“セックスをすると綺麗になる”は本当か? 理学療法士が検証

山本茜 理学療法士・モテボディ専門家
更新日:2019-08-14 16:06
投稿日:2019-07-16 18:00
「セックスをすると綺麗になる」そんな話を耳にしたことはないでしょうか。実際のところどうなのか、なぜ綺麗になるといわれるのか、気になる「セックスが身体に与える効果」について、大脳とホルモンの関係など、医学的視点から考察してみました。

綺麗の源はホルモンだった?セックスと美容のメカニズムとは

セックスで綺麗になるは本当だった(写真:iStock)
セックスで綺麗になるは本当だった (写真:iStock)

 女性は、セックスでオーガズムを感じると大脳が刺激され、女性ホルモンが分泌されるため、肌つやがよくなって綺麗になるという話を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。この話は、医学的な側面から考えても、あながち間違っていません。ホルモンは、大脳が心地よい状態にあると活性化されます。

綺麗を叶える女性ホルモンの働き

脳の指令で女性ホルモンが分泌される(写真:iStock)
脳の指令で女性ホルモンが分泌される (写真:iStock)

 女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、それぞれ、以下のような特徴があります。

エストロゲンの特徴(表:山本茜)
エストロゲンの特徴 (表:山本茜)

 女性ホルモンが活性化されると、肌のハリやうるおいが増え、髪が艶やかになり、ハリのあるバストになるなど女性には嬉しい効果が♡

プロゲステロンの特徴(表:山本茜)
プロゲステロンの特徴 (表:山本茜)

 この時大事なことは、心身ともにリラックスできるセックスをすること。詳しくは後述しますが、リラックスできなければ、セックスをしたからといって綺麗にはなりにくいんです。

ホルモンバランスを崩さないこと

 女性ホルモンは、大脳の視床下部が指令を出した脳下垂体からの指令で卵巣から分泌されます。

 大脳は、1. 女性ホルモン分泌の指令を出す、2. 女性ホルモンの分泌量の把握・調整をする、という働きをしています。ストレスや環境の変化などが大脳に影響を与えると、指令が崩れるため、ホルモンバランスも崩れやすくなります。

女性らしい体つきを作り出す女性ホルモンですが、バランスが崩れると、お肌や体だけではなく、心の不調もきたしてしまいます。

大事なのは、包み込まれる安心感や充足感♡

肌のふれあいは大事(写真:iStock)
肌のふれあいは大事 (写真:iStock)

 好きな人とのセックスは、肌のふれあいにより、安心感や満たされた気持ちになることで、心身がリラックスした状態になります。大脳が心地よい状態にあるとホルモンが活性化されるため、ホルモンバランスが整い、心身ともに綺麗になります。

 また、大好きな人から愛されることで、心のゆとりを持てたり、自分に自信を持つことができるようになります。また、心が満たされることで、ストレスによる暴飲暴食がなくなり、太りにくくスリムになることも。

 パートナーから体を見られることで、自然とボディラインやお肌のコンディションを気にするようになるなど美意識も高まります。

ワンナイトラブや割り切りセックスの効果は?

 肌のふれあいで女性ホルモンが活性化するなら、ワンナイトラブでも効果があるの?と思った方もおられると思います。綺麗になりたいから、淋しいから、満たされたいからなどでその場限りのセックスをしても、愛情の上に成り立ってはいないのでどこかに無理が生じます。

 無理をして我慢していたり、相手を信用できなかったり、リラックスできない相手と一緒にいることで、知らず知らずのうちにストレスが溜まり、ホルモンバランスが崩れやすい状態に陥ってしまいます。

 割り切ってセックスを楽しめる女性は、男性ホルモンが過剰になりやすいです。男性ホルモンは、肌荒れの原因になることがあり、増加しすぎるとホルモンバランスが崩れやすくなるため、注意が必要です。

簡単にできる女性ホルモンの高め方

食生活を見直して自律神経を整える(写真:iStock)
食生活を見直して自律神経を整える (写真:iStock)

 女性ホルモンは、女性を「母親」にするために働くホルモンです。母性を働かせると女性ホルモンは高まります。パートナーが今いない人でもできる、女性ホルモンを高めるコツをまとめてみました。

1. オキシトシン(幸せホルモン)を分泌させる

 脳の疲れを癒し、気分を安定させ、心地よい幸福感をもたらします。

・気分良く生活する
・人とアイコンタクトをとる
・パートナーと触れ合う
・ペットやぬいぐるみ、クッションなど柔らかいものを触ったり抱っこする
・子供や男性の仕草などカワイイと思えるものをみつめる

2. 自律神経を整える

 自律神経は、活動的なときに働く交感神経、リラックスする時に働く副交感神経があります。体のリズムを司る神経で、ホルモンと連動しています。そのため、ストレスなどでホルモンの分泌が乱れると自律神経も乱れやすくなります。現代社会では、交感神経が優位になりやすく、いつも緊張状態で肩の力が抜けない人が多いため、以下のことに取り組んでみることをお勧めします。

・規則正しい生活(睡眠をしっかりとる)
・食生活を整える
・身体を温める
・リラックスする時間を作る

まとめ

 女性の健康と美には、女性ホルモンは欠かせない存在です。女性ホルモンは、大脳と密接に関係しているため、心身が満たされてリラックスが大事です。セックスをするから綺麗になるというよりも、好きな人に愛されるという心身の充足感が、母性を高め女性を美しくするのです。

 女性の皆さんは、是非、大好きな人から愛されながら、美を育む時間を楽しんでくださいね。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク
レトロだけど新しい! ほかのバイブにはない気持ち良さ♡
 昨今はハイデザインなラブグッズが増える一方で、レトロなものはいつのまにやら少数派。「桃色GENERATION」は、10...
桃子 2021-08-29 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#3
 不倫相手のマンションに引っ越すことになった派遣OLのE美さん(27)。あまりにもリスキーな不倫だが、目くるめく快楽を知...
蒼井凜花 2021-08-29 21:10 エロコク
元カレでもいい…「リサイクルセックス」に走る女性の心理
 コロナ禍により、男女の出会いの機会が一気に減ったこの頃。あまりの出会いのなさに、元カレや元ダンナと再び関係を持つ女性が...
内藤みか 2021-08-26 06:00 エロコク
力で快感を引き出す電マしか知らない人ほど試してほしい一品
 エッチな目的のために電マを購入。でもそれだけでなく肩や腰のマッサージにも使っている女性、少なくないですよね。電マはパワ...
桃子 2021-08-22 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#2
 いまや日常にありふれている不倫。今回取材に応じてくれたE美さん(27歳・派遣)も、妻子ある男性と不倫をしている女性の一...
蒼井凜花 2021-08-20 06:00 エロコク
吸引グッズ火付け役の“妹分”が日本上陸!初心者もすぐ使える
 アパレルやコスメの世界では“姉妹ブランド”というものがよくあります。メインのブランドよりも価格帯が低めなのが“妹”。そ...
桃子 2021-08-15 06:00 エロコク
クリを内側にしっかり収めるよう計算され尽くされた吸引系
 上品なラベンダー色、無駄をそぎ落としたようなフォルム。クリトリスを覆って振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”の人気...
桃子 2021-08-08 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#6
 これまで5回にわたって綴ってきた「夫婦交換」の内情。「性と生」を謳歌するべく、二組の夫婦がもつれあう光景は、Wさん(4...
蒼井凜花 2021-08-06 06:00 エロコク
カップルにも♡小さな面でクリを刺激する“一点集中ローター”
 最近、私がクリトリスをピンポイントで刺激するグッズを探しているからでしょうか。一点集中! 小さな接地面でクリをしっかり...
桃子 2021-08-01 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#5
 互いのパートナーを変える「夫婦交換」のセックス。今回、取材に応じてくれたWさん(46歳・外資系IT)は、自分の妻が他の...
蒼井凜花 2021-07-30 06:00 エロコク