コンプレックスに思わないで…実は色気が潜んでいる箇所4選

七海 ライター
更新日:2020-02-16 06:00
投稿日:2020-02-16 06:00
「自分の顔のここが許せない!」――。誰しも、自分の容姿に対して一つや二つ、コンプレックスや不満を抱いている箇所は持っているはず。しかし、他人からは「そこが魅力の一つなのにもったいない」と思われていた……なんてこともザラにありますよね。
 自分は欠点だと思っているけれど実は色気の元だったり、チャームポイントだったりする箇所といえばどこでしょうか?

1. セクシーでかわいい”ほくろ”

ほくろに感じるセクシーさ(写真:iStock)
ほくろに感じるセクシーさ (写真:iStock)

 目の下や口元のほくろはどこか色っぽさを感じますよね。アンニュイさすら感じられます。

 セクシー女優の代名詞、マリリン・モンローも口元のほくろがセクシーで印象的です。

「本人はあんまり気に入ってないみたいだけど、彼女の口元にあるほくろがなんともいえないチャームポイントになっていてかわいい」(24歳・営業)

 女優さんの中にはほくろを除去してしまう人もいますが、そのたびに一定数のファンから「そこが可愛かったのに、残念!」との声が上がります。

 顔の特徴にもなるので、「ない方が可愛いのに!」と気に病む必要はないのかもしれません。

2. 小悪魔っぽさが魅力になる”八重歯”

小悪魔っぽい“八重歯”(写真:iStock)
小悪魔っぽい“八重歯” (写真:iStock)

 八重歯を「かわいい!」と感じるのは日本人独特の文化のようですが、笑顔になったときに八重歯が覗くと、なんとも言えない愛くるしい雰囲気がありますよね。

「完璧じゃないからこその魅力がある。綺麗に並んだ歯並びもいいけど、通り一遍な感じがする。八重歯があるくらいの方がナチュラルな可愛さがある」(38歳・経営者)

 どこか隙があって、子供っぽさも感じられる”八重歯”。「あんまり好きじゃないから、人前で歯を見せて笑うのには抵抗がある」と、もじもじしているのはあまりにもったいない!

3. どことなく憂いがある”片方だけ一重”

片方だけ二重でもいいじゃない♡(写真:iStock)
片方だけ二重でもいいじゃない♡ (写真:iStock)

 片方が二重で片方だけ一重まぶた。それがコンプレックスだからメガネをかけてごまかしている、という人も少なくありません。

 ですが、そんなアンバランスさにこそ、ほのかな色気を感じるという声も。

 メイクがしづらい、目つきが悪く見える……などの悩みを持っているために、アイプチで両方二重まぶたにそろえる人もいますが、「そこがいい」と思っている人もいます。

「彼は片方だけ一重で、アンニュイであやうい感じが色っぽくて好き。自分では『両方二重ならいいのに』と気にしてるみたいだけど、それを含めて魅力的に感じる」(33歳・経理)

 言い換えれば個性的な魅力がある、ということ。無理に二重にそろえることはないのかもしれませんよ。

4. スラリとさまになる”高身長”

 日本人女性の平均身長は158センチだと言われています。165センチ以上だと「高身長だね!」と言われることが多いかもしれません。

 とはいえ、身長が低い方が一般的にモテるせいか、高身長女性は猫背だったりあまりヒールを履かなかったり、とにかく目立たないようにする人も少なくありません。

「子供の時に『大女』ってからかわれて、あんまりヒールで目立ちたくない」そんな風に思っている人もいますが、高身長であることは魅力でしかないですよね。

 似合う洋服も多いし、ヒールを履けばよりスタイルが際立つし、立っているだけでさまになります。

 身長が高いからこそ楽しめるファッションも多いので、武器にしてしまった方が良いでしょう。

終わりに

 コンプレックスにこそ色気や魅力が潜んでいます。「は~、これさえなかったらなあ」と自分では思っていても、ほかの人は「そこがあなたにしかないチャームポイントなのに!」「そこが素敵なのに!」と思っている、なんてことはザラです。

 無理に隠そうとする必要はないのかもしれません。そのコンプレックスは、あなたの魅力であり、武器にもなり得るのですから。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 14:55 ラブ