ケチな女性はモテません 「パケット請求女」に男子ドン引き

エビオス嬢 恋愛マネジメント
更新日:2019-10-26 04:43
投稿日:2019-06-19 06:00
 ケチな男はモテません。そんなことを言うと、八方美人な女性たちが「そうかな? お金に堅実な男性の方が誠実だし好きだけどなあ~?」と反論してくることがあります。でも、そういう女性の多くは自尊心が強いだけか、「男に理解ある私ってイイ女でしょ!」とアピールしたいだけ。そもそも、ケチな人は、男に限らず女性も好かれない傾向にあるのです。

パケット代を男性に請求する女の話

またどうでもいい動画送ってきた…(写真:iStock)
またどうでもいい動画送ってきた… (写真:iStock)

 いつも恋愛テクニックについてコラムを書いていますが、今回は「こんな女にならないで」というダメ女の例をお伝えしたいと思います。ちょっと信じられないかもしれませんが、実在する女性の話です。

 その女性とはズバリ、「パケット請求女」です。最近はスマホ代が高額になり、パケット代も馬鹿にならない金額になっていますが、そのスマホのパケット代を男性に請求してくる女性がいるのです。説明しましょう。

 簡単に言うと、以下のような行為をしてくる男性に「パケット代」と称してお金を請求する女性です。

・どうでもいい動画を送ってくる男性
・つまらないYouTube動画のURLを送ってくる男性
・たくさん写真が表示されるサイトのURLを送ってくる男性
・似たようなアングルの写真をたくさん送ってくる男性
・どうでもいい内容のテレビ電話をかけてくる男性
・動くLINEスタンプを送ってくる男性

その女、生粋のドケチにつき…

パケ代払って下さいな♪(写真:iStock)
パケ代払って下さいな♪ (写真:iStock)

 上記のような動画などをLINEやメールで送ってくる男性たちに対し、「パケット代がもったいない!」と怒りを感じる女性が一定数いるのです。

 まあ、確かに「どうでもいい動画を送ってくる男性」や「つまらないYouTube動画のURLを送ってくる男性」に対して、不愉快に感じる気持ちは私もわからなくはありません。

 ですが、さすがに私も男性に「つまらない動画でパケット代を損したからパケット代をちょうだい」とは言えませんが、くだんの女性は生粋のドケチで、男性に何の躊躇もなくパケット代を請求するのです。

 彼女はこんなことを言っていました。

「見たくもない、つまらない動画や写真が送られてきたら、それは立派な『テロ行為』でしょ! 無慈悲にパケットを削られるわけだから。絶対に許せないし、無神経だから一律1000円請求してまーす」

もらえるならもらっとくでしょ♪

請求したパケット代はお小遣いに(写真:iStock)
請求したパケット代はお小遣いに (写真:iStock)

 ちなみに彼女は昼はOL、夜はキャバクラでアルバイトをしています。複数の男性にパケット代を請求し、スマホ代よりも儲かっていると話していました。

「キャバで儲けているのだから1000円もらっても嬉しくないでしょう?」と聞いてみたところ、「何言ってるんですかー! もらえるならもらっとくでしょ♪」とサラリ。

 彼女はそこそこ美人で話も面白い女性ですが、男性とは遊びで終わるパターンばかりで彼氏ができません。いまもフリーです。そもそもドケチなのが問題なのですが、節約とドケチは違いますし、ドケチはドケチでも、良いドケチと悪いドケチがあります。彼女は反感を買う方のドケチです。

 彼女はデートをしたら男性に100%全額払わせるそうで、「次は私が払うね!」と言いながら、絶対に次も払いません。永遠に「次は私が払うね!」の連鎖が続くわけです。彼女は得意げにそんなことを言ってましたが、お金はたまっても幸せが遠のいているんじゃあないの? と心配したのでした。

 とはいえ、そんな女性でもそこそこ美人なので、40代くらいまでは男が絶えないかもしれません。美人に生んでもらって良かったね、としか言葉はありませんね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 結婚してからわかる相手の本性。同棲をしばらくしていたから大丈夫!というものではありません。入籍する意味合いは思うより深...
山崎世美子 2020-10-31 06:00 ラブ
FILM
 男性と恋愛していると、こんなふうに思ってしまうことはありませんか? 「何を考えてるのかわからない」「男心は謎すぎる…...
ミクニシオリ 2020-10-31 06:00 ラブ
FILM
 好きな人からのLINEの未読スルーって、ずっと気になりますよね。そもそも今の時代にスマホを全く見ない日が数日も続くなん...
恋バナ調査隊 2020-10-31 08:18 ラブ
FILM
 女性の恋は「減点方式」だといわれています。一般的にアプローチを受ける側である女性は、複数の選択肢から選ぼうとすると減点...
七味さや 2020-10-30 06:00 ラブ
FILM
 初めて男性をLINEでデートに誘う時って、「断られたらどうしよう」と、すごく緊張しますよね。そんな時には、成功率をアッ...
恋バナ調査隊 2020-10-30 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍で、驚くほど多くの不倫カップルが会うことができなくなり、そのまま別れに至りました。そんななか、今でも仲が続いて...
内藤みか 2020-10-29 06:00 ラブ
FILM
「恋の寿命は3年」って、よく言われますよね。実際、今感じている新鮮な気持ちを3年経った頃にも感じていられると断言できる人...
恋バナ調査隊 2020-10-28 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-28 18:28 ラブ
FILM
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてこ...
恋バナ調査隊 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ