女性器リノベに投資する女たち#1…最も多い“小陰唇”の悩み

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-10-11 16:44
投稿日:2019-07-24 06:00
 20~40代のOLのうち60%近くの女性が、自分の性器の形状にコンプレックスを感じている、という出版社の調査がありました。男性は自分の性器を目にしない日はないでしょうが、女性は一生に一度も見ない人もいます。まして他人の女性器を見る機会はさらにないので、「私のアソコは人とちがうのではないか?見た目が良くないのではないか?」と悩むことになりやすいのです。そこで近年、デリケートゾーンの治療を扱う医療機関が増えてきました。

デリケートゾーンのお悩みの第1位は小陰唇に集中!

相談しづらいデリケートゾーンの悩み(写真:iStock)
相談しづらいデリケートゾーンの悩み (写真:iStock)

誰にも言えない体のお悩みBEST3

 性器まわりのお悩みのベスト3は、

1位…小陰唇(ビラビラ)の大きさや見た目
2位…膣のゆるみ
3位…性交痛

だそうです。いずれも親しい人にも相談しづらいデリケートな悩みですが、手術をするなど病院で治療することができるようになってきています。大切な人にしか見せない、触れさせない女性器のあれこれをどこまで改善できるのか?手術の場合はいくらぐらいかかるのか? デリケートゾーンの改善について調べてみました。

ビラビラが思春期に出現する重要な理由

10代から悩みはじめる女性も少なくない(写真:iStock)
10代から悩みはじめる女性も少なくない (写真:iStock)

 そもそも小陰唇は何のためにあるのでしょうか? 生理・性交・妊娠・出産という役目を担っている内性器を、雑菌などから守っているのが小陰唇なのです。子宮や膣が完成に向かう思春期には小陰唇も急激に発達します。そのため「アソコの内側の皮が伸びてしまった」「中に変な色の皮が生えてきた、病気ではないか」「オナニーで触ったのが原因かも」などと驚き、10代から悩みはじめる女性も少なくありません。

なぜ黒くなる? 現代女性の文明病!?

下着の圧迫が黒ずみの原因(写真:iStock)
下着の圧迫が黒ずみの原因 (写真:iStock)

小陰唇の黒ずみは日本人女性に多い現象

 大陰唇は普通の皮膚の色で、膣のまわりから内部へは赤もしくはピンク色ですが、小陰唇の色はグレーがかっているため、初めて見るとショックを受ける人がいます。妊娠・出産時にはホルモンの影響でさらに黒ずみが濃くなるため、それから悩み始める人もいます。中には小陰唇も完全なピンク色の人もいますが、日本人は体質的に色素沈着を起こしやすいので、そんな人は2%ぐらいしかいないそうです。でも、日本人でも顔が色白の人はたくさんいます。デリケートゾーンもピンク色をキープできないものでしょうか?

 黒ずみ(色素沈着)の原因は、お肌にシミを作る犯人としておなじみのメラニン色素です。メラニン色素の分泌を活性化するのは、肌への刺激。「じゃあセックスやオナニーがいけないの?」と思われがちですが、一日中ひっきりなしに性器に触っている人はいないでしょう。「オナニーやセックスで刺激しすぎるとビラビラが黒くなる」というのは迷信です。

小陰唇の色素沈着が元に戻らない原因は

 実はデリケートゾーンにいちばん刺激を与えているのは、トイレのたびにペーパーで拭くことや、パンティやガードル、パンストで圧迫していることです。一時的に色素沈着を起こしても、本来はターンオーバーによって少しずつ元に戻るものなのです。ところが小陰唇は肌が薄い上に、下着やトイレットペーパーで常に刺激を受けるため、ターンオーバーする間がなく沈着色素が蓄積していきます。

 日焼けした肌が冬には元の肌色に戻るように、性器の黒ずみも時間経過とともに薄くなっていくはずなのです。ところが現実にはトイレや下着の刺激が絶えることはないので、ターンオーバーの暇がない、というのが問題。デリケートゾーンの黒ずみを少しでも軽減するためには、とにかく刺激を与えないことです。トイレの後はやさしくペーパーで押さえて拭くようにし、強く締めつける下着を避けるようにしましょう。

 女性がデリケートゾーンにフィットした下着を付けるようになったのは、実は現代になってからのこと。小陰唇の色素沈着は現代女性が避けられない症状なのかも知れません。接触の多い縁側がいちばん色が濃いので、小陰唇の縁側をある程度切除する手術を選択する人もいます。

 小陰唇のお悩みはまだまだあります。実際の手術はどんなことをするのか、費用はいくらかかるのか、次回に続きます。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


直径8ミリの極細ローター 強すぎず弱すぎずの刺激にうっとり
 クリトリスは、“性的に気持ちよくなる”ためだけに存在する器官といわれることもありますが、快感に対してほんと貪欲ですよね...
桃子 2021-01-18 11:06 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク
一瞬で昇天確実 強烈なオーガズムで、深い眠りをサポート
 今年とても元気だった「極天(キワミテン)」シリーズから、「アンモナイト ベロ」が届きました。まさに古代生物のような形状...
桃子 2020-12-13 16:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #2
 皆さん、こんにちは。前回に引き続き、今回も官能作家が伝授する「フェラチオの奥義」についてお伝えしたいと思います。十年間...
蒼井凜花 2020-12-11 17:52 エロコク
激しいプレイでも挿入部はしなやか…根元はぶれないティルド
 この連載では、私が振動刺激を好むということもあって、ディルドを紹介してきませんでした。張り形といわれることもありますが...
桃子 2020-12-06 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #1
 もうすぐクリスマス。今から愛するパートナーとの熱い夜を待ちわびている女性も多いことでしょう。今回から数回にわたり「官能...
蒼井凜花 2020-12-04 18:00 エロコク
リアルが怖い時は…バーチャルセックスでいいんじゃない?
 冬を迎え、新型コロナウイルスの感染が加速しています。こんな時は濃厚感染なセックスをするのが怖い、という女性たちも増えて...
内藤みか 2020-12-03 06:00 エロコク
力加減が絶妙!Gスポットの広い範囲を的確に刺激してくれる
 その年を象徴するラブグッズというものがあり、2020年は、今回紹介する「LELO ソラーヤ・ウェーブ」がそうなりそうで...
桃子 2020-11-28 06:00 エロコク
「妻を他の男に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #5
 これまで4回にわたり連載してきた「ネトラレ」――。自分の愛する妻を他の男に抱かせることで、夫婦のセックスレスを解消しよ...
蒼井凜花 2020-11-27 06:00 エロコク
やっておいて損はない! 3つのボールで日常的に膣トレを♡
 今年は膣トレグッズが豊作です。コロナ禍を経て、これまで以上に自身の体に目が向くようになったからでしょうか。  膣...
桃子 2020-11-21 06:00 エロコク