女性器リノベに投資する女たち#5…セックスが痛いんです!

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-10-12 06:00
投稿日:2019-10-12 06:00
 友だちにも言いづらい女性器の悩み、小陰唇・膣に続く第3位は「性交痛」です。「ダンナさんが巨根ってこと?」とエロい冗談にされてしまったり、「男はピストンしないとイケないんだから女性はガマンしてほしい」とワガママ扱いされてしまったり……。バージンから閉経期まですべての年代の女性に起こる悩みでありながら、産婦人科で相談するべき“症状”であることはあまり知られていないようです。

バージンを失った時の痛みがセックスのたびに起こる!?

何回セックスしても痛い…(写真:iStock)
何回セックスしても痛い… (写真:iStock)

 初めてのセックスで、女性には出血や痛みが起こることは何も問題ありません。ところが何回セックスしても毎回痛い、何年経っても痛いという人は処女膜強靭症の疑いがあります。処女膜は膣口にフタをしているわけではなく、膣の入り口の内側にあるカーテンのようなヒダです。このヒダのすき間にペニスが入ってくるので、処女膜が固かったり厚かったりする人は何回目であろうとずっと性交痛が起こるのです。

わずか15分の手術で苦痛から解放される

 処女膜強靭症は婦人科形成外科の手術で治すことができます。麻酔をかけて処女膜を切開し、固い部分を切除して元通りに縫合しますが、所要時間は15~20分程度で日帰りできます。実際にこの手術を受けた女性のたまやさんが運営するブログによると、手術費用は多くが保険適用外で、5万円台から10万円代後半までバラつきがあるとのことでした。私も調べてみましたが、処女膜強靭症に積極的に取り組んでいる印象のクリニックはやはり15~20万円ぐらいの料金を掲げているところがほとんどでした。

 手術後1カ月ほどでセックスを開始できます。しかし、まだまだ心理的なストレスや緊張があるのがふつうなので、パートナーの理解が必要ですし、潤滑ゼリーを使ってスムーズに挿入するなどの工夫をするとよいでしょう。よく医療機関で処方されるリューブゼリーで千円ぐらいです。

愛している人とのセックスが痛くてたまらない

自分のペースで少しずつ(写真:iStock)
自分のペースで少しずつ (写真:iStock)

 最近、『夫のHがイヤだった。』という本を読みました。夫のことを愛しているのに性交痛でセックスできなかった女性が、15年の結婚生活に終止符を打ち、積極的に克服するまでの手記です。

 この方の性交痛の原因はパートナーの無理解と心理的なストレスだと思われます。男性が完全にリラックスして副交感神経優位の状態にならないと勃起できないのと同じく、女性も「また痛くなるのでは」という不安や警戒心があると体がガチガチになり、心地よくなるどころか痛くなってしまうのです。

 不安を克服するためにはセルフマッサージをすることも有効です。膣内に指や無理のないサイズのバイブレーターを入れ、パートナーを意識せずに自分のペースで膣をゆっくり広げます。オーガズムを得ることができればなお良いです。オキシトシンという幸福感を高めるホルモンが出て、全身をリラックスさせてくれるためです。

痛みの原因をいっしょに考えてくれる医師を探して

あなたの痛みに寄り添ってくれる医師はいる(写真:iStock)
あなたの痛みに寄り添ってくれる医師はいる (写真:iStock)

 膣内のうるおい不足による性交痛も深刻な問題です。濡れない=自分の体は女性としての機能が劣っているのではないか、と考えてしまう女性は多いのですが、濡れないのには理由があって、心理的なストレスかホルモンのバランスが影響していることがほとんどです。更年期には全身のうるおいが不足する症状があり、特に膣が乾燥してセックスが苦痛になる人は多いのです。更年期は平均閉経年齢50.5歳の前後10年間(あくまで平均ですが45~55歳ぐらいが目安)ですが、ほかにも産後はホルモンバランスが大きく崩れるので、性交痛を感じることがあるでしょう。

 ホルモンバランスの変動は、産婦人科で相談すれば健康保険適用で飲み薬・シール・膣坐剤などを処方してくれるので、がまんしないでホルモン値検査を受けてみてください。保険適用で5000円以下で検査できるのです。性交痛を深刻な健康問題ではないと考える人もいますが、パートナーとの関係に影響を及ぼしたり、新しい恋愛に対して消極的になったりする原因にもなります。精神的な問題でもあること、パートナーとの関係性にも影響する問題でもあることを理解してくれるお医者さんは必ずいますので、ぜひ受診してみてください。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


ローターでありバイブでもあり!女性の体に寄り添ってくれる
「完全防水 静音設計 ナカイキボールバイブ9」を輩出しているのは、人気ブランド「P×P×P」。防水仕様であること、作動音...
桃子 2021-09-26 19:12 エロコク
一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク
レトロだけど新しい! ほかのバイブにはない気持ち良さ♡
 昨今はハイデザインなラブグッズが増える一方で、レトロなものはいつのまにやら少数派。「桃色GENERATION」は、10...
桃子 2021-08-29 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#3
 不倫相手のマンションに引っ越すことになった派遣OLのE美さん(27)。あまりにもリスキーな不倫だが、目くるめく快楽を知...
蒼井凜花 2021-08-29 21:10 エロコク
元カレでもいい…「リサイクルセックス」に走る女性の心理
 コロナ禍により、男女の出会いの機会が一気に減ったこの頃。あまりの出会いのなさに、元カレや元ダンナと再び関係を持つ女性が...
内藤みか 2021-08-26 06:00 エロコク
力で快感を引き出す電マしか知らない人ほど試してほしい一品
 エッチな目的のために電マを購入。でもそれだけでなく肩や腰のマッサージにも使っている女性、少なくないですよね。電マはパワ...
桃子 2021-08-22 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#2
 いまや日常にありふれている不倫。今回取材に応じてくれたE美さん(27歳・派遣)も、妻子ある男性と不倫をしている女性の一...
蒼井凜花 2021-08-20 06:00 エロコク
吸引グッズ火付け役の“妹分”が日本上陸!初心者もすぐ使える
 アパレルやコスメの世界では“姉妹ブランド”というものがよくあります。メインのブランドよりも価格帯が低めなのが“妹”。そ...
桃子 2021-08-15 06:00 エロコク
クリを内側にしっかり収めるよう計算され尽くされた吸引系
 上品なラベンダー色、無駄をそぎ落としたようなフォルム。クリトリスを覆って振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”の人気...
桃子 2021-08-08 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#6
 これまで5回にわたって綴ってきた「夫婦交換」の内情。「性と生」を謳歌するべく、二組の夫婦がもつれあう光景は、Wさん(4...
蒼井凜花 2021-08-06 06:00 エロコク
カップルにも♡小さな面でクリを刺激する“一点集中ローター”
 最近、私がクリトリスをピンポイントで刺激するグッズを探しているからでしょうか。一点集中! 小さな接地面でクリをしっかり...
桃子 2021-08-01 06:00 エロコク