同棲編<2>男に求めては絶対NGなのに女が求めすぎる“〇〇力”

小悪魔ドルチェ寿司 編集者
更新日:2019-07-28 17:51
投稿日:2019-05-17 06:00
 わたしとひろし(非仮名w)の48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものか。ホットなイットボーイというより、じわじわ低温やけどさせる引退系男子。そんな男を好いて惚れ尽くしたわたしの話をしてみたいと思います。今回は"男と女の乖離"についてお話しします。

男と女は同じように考えない人間

要求過多は禁物?(写真:iStock)
要求過多は禁物? (写真:iStock)

【vol.13】

 男と女の深い乖離については古今東西、さまざまな仮説が立てられ、検証されています。曰く、男と女は異星人同士(男は金星から来た、そして女は火星から来た)とか、話を聞かない男と地図が読めない女など、畢竟するに男と女は同じように考える人間同士だと考えない方がうまくいく、というところでほとんどの仮説は結論づけられています。

 わたしはどちらにせよ話も聞けないし、地図も読めないのでアレなうえにアレなのですが、2chで11年前にバズった男女のやりとりから我々の問題は終始説明できると思いますのでご紹介します。

 著作権などもあるので(すが、いまでは出典不明扱いです)薄ぼんやりご説明すると下記のような感じです。

「車のエンジンがかからなくなっちゃった!?」
(訳=本当に申し訳ないけど、今日できれば送ってくれないかな……)

「バッテリーかも? ライトはつく?」

「なんで今日に限って! 海外から来た大事なクライアントを羽田空港にピックアップしなきゃいけないのに!」
(訳=今日は忙しくて大事な日でわたしのこと大事に思っているなら、会社まで送ってくれないかな。社用車に乗り換えるから)

「で、ライトはつく?」

「今日は車が使えないと困るのに!」
(訳=聞いて。聞いて。わたしの話をよく聞いていたら、あなたが今なにをすべきか分かってくれるはず)

「エンジンかからないんだよね? バッテリーが上がっているかもしれないね。ライトはつくかな?」

「え、なにさっきからライトライトって。バッテリー上がっていたらライトつかないしw」
(訳=出かける支度中なうえ、化粧しながら返信してるからそんな余裕ねぇわ)

「それを知りたいからライトつけてみてって言ってるんだけど」

「え、なに? なんで怒ってんの。こわw」

「いや別に怒ってないです」

「全然怒ってるじゃん」

女の脳は「行間を読んで分かってよ、てか読めよ」

抜き足差し足…(写真:iStock)
抜き足差し足… (写真:iStock)

 以上が11年前に一世を風靡した(ネット界隈で)2chのコピペですが、秀逸すぎて2chからツイッターに降臨するやいなやパクツイにパクツイを重ねて進化し、ネット職人の手によるブラッシュアップが行われつつある稀有な平成壇上のマイルストーンです。

 そして実践として男の"解決してあげて、あわよくば"脳と、女の"行間を読んで分かってよ、てか読めよ"脳をこれほどまで表したものはないと思います。

 特にこちらの案件が起こりやすいのが、付き合い始めて3カ月以内の阿吽の呼吸までいかないカップルのコレ。


・どこまで踏み込んだらいいのか
・返信遅くてストレス
・既読スルーストレス
・電話に出ないくせにめっちゃメッセージ送ってくるイライラ感
・どれほど"会いたい"と言っていいのか
・ワガママは封印すべきか
・日々起こるトラブルや愚痴は言いたいけど言えないけど言いたい
・どれくらいの頻度で会うのがお互いの正解なのか

 というような抜き足差し足の攻防戦が日々行われているわけです。

 耳当たりのいい言葉だけをいっていれば、いい女として認定されるは承知の上ですが、悪いけど、女なんてこんなもんなんです。分かったフリしているけど、追いすがれない負け戦。泣いてはいけないスマートさを求められつつの、攻防戦の中の待ちぼうけがスマートどころかマヌケなんですけど……。

 女なんで、そんなもんなんで失礼しましたテへッとかで逃げておけばいいと思います。

でも、ひろしは気づいていた!

とある日の朝食です(C)小悪魔ドルチェ寿司
とある日の朝食です (C)小悪魔ドルチェ寿司

 とかいっていても始まらないので、81歳のひろしに戻ります。

 半同棲が始まって1カ月半、10月下旬です。その頃、周年号の撮影や取材でできれば24時間仕事のために確保しておきたい状況の中、17時に共に夕食マストというのが、どうにもこうにも立ちゆかなくなってました。

 会いたいから会うのに、仕事は半分しか終わっていない、また午前2時からリモートで仕事を始めなくてはいけないスケジュールという状況に真綿で首どころか、全身を締められるような快感……、はっっ、ドMだけど快感ではなく疲労感、義務感、諦観が押し寄せて来てしまっていました。人間、寝ないと本当にダメですね。睡眠が一番大事、なにより。あと肩こり。睡眠不足と肩こりはQOLを50%減らしますね。

 余談ですが、フランス語には肩こりがないんですって。肩こりみたいなクソな言葉(コラ!)がないことで存在を消すというモナムールたち、ステキ。

 閑話休題。

 ある朝、わたしが朝ごはんを作りながら壁にもたれてウトウトしていたら、ひろしが突然キッチンに入ってきて「今日16時ごろから会えんか?」というので、わたしは脊髄反射的に「はい! 大丈夫です♥」とチュウ&ハグ。ハグしながら今日の予定を反芻します。

 2日前が校了日で今日は大衆系飲食店、予約なしの覆面リサーチ2軒、明日に回せるヤーツ! ということで編集部にいたら次から次へと仕事がふってきてしまうので午後半休を取得し(校了直後はユルい)15時半に迎えの車に乗り込むと、なんとそのまま羽田空港へ!!!

 ひろしは愚痴が溜まっているわたしに気づいていて、わたしの愚痴や相談を聞いてくれる"王様の耳はロバの耳"要員を京都に用意してくれていたのです。

 ちなみに、タイトルの〇〇力、もうお気づきの読者さま(いるの……?)もいらっしゃると思うのですが、求めてはいけないものは「共感力」です(ってイマサラ)。

 女性が男性に求める言葉は、男性から自発的に出てくることはありえません。ということで京都で聞いてもらいます。

 次回(5/24更新予定)に続きます。 

関連キーワード

エロコク 新着一覧


強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク
先端を直接デリケート部分にあてたら…オーガズムは不可避♡
 ビビッドなオレンジ色で、形状はまるで糸切りバサミ。雑貨ショップの店頭にあってもおかしくない風貌の「サティスファイヤー ...
桃子 2021-10-10 06:00 エロコク
天国と地獄の繰り返し…豹変した彼女に身も心も傷つけられて
 結婚10年目にしてレズビアンの恋人ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。一目ぼれした相手・A美さんとのセッ...
蒼井凜花 2021-10-08 11:43 エロコク
絶賛の声も 男性は年上女性とのセックスに何を求めている?
 年上女性と年下男性とのカップルが珍しいことではなくなっている今日このごろ、「年上の人とのエッチは最高!」と絶賛する男性...
内藤みか 2021-10-07 06:00 エロコク
カップルでのお出かけ羞恥プレーにも! 一石三鳥の活躍ぶり
 膣トレが盛んな昨今、グッズも多様化しています。骨盤の内側に張り巡らされた骨盤底筋群を刺激し、鍛えるためのグッズのことで...
桃子 2021-10-03 06:00 エロコク
同性とはいえ不倫…つらいのに彼女のキスは甘美で優しくて
 結婚10年目にして女性と恋に落ちてしまったW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。お相手の女性は、新宿二丁目のレズビ...
蒼井凜花 2021-10-01 06:00 エロコク
ローターでありバイブでもあり!女性の体に寄り添ってくれる
「完全防水 静音設計 ナカイキボールバイブ9」を輩出しているのは、人気ブランド「P×P×P」。防水仕様であること、作動音...
桃子 2021-09-26 19:12 エロコク
一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク
レトロだけど新しい! ほかのバイブにはない気持ち良さ♡
 昨今はハイデザインなラブグッズが増える一方で、レトロなものはいつのまにやら少数派。「桃色GENERATION」は、10...
桃子 2021-08-29 06:00 エロコク