃない?
 冬を迎え、新型コロナウイルスの感染が加速しています。こんな時は濃厚感染なセックスをするのが怖い、という女性たちも増えて...
内藤みか 2020-12-03 06:00 エロコク
力加減が絶妙!Gスポットの広い範囲を的確に刺激してくれる
 その年を象徴するラブグッズというものがあり、2020年は、今回紹介する「LELO ソラーヤ・ウェーブ」がそうなりそうで...
桃子 2020-11-28 06:00 エロコク
「妻を他の男に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #5
 これまで4回にわたり連載してきた「ネトラレ」――。自分の愛する妻を他の男に抱かせることで、夫婦のセックスレスを解消しよ...
蒼井凜花 2020-11-27 06:00 エロコク
やっておいて損はない! 3つのボールで日常的に膣トレを♡
 今年は膣トレグッズが豊作です。コロナ禍を経て、これまで以上に自身の体に目が向くようになったからでしょうか。  膣...
桃子 2020-11-21 06:00 エロコク