不倫も人生経験、不倫してよかったと語るツワモノたち 一体何を学んだ?

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2023-11-30 06:00
投稿日:2023-11-30 06:00
 誰もが「不倫はいけない恋愛」と思っているでしょう。でも「不倫してよかった」「不倫も人生経験の1つ」と考えるツワモノもいます。
 いったい不倫からなにを学べるというのでしょうか? 経験者たちの意見をご紹介します。

人生経験になるの? 不倫した女性たちが学んだこと4選

なんか悟った?(写真:iStock)
なんか悟った? (写真:iStock)

 大半の人が不倫に否定的な意見を持っていますが、実際に不倫を経験して「良かった」「成長できた」と語る女性もいます。

 不倫からなにを学べたのか、さっそく見ていきましょう。

1. 刺激が得られるのははじめだけ

「不倫で刺激が得られるのははじめだけで、あとは普通のカップルと同じ。だんだん会う回数もセックスの回数も減ってくるんですよね。

 だから不倫は長く続かない。独身時代にそれを学んだので、結婚した今、夫が不倫しても『どうせすぐ終わる』『私のところに帰ってくる』と余裕でいられます」(39歳・専業主婦)

 独身時代に「男は刺激を求めて不倫する」「半年もすれば飽きて妻の元へ戻る」と体験したからこそ、夫に不倫されても不安にならないのだそう。

 不倫相手と長期的な関係を続ける男性は少ないと知ったため、気持ちに余裕ができたようですね。

2. 妻のあるべき姿を学んだ

いつか自分も結婚したら…(写真:iStock)
いつか自分も結婚したら… (写真:iStock)

「私は複数の既婚者と不倫した経験があるのですが、どの男性も『妻が怖い』『妻にバカにされる』って奥さんの愚痴をこぼしていました。

 ある意味、不倫中に妻のあるべき姿を学んだ気がしますね。

『こういう妻になったら不倫される』『男が求めてる奥さんはこういう人』ってことを知れました」(32歳・不動産)

 男性から聞く奥さんの愚痴から、将来自分が夫にどう接すれば良いか学んだという彼女。

 なぜ妻がいながら他の女性と関係を持つのか、男性心理を不倫で学んだそう。

3. 割り切った恋愛ができる

このくらいが都合がいい(写真:iStock)
このくらいが都合がいい (写真:iStock)

「私の恋愛は9割が不倫です。元々男性に対して冷めやすく、長い恋愛もしたことがありません。

 なので私には不倫が向いているなと。終わりを告げたら相手はあっさり離れてくれるし、感謝しかされないので、私にとって不倫はメリットだらけです」(33歳・秘書)

「不倫が性に合ってる」と語る女性。濃厚かつ短期的な恋愛を好む女性には、不倫が向いているのかもしれませんね。

 既婚男性はよほどのことがない限り不倫相手に執着しないので、別れ話がスムーズで都合がいいのだとか。

4. 味わったことのないスリルを楽しめた

その後の恋愛にも影響がありそう(写真:iStock)
その後の恋愛にも影響がありそう (写真:iStock)

「不倫はいけないことだと分かってますが、1度きりの人生だから経験しておいて損はないと思いますね。

 公にできない関係だからこそ味わったことのないスリルを楽しめるし、普通の恋愛じゃ経験できない我慢なんかもあるので。

 恋愛観が変わって、浮気しない誠実な今の彼を逆に大切にできるようになりました」(36歳・会社員)

「一緒にいるところを誰かに見られたらマズい」「パートナーがいる相手とセックスしてる」といったスリルが楽しかったのでしょう。

 不倫を経て、一途に自分を愛してくれる男性の貴重さにも気づけたということです。

大きなリスクが伴うことは覚えておこう!

 経験した女性たちが言うように、不倫からしか得られない快楽や学べる価値観もあります。

 ただ、大きなリスクが伴うことも忘れてはいけません。

 人生経験と引き換えに多額の慰謝料や離婚を要求されたら元も子もありませんから、軽い気持ちで不倫するのは避けましょう。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
美人の結婚が遅い3つの理由、男性の切ない本音を紐解くと…
 女性から羨ましがられる美人は、結婚も早いだろうと誰もが思いますよね。でも、実際に周囲を見回してみると、見た目は平均点の...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
「性欲強めになったのは…」今カレにはナイショ!元カレの影響6選
「好きな人の口癖がうつっちゃった」なんて経験がある女性は、多いのではないでしょうか?  人は好意を持っている相手や長く...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
男「日曜会えない?」独女「100人の部下が動いてて」残念あるあるLINE
 40代になっても独身を貫く人には、いくつかの共通点があります。  男性としては、独女特有の共通点を察知した途端、...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
“半径3m”に合コンの指示書…芸人だけにあらず! 必死感ダダもれLINE
 芸能界でも話題となっている“合コン指示書”ですが、一般社会でも出回っているようです。合コンに向けて送られてくる命令や要...
恋バナ調査隊 2024-02-17 06:00 ラブ
「40代の婚約者が別居婚を望むのは年齢的な問題?」とブルーな43歳男
「冷酷と激情のあいだvol.182〜女性編〜」では、婚約したヨシテルさん(43歳・仮名)のニオイを生理的に受け付けなくな...
並木まき 2024-02-17 06:00 ラブ
そうだ、別居婚だ!婚約者のツンとしたニオイに倒れそうな43歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-17 06:00 ラブ
女性への理想はエベレスト級? 陰キャ男性のこじらせ恋愛あるある5選
 今回は、陰キャ男性の恋愛あるあるを紹介します。陽キャ男性は男性・女性関係なくフレンドリーにコミュニケーションを取ろうと...
恋バナ調査隊 2024-02-17 06:00 ラブ
幸せにはなれないかも…体だけの「割り切った関係」を望む男たちの事情
「セックスする仲でも付き合うのは無理」と、割り切った関係を望む男性は一定数いるもの。そんな彼に悩んでいる女性もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2024-02-17 06:00 ラブ
コスパもタイパもいいかも♡奢られ上手の女性がデートで実践するテク3選
 奢られ上手な女性は、本当に嫌味なく気持ちよく奢られていますよね。反対に奢られるのが苦手な人は、オドオドしたり、レジ前で...
恋バナ調査隊 2024-02-17 06:00 ラブ
隙あらば会話泥棒! すぐ「俺も」としゃしゃり出る“自分語り”男の心理
 会話中、すぐに「俺もさ〜」と自分語りに話を持っていく男性ってかなり多いですよね。  女性からすると「いや、聞いてない...
恋バナ調査隊 2024-02-16 06:00 ラブ