女性器リノベに投資する女たち#1…最も多い“小陰唇”の悩み

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-07-25 19:08
投稿日:2019-07-24 06:00
 20~40代のOLのうち60%近くの女性が、自分の性器の形状にコンプレックスを感じている、という出版社の調査がありました。男性は自分の性器を目にしない日はないでしょうが、女性は一生に一度も見ない人もいます。まして他人の女性器を見る機会はさらにないので、「私のアソコは人とちがうのではないか?見た目が良くないのではないか?」と悩むことになりやすいのです。そこで近年、デリケートゾーンの治療を扱う医療機関が増えてきました。

デリケートゾーンのお悩みの第1位は小陰唇に集中!

相談しづらいデリケートゾーンの悩み(写真:iStock)
相談しづらいデリケートゾーンの悩み (写真:iStock)

誰にも言えない体のお悩みBEST3

 性器まわりのお悩みのベスト3は、

1位…小陰唇(ビラビラ)の大きさや見た目
2位…膣のゆるみ
3位…性交痛

だそうです。いずれも親しい人にも相談しづらいデリケートな悩みですが、手術をするなど病院で治療することができるようになってきています。大切な人にしか見せない、触れさせない女性器のあれこれをどこまで改善できるのか?手術の場合はいくらぐらいかかるのか? デリケートゾーンの改善について調べてみました。

ビラビラが思春期に出現する重要な理由

10代から悩みはじめる女性も少なくない(写真:iStock)
10代から悩みはじめる女性も少なくない (写真:iStock)

 そもそも小陰唇は何のためにあるのでしょうか? 生理・性交・妊娠・出産という役目を担っている内性器を、雑菌などから守っているのが小陰唇なのです。子宮や膣が完成に向かう思春期には小陰唇も急激に発達します。そのため「アソコの内側の皮が伸びてしまった」「中に変な色の皮が生えてきた、病気ではないか」「オナニーで触ったのが原因かも」などと驚き、10代から悩みはじめる女性も少なくありません。

なぜ黒くなる? 現代女性の文明病!?

下着の圧迫が黒ずみの原因(写真:iStock)
下着の圧迫が黒ずみの原因 (写真:iStock)

小陰唇の黒ずみは日本人女性に多い現象

 大陰唇は普通の皮膚の色で、膣のまわりから内部へは赤もしくはピンク色ですが、小陰唇の色はグレーがかっているため、初めて見るとショックを受ける人がいます。妊娠・出産時にはホルモンの影響でさらに黒ずみが濃くなるため、それから悩み始める人もいます。中には小陰唇も完全なピンク色の人もいますが、日本人は体質的に色素沈着を起こしやすいので、そんな人は2%ぐらいしかいないそうです。でも、日本人でも顔が色白の人はたくさんいます。デリケートゾーンもピンク色をキープできないものでしょうか?

 黒ずみ(色素沈着)の原因は、お肌にシミを作る犯人としておなじみのメラニン色素です。メラニン色素の分泌を活性化するのは、肌への刺激。「じゃあセックスやオナニーがいけないの?」と思われがちですが、一日中ひっきりなしに性器に触っている人はいないでしょう。「オナニーやセックスで刺激しすぎるとビラビラが黒くなる」というのは迷信です。

小陰唇の色素沈着が元に戻らない原因は

 実はデリケートゾーンにいちばん刺激を与えているのは、トイレのたびにペーパーで拭くことや、パンティやガードル、パンストで圧迫していることです。一時的に色素沈着を起こしても、本来はターンオーバーによって少しずつ元に戻るものなのです。ところが小陰唇は肌が薄い上に、下着やトイレットペーパーで常に刺激を受けるため、ターンオーバーする間がなく沈着色素が蓄積していきます。

 日焼けした肌が冬には元の肌色に戻るように、性器の黒ずみも時間経過とともに薄くなっていくはずなのです。ところが現実にはトイレや下着の刺激が絶えることはないので、ターンオーバーの暇がない、というのが問題。デリケートゾーンの黒ずみを少しでも軽減するためには、とにかく刺激を与えないことです。トイレの後はやさしくペーパーで押さえて拭くようにし、強く締めつける下着を避けるようにしましょう。

 女性がデリケートゾーンにフィットした下着を付けるようになったのは、実は現代になってからのこと。小陰唇の色素沈着は現代女性が避けられない症状なのかも知れません。接触の多い縁側がいちばん色が濃いので、小陰唇の縁側をある程度切除する手術を選択する人もいます。

 小陰唇のお悩みはまだまだあります。実際の手術はどんなことをするのか、費用はいくらかかるのか、次回に続きます。

エロコク 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM