男性のガラスの心を傷つけてる? 夫婦でも言ってはいけない3つのこと

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2023-07-05 06:00
投稿日:2023-07-05 06:00
 今回は、夫婦でも言ってはいけないこと3選を紹介します。夫婦になって一緒にいる時間が長くなればなるほど、お互いの悪いところが見えてくるもの。
 軽く嫌味を言いたくなる時もありますが、夫に対して今回紹介する禁句を発してしまうと、いい関係が再構築ができなくなる可能性も……。夫とずっと仲良くしたい女性は要チェックです!

夫婦でもNG!夫に言ってはいけない言葉3選

親しき中にも礼儀あり(写真:iStock)
親しき中にも礼儀あり (写真:iStock)

 夫に言ってはいけない言葉3選を紹介します。今回紹介する発言は、女性がつい口にしてしまいがちな内容ばかりです。女性は軽い嫌味として言っただけでも、男性は心をズタズタに傷つけられてしまうのだとか。

 過去に夫に対して言ってしまったものがないか、チェックしてみてくださいね。

1.「あなたの稼ぎが少ないから...」

頑張る自分を否定された気持ちに(写真:iStock)
頑張る自分を否定された気持ちに (写真:iStock)

 夫婦喧嘩の火種といえば、やっぱりお金のアレコレ。「あなたの稼ぎが少ないから、こんなに苦労しているのよ!」「こんな安い給料しか稼げないくせに!」といった発言をしてしまいがちですが、これは夫の努力や苦労を否定する発言なので絶対に避けてください。

 実は、男性は女性以上に自分の収入を気にしています。常に「昇進したい」という野望を抱いていたり、「自分の稼ぎ=自分の男としての価値」と認識していることも。

 普段から「家族そして自分のためにも、もっと頑張らないと」と思って仕事に取り組んでいるなか、一番大切な存在である妻から「あなたの稼ぎが少ない」と言われてしまうダメージは計り知れません。今までの努力やキャリア、家族への思いなどを全て否定された気持ちになってしまいます。

 どんなに夫に対してイラついたりムカついたりしても、収入の否定は絶対にNGです。

2.「男性として見られない」

言葉にすることで決定的な亀裂を生むことも(写真:iStock)
言葉にすることで決定的な亀裂を生むことも (写真:iStock)

 夫婦になってずっと一緒にいると、お互いにドキドキするような恋愛感情は薄れていきますよね。それでも、夫に対して「男性として見られない」とはっきり言うのはNG。

 女性がいくつになっても「女として魅力的で在りたい」と思うように、男性もいくつになっても「男としてカッコよく在りたい」と思っているはずです。

 たとえ恋愛感情が薄れていったとしても妻から「男性としてダメだ」と否定されると、夫はショックを受けて自信を失ってしまいます。

3.「趣味なんてお金の無駄」

相手の趣味や気持ちを尊重する(写真:iStock)
相手の趣味や気持ちを尊重する (写真:iStock)

 夫の趣味を否定するような発言も、絶対に避けましょう。男性にとって、趣味はリラックスできる大切な時間。職場での自分とも家庭での自分とも違う“趣味人間”でいられるひとときが、男性にとって生きがいの一つでもあります。

 男性は幼い頃から趣味が変わらないという人も多いので、女性の目には「幼稚でくだらない趣味」に映るものもあるかもしれません。

 フィギュアやアニメグッズの収集などお金がかかる趣味の場合もあります。でも、あなたの趣味と同じように夫の趣味も大切にしてあげましょう。

夫婦でも言ってはいけないことがある!

 今回紹介した発言、あなたは言ってしまっていませんでしたか? 3つとも男性のガラスのハートを大きく傷つけてしまう内容です。

 夫婦と言えど、親しき中にも礼儀あり。今後は絶対に言わないように気をつけましょう!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


40女が再認識した“超絶モテ”作法 合コンの絶対的エースに学ぶ3本柱とは
 先日、大学時代の友人・Rちゃんと久しぶりに食事に行きました。このRちゃん、学生時代は「合コンの絶対的エース」でした。 ...
一生添い遂げる相手を見つけるのは不可能!?日本の結婚制度限界じゃない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  婚活がうまく...
まめ 2024-04-23 06:00 ラブ
【推し活の落とし穴】推しへのガチ恋で婚期を逃し、心も懐も寂しくなった
 あなたには“推し”がいるでしょうか? アイドルやイケメン俳優、アニメキャラなどを熱烈に応援する“推し活”は、オトナの女...
恋バナ調査隊 2024-04-22 06:00 ラブ
48まで男を知らなかった私、無修正のAVがこじれたSEX感を植え付けた
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかったよもやま話を綴っている...
mirae.(みれ) 2024-04-22 06:00 ラブ
情事妻のテク。不倫相手の名前を“五反田のまさかず叔父”で登録したら…
 不倫相手との連絡によく使われるLINE。でも、そのままの登録名では怪しまれてバレるのがオチ…。だからこそ、みんなありと...
恋バナ調査隊 2024-04-21 06:00 ラブ
「娘に“男”を見せたくなかった…」マチアプを悔やむ45歳シンパパの本音
「冷酷と激情のあいだvol.191〜女性編〜」では、自身の妊娠と出産を年齢的な理由で諦め、シングルファザー限定で恋人探し...
並木まき 2024-04-20 06:00 ラブ
出産は諦めたけど子は欲しい…シンパパ射止める“5秒前”、47歳独女の計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-20 06:00 ラブ
着信26件、もはやホラー! アラサー・アラフォー女性が蛙化した瞬間
「好きだったけど幻滅した!」と、好意が一気に消えてしまう“蛙化現象”。(元々は、好きになった人から好意を感じると逆に嫌悪...
恋バナ調査隊 2024-04-20 06:00 ラブ
人生狂わす男女の金銭トラブル 大谷を襲った“一平さん騒動”と次元違えど
 大谷翔平選手と水原一平さんの間で起こった金銭トラブルとは次元が異なるものの、男女間でもお金が原因の関係が破綻は少なくな...
恋バナ調査隊 2024-04-19 06:00 ラブ
年下男子とのデートは「ヌン活」に限る? 彼らを誘うと「即OK」するワケ
 アフタヌーンティーが人気です。色とりどりのスイーツとおいしいお茶を味わいながらの午後のティータイム女子会は格別な心地良...
内藤みか 2024-04-18 06:00 ラブ
自分にはお金使うくせに「ケチな男」の特徴4つ、結婚したらどうなる?
 自分の持ち物や趣味には好き勝手お金を使うのに、それ以外のことにはお金を出すのを嫌がる男、いますよね。  車がベンツで...
恋バナ調査隊 2024-04-17 06:00 ラブ
職場は心の浮気の震源地!四六時中チャット、2人きりランチ…リスクは?
 恋人がいるのに他の男性と体の関係があったら、それはガッツリ「浮気」。そして、既婚者であれば「不倫」です。でも「体の関係...
恋バナ調査隊 2024-04-16 06:00 ラブ
不倫2回、なにかあるとお母さん…夫に優しくできない納得すぎる理由5選
 人前で夫を批判したり、夫と頻繁に喧嘩したり。そんな女性を見て、外野は「もっと旦那さんに優しくしたら?」なんて言いたくな...
恋バナ調査隊 2024-04-15 06:00 ラブ
「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...