コンプレックスに思わないで…実は色気が潜んでいる箇所4選

七海 ライター
更新日:2020-02-16 06:00
投稿日:2020-02-16 06:00
「自分の顔のここが許せない!」――。誰しも、自分の容姿に対して一つや二つ、コンプレックスや不満を抱いている箇所は持っているはず。しかし、他人からは「そこが魅力の一つなのにもったいない」と思われていた……なんてこともザラにありますよね。
 自分は欠点だと思っているけれど実は色気の元だったり、チャームポイントだったりする箇所といえばどこでしょうか?

1. セクシーでかわいい”ほくろ”

ほくろに感じるセクシーさ(写真:iStock)
ほくろに感じるセクシーさ (写真:iStock)

 目の下や口元のほくろはどこか色っぽさを感じますよね。アンニュイさすら感じられます。

 セクシー女優の代名詞、マリリン・モンローも口元のほくろがセクシーで印象的です。

「本人はあんまり気に入ってないみたいだけど、彼女の口元にあるほくろがなんともいえないチャームポイントになっていてかわいい」(24歳・営業)

 女優さんの中にはほくろを除去してしまう人もいますが、そのたびに一定数のファンから「そこが可愛かったのに、残念!」との声が上がります。

 顔の特徴にもなるので、「ない方が可愛いのに!」と気に病む必要はないのかもしれません。

2. 小悪魔っぽさが魅力になる”八重歯”

小悪魔っぽい“八重歯”(写真:iStock)
小悪魔っぽい“八重歯” (写真:iStock)

 八重歯を「かわいい!」と感じるのは日本人独特の文化のようですが、笑顔になったときに八重歯が覗くと、なんとも言えない愛くるしい雰囲気がありますよね。

「完璧じゃないからこその魅力がある。綺麗に並んだ歯並びもいいけど、通り一遍な感じがする。八重歯があるくらいの方がナチュラルな可愛さがある」(38歳・経営者)

 どこか隙があって、子供っぽさも感じられる”八重歯”。「あんまり好きじゃないから、人前で歯を見せて笑うのには抵抗がある」と、もじもじしているのはあまりにもったいない!

3. どことなく憂いがある”片方だけ一重”

片方だけ二重でもいいじゃない♡(写真:iStock)
片方だけ二重でもいいじゃない♡ (写真:iStock)

 片方が二重で片方だけ一重まぶた。それがコンプレックスだからメガネをかけてごまかしている、という人も少なくありません。

 ですが、そんなアンバランスさにこそ、ほのかな色気を感じるという声も。

 メイクがしづらい、目つきが悪く見える……などの悩みを持っているために、アイプチで両方二重まぶたにそろえる人もいますが、「そこがいい」と思っている人もいます。

「彼は片方だけ一重で、アンニュイであやうい感じが色っぽくて好き。自分では『両方二重ならいいのに』と気にしてるみたいだけど、それを含めて魅力的に感じる」(33歳・経理)

 言い換えれば個性的な魅力がある、ということ。無理に二重にそろえることはないのかもしれませんよ。

4. スラリとさまになる”高身長”

 日本人女性の平均身長は158センチだと言われています。165センチ以上だと「高身長だね!」と言われることが多いかもしれません。

 とはいえ、身長が低い方が一般的にモテるせいか、高身長女性は猫背だったりあまりヒールを履かなかったり、とにかく目立たないようにする人も少なくありません。

「子供の時に『大女』ってからかわれて、あんまりヒールで目立ちたくない」そんな風に思っている人もいますが、高身長であることは魅力でしかないですよね。

 似合う洋服も多いし、ヒールを履けばよりスタイルが際立つし、立っているだけでさまになります。

 身長が高いからこそ楽しめるファッションも多いので、武器にしてしまった方が良いでしょう。

終わりに

 コンプレックスにこそ色気や魅力が潜んでいます。「は~、これさえなかったらなあ」と自分では思っていても、ほかの人は「そこがあなたにしかないチャームポイントなのに!」「そこが素敵なのに!」と思っている、なんてことはザラです。

 無理に隠そうとする必要はないのかもしれません。そのコンプレックスは、あなたの魅力であり、武器にもなり得るのですから。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ