ケチな女性はモテません 「パケット請求女」に男子ドン引き

エビオス嬢 恋愛マネジメント
更新日:2019-10-26 04:43
投稿日:2019-06-19 06:00
 ケチな男はモテません。そんなことを言うと、八方美人な女性たちが「そうかな? お金に堅実な男性の方が誠実だし好きだけどなあ~?」と反論してくることがあります。でも、そういう女性の多くは自尊心が強いだけか、「男に理解ある私ってイイ女でしょ!」とアピールしたいだけ。そもそも、ケチな人は、男に限らず女性も好かれない傾向にあるのです。

パケット代を男性に請求する女の話

またどうでもいい動画送ってきた…(写真:iStock)
またどうでもいい動画送ってきた… (写真:iStock)

 いつも恋愛テクニックについてコラムを書いていますが、今回は「こんな女にならないで」というダメ女の例をお伝えしたいと思います。ちょっと信じられないかもしれませんが、実在する女性の話です。

 その女性とはズバリ、「パケット請求女」です。最近はスマホ代が高額になり、パケット代も馬鹿にならない金額になっていますが、そのスマホのパケット代を男性に請求してくる女性がいるのです。説明しましょう。

 簡単に言うと、以下のような行為をしてくる男性に「パケット代」と称してお金を請求する女性です。

・どうでもいい動画を送ってくる男性
・つまらないYouTube動画のURLを送ってくる男性
・たくさん写真が表示されるサイトのURLを送ってくる男性
・似たようなアングルの写真をたくさん送ってくる男性
・どうでもいい内容のテレビ電話をかけてくる男性
・動くLINEスタンプを送ってくる男性

その女、生粋のドケチにつき…

パケ代払って下さいな♪(写真:iStock)
パケ代払って下さいな♪ (写真:iStock)

 上記のような動画などをLINEやメールで送ってくる男性たちに対し、「パケット代がもったいない!」と怒りを感じる女性が一定数いるのです。

 まあ、確かに「どうでもいい動画を送ってくる男性」や「つまらないYouTube動画のURLを送ってくる男性」に対して、不愉快に感じる気持ちは私もわからなくはありません。

 ですが、さすがに私も男性に「つまらない動画でパケット代を損したからパケット代をちょうだい」とは言えませんが、くだんの女性は生粋のドケチで、男性に何の躊躇もなくパケット代を請求するのです。

 彼女はこんなことを言っていました。

「見たくもない、つまらない動画や写真が送られてきたら、それは立派な『テロ行為』でしょ! 無慈悲にパケットを削られるわけだから。絶対に許せないし、無神経だから一律1000円請求してまーす」

もらえるならもらっとくでしょ♪

請求したパケット代はお小遣いに(写真:iStock)
請求したパケット代はお小遣いに (写真:iStock)

 ちなみに彼女は昼はOL、夜はキャバクラでアルバイトをしています。複数の男性にパケット代を請求し、スマホ代よりも儲かっていると話していました。

「キャバで儲けているのだから1000円もらっても嬉しくないでしょう?」と聞いてみたところ、「何言ってるんですかー! もらえるならもらっとくでしょ♪」とサラリ。

 彼女はそこそこ美人で話も面白い女性ですが、男性とは遊びで終わるパターンばかりで彼氏ができません。いまもフリーです。そもそもドケチなのが問題なのですが、節約とドケチは違いますし、ドケチはドケチでも、良いドケチと悪いドケチがあります。彼女は反感を買う方のドケチです。

 彼女はデートをしたら男性に100%全額払わせるそうで、「次は私が払うね!」と言いながら、絶対に次も払いません。永遠に「次は私が払うね!」の連鎖が続くわけです。彼女は得意げにそんなことを言ってましたが、お金はたまっても幸せが遠のいているんじゃあないの? と心配したのでした。

 とはいえ、そんな女性でもそこそこ美人なので、40代くらいまでは男が絶えないかもしれません。美人に生んでもらって良かったね、としか言葉はありませんね。

エビオス嬢
記事一覧
恋愛マネジメント
恋愛マネジメントの第一人者であり、多数の女性たちに希望と絶望を与えている。複数の女性向けサイトに匿名でアドバイザーとして参加。毎年、大晦日にはイイ男子に出会えない女子を集めて“メンヘラ餅”を作って食べる会を主催。好きな食べ物はオムライス。

ラブ 新着一覧


大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ