初めては小学生…オナニーにハマった女性が知った自分の魅力

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2020-03-27 06:00
投稿日:2020-03-27 06:00
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと主体的に性を楽しめるようになる。女性の様々な性癖に迫ります。

小学校低学年で快感に目覚める

ひとりでするのが好き(写真:iStock)
ひとりでするのが好き (写真:iStock)

 ほんの数十年前まで、女性がマスターベーションをするのは、「普通ではないこと」「恥ずかしいこと」とされていました。女同士であってもそのことについては、なんとなく話しにくく、ゆえに気持ちのいいやり方を共有し合う機会もほとんどありませんでした。が、最近では、マスターベーションをすることは、当然のこととなり、様々な女性向けグッズも売られ、多くの女性が「自分の好きなマスターベーション」を追求するように。

 今回、お話を聞かせていただいたMさん(20代後半、医療関係)も、マスターベーションを楽しんでいるひとり。いったいどんな性癖を満たしているのでしょうか。

「もともと、いわゆるクリ派なんです。自慰をする時は、電マと中用のバイブと両方使って、クリでイった後にバイブを膣に入れるっていうのが最高に好きで、それをずっとやってきました」

 Mさんがクリトリスの快感を知ったのは、小学校に入ってすぐのころ。当時流行していたパソコンのフラッシュ動画を見ていたところ、たまたまハッキングされ、そこに表示された某アニメのキャラクターをパロディ化したアダルトサイトを見たことがきっかけでした。

 うつ伏せの体勢で、ズボンの上からクリを押すスタイルのオナニーからスタートし、やがて中学生になると、両親の電気マッサージ器をこっそりと使用して、すっかり虜に。うっかり長時間使いすぎて、熱暴走で溶かしてしまって、自慰を勘ぐられたこともあったといいます。

オナニーで“連続絶頂”を経験

頭が真っ白になる感じ…(写真:iStock)
頭が真っ白になる感じ… (写真:iStock)

「クリも中も、どっちも気持ちいいんですが、クリの方が頭と直接、繋がってる感じがありますね。中はずっしり重いんですが、クリは頭で弾ける感じで。クリで何度もイってるうちに感覚が敏感になっていくのが好きです。私はだいたい6回目にイったあたりから、頭が真っ白になる感じがします。一度のオナニーで何回くらいイクかっていうと、自分が満足するくらい、というアバウトな目安でやっているのですが、だいたい10回くらいが目安でしょうか」

 いわゆる“連続絶頂”をオナニーで実現しているMさん。しかし、連続絶頂のハードルは、一度イクとくすぐったくなってしまうこと。ゆえにオナニーでそれを実現するのは、なかなか難しくもあります。なにかコツがあるのでしょうか。

「イった後に、くすぐったさを我慢して、必死にまた良いところを探す作業から始めます(笑)。ただ、最近はクリと膣への刺激を、交互に繰り返すやり方を採用しているので、膣を刺激している間に、クリの休憩が出来ているのかもしれません。クリだけでするなら、そうですね……コツとはいわないかもしれませんが、足を開いた状態で、電マを当てることを意識してます。以前は、足を伸ばして――いわゆる足ピンっていうスタイルでしていたんですが、でも、足を開いてイクのを練習したら、そっちのほうが何倍も気持ちよくて何度もイケるってことに気が付いたんです」

自分の魅力を高める行為

快感だけじゃない(写真:iStock)
快感だけじゃない (写真:iStock)

 マスターベーションで“連続絶頂”を楽しんでいるMさんですが、相手のいるセックスはどうなのでしょうか。

「実は一度だけ、電マを使うのが好きな男性とお付き合したことがあります。そもそも今の足を開いてする自慰の方法も、その人がきっかけだったんですが、その人と別れて以降は、自慰とセックスとは別物で考えています。もちろん、性的に合致する人がパートナーだったらいいなとは思います。でも、1人でも出来ることだって割り切ってしまってからは、あんまり重要視をしなくなりました」

 そんなMさんにとってオナニーとはいったいどんなものなのでしょうか。

「自分の魅力を高めるものだと思います。気持ちいいってことも、潤いですし、自分はこんなに可愛いくなれるって感じることのできる行為です。でも、一番感じた副次的効果は、感度が良くなって普通のセックスでも楽しめるって事ですね。相手にも喜んで貰えますし、『セックスする時の私はお前が今まで抱いてきた女の中で一番可愛いだろう!?』って気持ちでやってます」

 快感を得るばかりではなく、自分への自信をも身に着けられる。メリットだらけのマスターベーション、あなたは楽しめていますか。

エロコク 新着一覧


強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク
先端を直接デリケート部分にあてたら…オーガズムは不可避♡
 ビビッドなオレンジ色で、形状はまるで糸切りバサミ。雑貨ショップの店頭にあってもおかしくない風貌の「サティスファイヤー ...
桃子 2021-10-10 06:00 エロコク
天国と地獄の繰り返し…豹変した彼女に身も心も傷つけられて
 結婚10年目にしてレズビアンの恋人ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。一目ぼれした相手・A美さんとのセッ...
蒼井凜花 2021-10-08 11:43 エロコク
絶賛の声も 男性は年上女性とのセックスに何を求めている?
 年上女性と年下男性とのカップルが珍しいことではなくなっている今日このごろ、「年上の人とのエッチは最高!」と絶賛する男性...
内藤みか 2021-10-07 06:00 エロコク
カップルでのお出かけ羞恥プレーにも! 一石三鳥の活躍ぶり
 膣トレが盛んな昨今、グッズも多様化しています。骨盤の内側に張り巡らされた骨盤底筋群を刺激し、鍛えるためのグッズのことで...
桃子 2021-10-03 06:00 エロコク
同性とはいえ不倫…つらいのに彼女のキスは甘美で優しくて
 結婚10年目にして女性と恋に落ちてしまったW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。お相手の女性は、新宿二丁目のレズビ...
蒼井凜花 2021-10-01 06:00 エロコク
ローターでありバイブでもあり!女性の体に寄り添ってくれる
「完全防水 静音設計 ナカイキボールバイブ9」を輩出しているのは、人気ブランド「P×P×P」。防水仕様であること、作動音...
桃子 2021-09-26 19:12 エロコク
一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク
レトロだけど新しい! ほかのバイブにはない気持ち良さ♡
 昨今はハイデザインなラブグッズが増える一方で、レトロなものはいつのまにやら少数派。「桃色GENERATION」は、10...
桃子 2021-08-29 06:00 エロコク