初めては小学生…オナニーにハマった女性が知った自分の魅力

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2020-03-27 06:00
投稿日:2020-03-27 06:00
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと主体的に性を楽しめるようになる。女性の様々な性癖に迫ります。

小学校低学年で快感に目覚める

ひとりでするのが好き(写真:iStock)
ひとりでするのが好き (写真:iStock)

 ほんの数十年前まで、女性がマスターベーションをするのは、「普通ではないこと」「恥ずかしいこと」とされていました。女同士であってもそのことについては、なんとなく話しにくく、ゆえに気持ちのいいやり方を共有し合う機会もほとんどありませんでした。が、最近では、マスターベーションをすることは、当然のこととなり、様々な女性向けグッズも売られ、多くの女性が「自分の好きなマスターベーション」を追求するように。

 今回、お話を聞かせていただいたMさん(20代後半、医療関係)も、マスターベーションを楽しんでいるひとり。いったいどんな性癖を満たしているのでしょうか。

「もともと、いわゆるクリ派なんです。自慰をする時は、電マと中用のバイブと両方使って、クリでイった後にバイブを膣に入れるっていうのが最高に好きで、それをずっとやってきました」

 Mさんがクリトリスの快感を知ったのは、小学校に入ってすぐのころ。当時流行していたパソコンのフラッシュ動画を見ていたところ、たまたまハッキングされ、そこに表示された某アニメのキャラクターをパロディ化したアダルトサイトを見たことがきっかけでした。

 うつ伏せの体勢で、ズボンの上からクリを押すスタイルのオナニーからスタートし、やがて中学生になると、両親の電気マッサージ器をこっそりと使用して、すっかり虜に。うっかり長時間使いすぎて、熱暴走で溶かしてしまって、自慰を勘ぐられたこともあったといいます。

オナニーで“連続絶頂”を経験

頭が真っ白になる感じ…(写真:iStock)
頭が真っ白になる感じ… (写真:iStock)

「クリも中も、どっちも気持ちいいんですが、クリの方が頭と直接、繋がってる感じがありますね。中はずっしり重いんですが、クリは頭で弾ける感じで。クリで何度もイってるうちに感覚が敏感になっていくのが好きです。私はだいたい6回目にイったあたりから、頭が真っ白になる感じがします。一度のオナニーで何回くらいイクかっていうと、自分が満足するくらい、というアバウトな目安でやっているのですが、だいたい10回くらいが目安でしょうか」

 いわゆる“連続絶頂”をオナニーで実現しているMさん。しかし、連続絶頂のハードルは、一度イクとくすぐったくなってしまうこと。ゆえにオナニーでそれを実現するのは、なかなか難しくもあります。なにかコツがあるのでしょうか。

「イった後に、くすぐったさを我慢して、必死にまた良いところを探す作業から始めます(笑)。ただ、最近はクリと膣への刺激を、交互に繰り返すやり方を採用しているので、膣を刺激している間に、クリの休憩が出来ているのかもしれません。クリだけでするなら、そうですね……コツとはいわないかもしれませんが、足を開いた状態で、電マを当てることを意識してます。以前は、足を伸ばして――いわゆる足ピンっていうスタイルでしていたんですが、でも、足を開いてイクのを練習したら、そっちのほうが何倍も気持ちよくて何度もイケるってことに気が付いたんです」

自分の魅力を高める行為

快感だけじゃない(写真:iStock)
快感だけじゃない (写真:iStock)

 マスターベーションで“連続絶頂”を楽しんでいるMさんですが、相手のいるセックスはどうなのでしょうか。

「実は一度だけ、電マを使うのが好きな男性とお付き合したことがあります。そもそも今の足を開いてする自慰の方法も、その人がきっかけだったんですが、その人と別れて以降は、自慰とセックスとは別物で考えています。もちろん、性的に合致する人がパートナーだったらいいなとは思います。でも、1人でも出来ることだって割り切ってしまってからは、あんまり重要視をしなくなりました」

 そんなMさんにとってオナニーとはいったいどんなものなのでしょうか。

「自分の魅力を高めるものだと思います。気持ちいいってことも、潤いですし、自分はこんなに可愛いくなれるって感じることのできる行為です。でも、一番感じた副次的効果は、感度が良くなって普通のセックスでも楽しめるって事ですね。相手にも喜んで貰えますし、『セックスする時の私はお前が今まで抱いてきた女の中で一番可愛いだろう!?』って気持ちでやってます」

 快感を得るばかりではなく、自分への自信をも身に着けられる。メリットだらけのマスターベーション、あなたは楽しめていますか。

エロコク 新着一覧


未来の義兄に抱かれても止まらない実姉へのマウンティング#2
 幼いころから実姉と比べ続けられて育ったH子さん(27歳クラブホステス/独身)。  華やかな美貌とグラマラスなスタ...
蒼井凜花 2022-07-01 06:00 エロコク
新感覚!ピューピュー水が噴き出る膣洗浄機兼バイブレーター
 まず写真を見てください。シックなブラックカラーの挿入部はスタンダードですが、下に目を移すと……何コレ?  透明な...
桃子 2022-06-26 06:00 エロコク
挿入部“大”なバイブ!特殊ローターが絶妙な動きをリピート♡
 今回紹介するグッズは、中級者向けです。  最近フェムテックという言葉をよく耳にするようになり、ラブグッズにも注目...
桃子 2022-06-19 06:00 エロコク
“二穴責め”の快楽 同窓会W不倫で破廉恥なセレブ妻になった#5
 東京・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、25年ぶりに地元北海道で開催された高校の同窓会に出席した。 ...
蒼井凜花 2022-06-17 06:00 エロコク
万人ウケするピンポイントバイブ♡敏感な場所をブルブル刺激
「彼女にどんなバイブを買えばいい?」と男性から聞かれることが多いのですが、これ実はとても困る質問。なぜなら体形や体質によ...
桃子 2022-06-12 06:00 エロコク
ついに挿入!25年ぶり同窓会で「アヌスも愛させて欲しい」#4
 都内の高級住宅街・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、地元北海道で開催された高校の同窓会に、25年ぶりに参...
蒼井凜花 2022-06-17 18:25 エロコク
中級者向け!やや太めのミドルサイズがよき♡ 温熱機能も◎
 かつてバイブレーターの色といえば、圧倒的にピンクが主流でした。当時制作していたのは男性ばかりで、「女性はピンクが好きだ...
桃子 2022-06-05 06:00 エロコク
25年ぶりの同窓会、燃える情欲!互いの性器を絶えず愛撫 #3
 都内の高級住宅街・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、25年ぶりに地元北海道で開催される高校の同窓会に参加...
蒼井凜花 2022-06-12 16:39 エロコク
吸引&挿入のハイブリッド型! Wの刺激にガマンできないっ
 朱色のような鮮やかな赤が大人っぽい新作バイブ。「スイート サレンダー」、つまり「甘い降伏」という商品名がなんとも意味深...
桃子 2022-05-30 10:23 エロコク
地味子だった私が憧れのK君とキス…車内は“オス臭”で充満 #2
 25年ぶりの同窓会で地元・北海道に帰省したE子さん(43歳主婦/子供アリ)。  白金台に住む彼女は楚々とした和風...
蒼井凜花 2022-06-12 16:38 エロコク
大小2つの突起付き♡ 乳首専用ローターで集中刺激しちゃおう
 女性の性感は、多様です。全身、感じる可能性がある。でもみなさんご存じの通り、多くの人が気持ちよくなれる代表的な性感帯と...
桃子 2022-05-22 06:00 エロコク
これ一本で中も外も気持ちいい! 1stバイブとしてもお薦め♡
 ラブグッズ界を見渡すと、ここのところ2ウエー、3ウエーなど多機能商品が増えています。お得感もあるし、この傾向は大歓迎。...
桃子 2022-05-15 06:00 エロコク
「ああ、彼の肉の味」不倫上司が焦らされ女体に被虐プレイ#6
 ダンディな上司と社内不倫中のU子さん(32歳広告代理店/独身)。自らを「肉食女子」「不倫体質」と公言する彼女は、コロナ...
蒼井凜花 2022-05-13 06:00 エロコク
初心者さんにも♡ 3つのボールでギュッとした締まりをゲット
 膣トレグッズの数が増えつづけています。骨盤の内側に張り巡らされた「骨盤底筋群」をトレーニングすることによって、尿もれや...
桃子 2022-05-08 06:00 エロコク
不倫相手と肉食ディナー クロス下で悶絶リモートプレイ!#5
 ダンディな上司と不倫中のU子さん(32歳広告代理店/独身)。自らを「肉食女子」「不倫体質」と豪語する彼女はセックスでも...
蒼井凜花 2022-05-06 06:00 エロコク
L字型バイブで面を刺激♡ ゆっくり楽しみたいときにピッタリ
 クリトリスは快感のためにのみ存在する器官と聞きますが、どんな刺激が欲しいかは一人一人違いますし、その日の気分は体調によ...
桃子 2022-05-01 06:00 エロコク